« 山小屋通(11/18) | トップページ | 冬支度 »

2007年11月19日 (月)

アドエス:初期化後の環境構築(巻の拾)

このシリーズも十回を数えてきりも良いことだし、初期環境構築偏はここまでとします。
で、これまでは私が試して「これだけは黙って入れとけ(笑)」と感じたソフトでしたが、今回は趣を変えて待ち受け画面をちょっぴりカスタマイズ

・CustomClockのインストール
20071103015227

Dreem Speed」さんからダウンロードします。
リンク先はv1.0.0.5ですが、v1.0.0.6bがあるみたい。インストールはCABファイルを実行するだけ。
左のスクリーンショット、Device Statusの赤いバッテリーメーターの下に、時刻が表示されてます。
でまぁ、これだけでは芸が無いので、スキンを使ってカスタマイズします。

・CustomClockのスキン導入
まずは「W-ZERO3 Making Stusio」さんから、「LCD TIMesII」をダウンロードします。
ZIPファイルを解凍すると、全てのカラーバリエーションが同梱されているので、驚かない様に。(笑)
自分が使うカラーが収録されているフォルダーのみ、本体にコピーします。

20071107174714[設定][Today][アイテム]を開き、「CustomClock」もチェックを一旦外して非表示にし、それから「CustomClock」を反転表示させて[オプション]をタップ。

20071107174730CustomClockの表示に必要なファイルや、表示サイズま等を設定します。
この時に注意したいのは、スキンに同梱されているReadmeで説明されている、推奨値が「縦・横表示の値が入れ代わっている」事です。つまり、「縦の推奨値」は実は「横の推奨値」なんですな。
[時計][背景][日付][曜日][マスク]の値を設定し終えたら、[Today]の[アイテム]へ戻り、CustomClockにチェックを入れます。

20071107174748デヂタル時計風に日時が表示される様になったところ。
私のアドエスは「ブラウニー・ブラック」なので、メタリックなスキンを選んでみたけど、「プラチナ・シルバー」だったら、スキンをあてない方がシックな感じで良いかも。


人気ブログランキングへ


|

« 山小屋通(11/18) | トップページ | 冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/17018986

この記事へのトラックバック一覧です: アドエス:初期化後の環境構築(巻の拾):

« 山小屋通(11/18) | トップページ | 冬支度 »