« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

テント

今年は東北方面への遠征も有りそうだし、五月に東栄町で開催されるチェンソーカービング大会にも、泊まりでいってみたいしとの思いがあり、キャンプ用のテントを物色している。うちは夫婦二人だから、四人用で十分なんだけど、このクラスって、なぁ~んか「これだ!」ってものが無いねぇ。
大型スポーツ用品店での主力は、家族四人~クラスの中型・大型テントが主流で、2~4人用の小型テントの扱いは少ないし、ホームセンターで殆ど扱いが無い。ヤフオクではかなりの数が出品されているが、その多くは「日除け」程度の性能しかないし、まっとうなのはバイク等のツーリング用や、登山用テントなのでオーバークォリティになってしまふ。

以前に使っていたテントは、二十年程前のアウトドアブームの時に、ホームセンターで買った数千円のドーム型なんだけど、雪中キャンプみたいなハードな使い方をしない限りは、大雨の中でのキャンプでも困る事が無いという、コストパフォーマンスの高い製品だったのだが、山小屋計画の初期に半年ほど張りっぱなしにした為に、遂に寿命を迎えてしまったんだけど、随分と重宝したものだった。
まぁ、現在のキャンプスタイルがオートキャンプなので、二人でも中型のスクェアテントが主体なのかな。こういうテントって、Pキャン的使用には向いて無いんだもの。
どなたか、よさげな四人用テントを見かけましたら、教えて下さいませ。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

は、半日の仕事ぐぁ~~

会社に着く頃から、ポツリポツリと雨粒が落ちていたが、気がついたら霰→雪が降ってるじゃないの!
崩れるとは知っていたけど、雪は聞いて無いずぉ~!ライブカムで山の近所を確認すると、道路は真っ白だしぃ。先週、雪かきしてないから、今週末も雪かきかよ。

今日、入力した伝票の照合をするために、リストを打ち出したら、出力された件数が全然足りない。出力操作を間違えたかと、何度か出力するが結果は変らず。しかも入力した覚えのない物もあるし・・・・
これが「全く入力されていなかった」のなら、まだ話は早い。悔しいけど再度、入力すいるだけだから。ところが全く覚えのない入力データが有るものだから話はやyこしい。下手に再入力すると在庫数が狂う怖れがある。今週末に会計棚卸しを控えているのに、大量の在庫差異が発生する事になる。
散々、調べた結果判ったのは、覚えの無いデータは差異修正を行ったものと判明。結果として私の半日の仕事は全て入力されていなかった・・・・
はぁ、再入力かぁ・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

チェンソーの配置計画

妻から「Hasq339Xp、買っても良いよ」と言われたけど、買って仕舞い込むだけでは勿体ないから、配置を考えなくてはならない。現状、手持ちであるのは、STIHL026とHasq333の二台で、チェンソーが必要なシチュエーションは、薪用の玉切りなのでこの取り合わせは、迷う事無く作業分担できるのよね。ここへ339Xpが加わるとなると、これが結構微妙な力関係になる訳で。
薪用の樹ってのは、大概が直径8~15cm程度だし、キノコ用原木も下が10cm程度と太くなる程度で、薪用とオーバーラップしている事が多い。このサイズならば、ホームセンターで売ってる33~35ccくらすでも十分ではありますが、数をこなすとなると少しでもパワーが欲しい。でもチェンソーの装備重量は可能な限り軽くってのも本音。
手持ちのHasq333は装備重量で4kgちょいで35cc。このクラスの一般向けチェンソーとしてはパワーがあって、使い易いチェンソーなのね。んで339XpはこのHasq333の流れを汲むプロ用なので、排気量が40ccとアップされているんだけど、カタログ重量はHasq333と同じ。
対してStihl026は排気量50ccで装備重量は5kgをちょっと越える。パワーは申し分ないんだけど、僅か1kgの違いでも、足場が悪いところでは取り回しがシンドイ。
となると、ラインナップにHasq339Xpを足した場合、Hasq333の出番が無くなる訳なのよね。ただ、ここで厄介なのが「今後の活動計画」みたいなものでぇ、実はチェンソー・カービングをやりたいなぁって、気持ちが有る訳でして。
まぁ、「美的扇子」なんてものを欠け片も持ち合わせてはいないから、競技会に出場しようとか、デモやって小銭を稼ごうなんてことは考えていないんだけど、切り捨てられた間伐材で、ちょっとしたオブジェ位は彫れる様になれば、それはそれで面白いかなとんで、その世界に足を踏み込めばチェンソーが増殖して行くことは、火を見るよりも明らかだもんね。

チェンソー・カービングを視野に入れれば、ソー・チェンのピッチは1/4のモデルを購入するとして、そうなると現状でソー・チェンのピッチ規格が1/4・.325・3/8と三種類を管理せにゃならん。Hasq333(ピッチ3/8)を1/4ピッチに改造すれば、ソーチェンの使いまわしが効くけど、そのための改造パーツはどーする?な問題が立ちがっていましてぇ。
ま、見切り発車ってのも有りかなぁ思ふ、今日この頃。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

もろもろ

2月15日のエントリーで書いた、運転免許の有効期限の件。「五年間の無違反」期間の算出にポイントがあったのね。「有効期限の誕生日か41日遡った日から起算して、五年間」なんだ。
今回のケースで考えると、σ(^^)の誕生日が1月21日。よって五年間の算出基準日は昨年の12月12日。対象となる五年間は2002年12月13日~2007年12月12日となる。そうすると2003年1月14日と2007年1月29日に違反があるから、見事「違反運転者」なんですねぇ。なるほどねぇ、それで前回の更新では五年間の一般運転者だったんだ。2003年の更新時だと1999年の10月(日付は忘れた)に一回でその前は96年頃の夏だったからなぁ。
これで前回更新時に感じた「三年期限のはずが、五年?」の謎も解けたわ。

先日、妻のオークション熱に刺激されて、久しぶりにYahoo!オークションを覗いていたら、Hasqvarna339Xpが\70000弱で出品されていたのでびっくり!妻に「随分と価格がこなれて来たみたいだね」と話したのだった。
普段はそこで話が終わるのだが、妻が妙に値段を気にするので変だなと思ったら、「買っても良いよ」って、えっ!
小型軽量で排気量も40cc有る上、Xp仕様だからパワーも申し分ないしで、確かに欲しいんだけど、いざ買っても良いとなると、途端に「でもなぁ、333を買ったばかりだし、いずれはカービングにも挑戦したいけど、まだそこまでの(時間的)余裕は無いし、そうなると宝の持ち腐れだし」と弱気になってしまふ・・・
それに安いと言っても通販価格だから、故障等のメンテを考えると馴染みのチャンソー屋で購入したいし、そうなると価格が・・・
誰か、背中を押してくれませんか?(おひ!)

年末から悩まされて来た腰痛も、ここにきてようやく脱出の兆しが見えて来た。まぁ、ここで無理をすると元の木阿弥だろうが、ダメージを抱え込んでいた筋肉が元に戻った感じだ。そう言えば先週、接骨医に行った時に先生が首を捻っていた感じがしたが、施術の手応えに反して痛みを訴えていたからなのかな?
痛みが引いたのだから、そろそろ柔軟(ストレッチ)は軽い筋トレを始めますか。


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

山小屋通信(2/17)

未明は曇っていたが、起床sする頃には晴れ渡って、気持ち良い青空が広がる。まずは昨日のうちに除雪しきれなかった部分の除雪作業。昨夕から「雪のお替り」があったので、その分も含めてね。
風も殆どなく、日差しのおかげであっという間に汗みずくになってくる。風邪を引く訳にはいかないので、上着を着立ち脱いだりとこまめな調節が肝心。
午前中であらかたの除雪を終えて、お昼ご飯。ふと、外を見やると雪が舞い始めている。結構な勢いで降っているが、レーダーを確認すると二時間程度で止みそうな「通り雪」だな。昼食を食べ終えてトイレを清ましてから、林道奥へ威力偵察に出発。目を付けている雑木の伐採地直近まで行くが、林道は楽に上がれるものの、伐採地まではラッセルしないと近づけない。玉切りした原木の搬出を考えると、もう少し時間の余裕が欲しいな。せめてラッセルに半日、玉切りに半日で搬出に半日といったところか。今後の積雪次第だけど、三月に入るまで待った方が良いかも。

威力偵察を終えて山小屋へ戻ると、お隣のご夫婦が徒歩で上がってきた。聞けば別荘の状態が心配で、雪かきに来たのだそうだ。ところが除雪装備はガレージの中で、そこあmでは雪に閉ざされて入れない。せめてスコップの一本くらいはクルマに積んでおかないとね。うちの除雪道具を貸し出し、ガレージまでの進入路啓開をお手伝いしてあげる。更に除雪をして置いた方が良い場所のアドバイスとお手伝いと、たっぷりと汗を流した一日であった。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

山小屋通信(2/16)

小雪がちらつく中、お昼に自宅を出発。妻がしきりに「雪のお代わり」の量を気にしているが、まぁ上を見て20cmってところでしょう。
林道入り口で、違和感を覚える。轍が無いのだ。ひょっとして除雪が入ったか?山小屋へ着いたらはっきりした。やっぱり除雪が入ったんだ。心配していた、「雪のお代わり」は10cm程度。先週に掻いておいたおかげで、進入が不便て程じゃない。
荷物を下ろして早速、雪かき開始。一時間半程だが、これはビリーさんよりタフだぜぃ。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

運転免許の更新

今日は自動車運転免許の更新。前回の更新は偶然にも妻と重なり、尚且つ免許の有効期限も同じだったので、夫婦揃っての更新だった。
そこまでは良いんだけど、今回の更新で私の免許有効期限は三年。妻は金紙免許なので五年。ただ、私の方はこの五年間での違反回数は昨年の一回だけなんだよなぁ。記憶のあっちこっちを穿くり返しても、違反の欠け片すら出てこないのである。
なので、講習終了後に「免許有効期限について、疑義が有る。ついては何処へ異議申し立てすれば良いか?」と、講習員に問い質したら「あんたの見当違いだろう」って反って来た。向こうにすればそんなクレームが山の様に有るだろう事は判るし、こちらもそんな事は判っているので、正規の異議申し立てルートを確認したいって話だったんだけどね。
もちろん、こちらの記憶違いや思い込みもあるから、違反歴の家訓方法は判っているし、そちらで確認するよ。その上で「やっぱりおかしい」となった時に、どこへ申し立てすれば良いかを尋ねただけなんだけど、数人掛かりで「あんたの思い違いだ」と説得に来るんだもんなぁ。

実は前回の更新時には、今回と逆で「三年免許と思っていたのに、五年免許だった」んだよね。こっちは別に不利益を被る訳では無いので、「ラッキー!」とだんまりを決め込んだだけど、今回は記憶違いで無い限りは不利益な訳で、単純に異議申し立てのルートを教えてちょってだけなのよね。つまり、「おかしいと思うなら、斯く斯く然然の窓口へ問い合わせて下さい」と答えれば良い話しだし、こちらが期待してる答えもそのレベルだから、「あんたの勘違いだろう」なんて言われる筋合いは無いのである。だいたい最初から「こちらの勘違いもあるかもしれないが」と話を伐り出しているんだから、「お前の勘違いだ!」なんて高圧な姿勢に出なくても良いだろうが。
自動車運転免許に関する、様々な事業は警察組織の巨大な天下り先だから、「行政サービス事業」って意識は無いのだろうね。

実は、個人的には三年更新だろうが、五年更新だろうがどうでも良い話で(笑)、道交法改正の知識を得る良い機械とも思っている。特に、昨今の様にしょっちゅう改正されていればね。嫌なのはさぁ、愚にもつかないビデオをこれでもかって見せられる事なのよね。警察にとっては「犯罪者をでっちあげる」事が仕事だからなんだろうけど、科学的に事故原因を探るって事はせずに、如何に運転者を加害者に仕立て上げるかしか考えていないから、全ての自己原因をドライバーに課しているだけ。よって、ビデオの内容もそのせんで編集されているから、退屈極まりない駄作でしかない。ついでに言うと、講習員がABSについて説明していたけど、擬音だらけで何の説明にもなっていないんですけど。ABSが有る事のメリットとか、デメリットくらい説明できる程度の人間を天下りさせろよな。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

山小屋通信(2/11)

昨夜、温泉から帰ってきたら、満天の星空だった。今朝も朝から爽快な青空が広がり、気温もぐんぐんと上がって、09:00時には零度を突破。
いつもの様に、近所のドライブインで用を足したあと、「雪かきするなら、。スノーダンプの大が欲しいよね」って事になって、急遽の買い出しへ。妻も「飯田に出るなら、欲しいものがアルから」ってことで、まずは「農家のお店、農業資材のひまわり」へ。妻が買い物をしている間に、私は「電動薪割り機」をチェック。いやぁ、腰の調子が悪いので、現状では薪割りを自粛中なんだけど、来シーズン用の薪も確保せにゃならんもんで。しかし今年はラインナップが豊富だねぇ。エンジン式(こっちは30諭吉クンを越えるけど)まで展示してあるわ。
次にホームセンターでスノーダンプを探すが、冬物商品の処分に入っていて、除雪用品そのものが店頭に無いじゃありませんの!結局、地元の荒物屋でポリカ製の「ママさんダンプ(大)」をGET!

山小屋へ戻ったのは13:30時頃なので、昼食用の鍋(昨夜の残り物)をストーブにセットし、買って来たばかりのスノーダンプで、雪かき開始。今までのスノーダンプは妻に回して、除雪作業を始める。いやぁ、体格にあった道具ってのは楽で良いですな。更に雪捨て場までの輸送力が上がったので、効率は格段に向上。先週と同じ面積を半分の時間で除雪できましたわ。

夕方になって村の除雪機が、林道を除雪しながら登って来た。この時、外で作業していたのは我々だったので、オペレーターのおっちゃんが話しかけて来た。おっちゃん曰く、この林道沿いにある別荘が、除雪対象として問題になってるそうなのだ、別荘であるから住民票は村には無いので、納める税金は固定資産税くらいなんだけど、資産評価としては土地に掛る税金が安いのよね。もっとも一人だけ住民票を移している人がいるけど、その方夫年金生活者だから、その人の為に除雪すると赤字な訳で。
我々としても、除雪は無いという条件で土地を取得しているから、除雪されてその費用を払えって言われても、困ってしまうのよね。なのであくまでも、うちの意見として、「不動産屋が売った区画は知らんけど、我々は除雪を必要としていないので、除雪はして頂かなくても結構です。」と言っておいた。たった一人の住民の方には気の毒なんだけど、うちは自力ラッセルで出入り出来るしね。ついでに書いて置くと、除雪オペレーターのオッチャンは、我々が除雪した部分を見て「ズク有るなぁ」と評価してくれてるし。
まぁ、この辺りに関する考察は、機会が有れば後日に考察をする事になるでしょう。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

山小屋通信(2/10)

昨日の降雪で山小屋も、雪に埋もれてるだろうと、早めに出発出来る様、朝一で接骨医へ。帰って来たら妻が、「通販で買った苗が届くから」と、出発は午後に。
山小屋は案の定、30cm程の積雪に埋もれていた。薪ストーブに火を熾すと、まずは雪かきだ。
林道から小屋までの通路を確保し、荷物を運ぶ。次いで薪棚までの通路を、啓開する。
二号・三号棚の屋根は、雪の重みで梁が折れそうな程に、しなっているので、屋根の雪下ろしだ。これは春になったら、手直しだな。

天気も良かったせいか、温泉は子供連れで芋の子洗い状態。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

雪さ、雪だ!

今日は当番出勤の日。事務所に出勤して、入荷した荷物の整理や宅配の受取やらをこなしていて、ふと外を見ると、かなり激しく雪が降っている。この冬は予報では降雪となっていても、肩すかしを食わされていたので、本格的な積雪は初めてだな。
気がついたのが10:00時頃で、12:00時頃には歩道は白くなり、車道もシャーベット状の雪が。14:00時頃には表通り意外は車道も白くなってきた。しかし、16:00時頃には雨となり、ちっとつまらんなぁ。
今日はマイカーで出勤したのだが、自宅へ向けて走り出すと、都心を離れるに従って、雨→霙→雪と変化。やっぱ都心は暖かいんだなぁ。帰宅途中の道路には、乗り捨てられたクルマが”屍累々”状態。中にはマンションの駐車場入り口でスタックしているクルマも有ったりしてね。

名古屋って、緯度の割には降雪や積雪し易いところなので、割とマイカー族にもスタッドレス・タイアは普及しているし、タイア・チェンの所持率も都市部としては高い方なんdなけど、「喉元過ぎれば」なところもあって、今回は不意をつかれたんだろうな。まぁ、週末だったから、大きな混乱もなくて良かったかも。
明日は朝一で接骨医に行かなきゃならないから、そっちの方が心配かもね。溶け残った雪が氷りつくだろうからさ。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

マイカーで出勤

今朝、腰の調子が良く無かったので、思い切ってマイカーで出勤した。うちの会社はマイカー出勤は一切、認めていないんで、こっちょりとではありますが。おかげで腰への負担が少なかったのか、今夜はかなり楽。ただ、注射代がねぇ、結構な額になるのでお財布には優しく無い。今日は事前リサーチ無しだったので、えらく高くついてしまった。
帰宅時に暫く行っていなかったホームセンターに、寄り道してみたけど、それでも19:00時をちょっと回った位で反って来れたから、やっぱ機動性は有り難い。まっすぐに帰って来ていたら、18:30時頃には帰り着けたんじゃないかな?

久しぶりに訪れたホームセンターは、随分と様変わりしていた。商品が家庭消耗品中心から、プロ向けの資材中心になっていて、DIY派にとっては嬉しい限り。ただ、木材の扱いが縮小気味なのは残念だなぁ。その分なのか、フローリングや壁紙・簡易漆喰等の内装仕上げ材の扱いは増えていた。
以前の職場は外回りの仕事だったので、こういうチェックは暇を見つけて出来たんだけど、今の職場では無理だから、情報が不足しがちだったりする。

今日はやむなくマイカーで出勤したけど、資材を仕入れなきゃいけない時には、結構良いかも。金曜の帰りに資材を仕入れて、夜駆けで山小屋へ向かえば、週末がフルに使えるもんね。駐車代をもうちょっと節約出来れば、かなり有効かも。明日からは会社周辺の駐車場調査だぁ。

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

毒ギョーザ

冷凍ギョーザが実は殺虫剤入りだったと報道されてから、マスメディアは蜂の巣をつついた騒ぎになっている。被害にあった方々には、お見舞い申し上げるしかないのだが、メディアの報道の仕方はなんとかならんものか。ヒステリックに危機感を煽っているだけで、建設的な視点というものが欠け片も感じられない。確かに殺虫剤が混入した原因調査は端に付いただけで、ろくな公式発表が無い事が消費者の不安を広めている事は事実だ。しかし、それをマスメディアが煽ってどーすんだ?

今回の事件だけど、正確な被害報告が出ていないんだけど、満遍なく被害が出ていない事が特徴かなと思う。例えば購入したギョーザを最初に五つ食べた時には異常無かったのに、残りを食べたら中毒したという事だ。これは製造・出荷工程のうち、製造工程で混入した可能性が限りなく低いと言えると、私は考えている。今回の殺虫剤は加熱によって成分が分解する性質を持っているそうなので、調理・皮包み・蒸しの工程での混入は考えなくて良いだろう。少なくとも可能性は限りなく低い。
となると、梱包・流通段階での混入が怪しいとなるのだが、流通段階もケース入りでの出荷だから、被害件数を考えるとこれも可能性はかなり低いだろう。最終小売り段階での入荷時に、ケースが開梱された形跡があれば、小売り業者が不審を抱くからね。
となると、梱包段階での混入の可能性が最も怪しいとなる。さて、この推理は当たるかな?

食品に限らず、中国産の安全性については、国際的にも問題になっているし、中国政府も国内経済の発展と輸出による外貨獲得は重要事項と認識していることは間違い無いだろう。だから国内企業に対する指導は有ると思うんだけど、それが末端の労働者まで浸透しているかは別問題だからね。その意味では「地道に真面目にやってる」ケースと「とんでもない」ケースのどっちが、多いのかを客観的に評価しなきゃいけなんだけど、マスゴミ報道は自分たちと同じ、「とんでも」組しか取材しないからね。
マスゴミが大騒ぎして取り上げる、「やらせ」も含めた「とんでも」ケースの影にある、「地道に真面目に」なケースにも目を向けないといけないと思うよ。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山小屋通信(2/3)

昨夕から降り出した雪は、一向に止む気配はない。積雪は15cm程かな、以前に積もった分と合わせると、30cm程になり除雪をしていない場所では、かなり歩き辛くなっている。
よって、午前中は雪かきに精を出す。私は道路と駐車スペース、妻は庭と手分けして実施。道路の除雪は結構大事で、これをやらないと除雪車が入った時に、えらい目に遭うからだ。うちの土地とその前後それぞれ20m程を除雪する事で、うちの前に出来る氷壁を最小限に押さえる事ができる。更に道路を挟んだ向かい側に、雪を溜めたりと不在時の対策を織り交ぜての雪かきなのだよ。
しかし、昨年は殆ど積もらなかったので、スノーダンプを買い足してなかったのが、痛いなぁ。手持ちのスノーダンプは通称「ママさんダンプ」と呼ばれていて、小柄な女性でも扱えるタイプ。しかも小サイズなので、腰に負担がくるんだよね。もっとも除雪スコップに比べれば楽なんだけど。東北や北海道などでは、男性向けにサイズアップした「パパさんダンプ」なる商品があるのだが、通販で購入するほどのものかと、思案中です。

午後は近くの温泉へ。じっくりと湯船に浸かり、腰の養生をして今週は終わり。接骨医に通っている割には、なかなか良くならないなぁ。施術してもらって二三日は良いんだけど、四日目頃から踏んばりが効かなくなってくる。こんなのは過去に経験しなかった事だ。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

山小屋通信(2/2)

腰の調子を考えると、2日間の作業は厳しいので、昼過ぎの出発。山小屋へは夕方着。小屋の周囲は今季最深の積雪。10cm程だ。しかし、既に小雪がチラチラと舞い出している。明日の朝には同じくらい積もっているだろうな。
小屋の室温は2度。薪ストーブに火を熾す。最近、着火時の煙がスムーズに排出されなくて、煙が室内に吹き替えしてくるんだよね。火室の排煙バッフルが変形してきているのが原因だな。早く炉台を作ってストーブを入れ換えないといけないなぁ。もっとも火がしっかりと熾てくれば、煙が吹き替えすこともないんだけどね。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »