« 山小屋通信(2/3) | トップページ | マイカーで出勤 »

2008年2月 3日 (日)

毒ギョーザ

冷凍ギョーザが実は殺虫剤入りだったと報道されてから、マスメディアは蜂の巣をつついた騒ぎになっている。被害にあった方々には、お見舞い申し上げるしかないのだが、メディアの報道の仕方はなんとかならんものか。ヒステリックに危機感を煽っているだけで、建設的な視点というものが欠け片も感じられない。確かに殺虫剤が混入した原因調査は端に付いただけで、ろくな公式発表が無い事が消費者の不安を広めている事は事実だ。しかし、それをマスメディアが煽ってどーすんだ?

今回の事件だけど、正確な被害報告が出ていないんだけど、満遍なく被害が出ていない事が特徴かなと思う。例えば購入したギョーザを最初に五つ食べた時には異常無かったのに、残りを食べたら中毒したという事だ。これは製造・出荷工程のうち、製造工程で混入した可能性が限りなく低いと言えると、私は考えている。今回の殺虫剤は加熱によって成分が分解する性質を持っているそうなので、調理・皮包み・蒸しの工程での混入は考えなくて良いだろう。少なくとも可能性は限りなく低い。
となると、梱包・流通段階での混入が怪しいとなるのだが、流通段階もケース入りでの出荷だから、被害件数を考えるとこれも可能性はかなり低いだろう。最終小売り段階での入荷時に、ケースが開梱された形跡があれば、小売り業者が不審を抱くからね。
となると、梱包段階での混入の可能性が最も怪しいとなる。さて、この推理は当たるかな?

食品に限らず、中国産の安全性については、国際的にも問題になっているし、中国政府も国内経済の発展と輸出による外貨獲得は重要事項と認識していることは間違い無いだろう。だから国内企業に対する指導は有ると思うんだけど、それが末端の労働者まで浸透しているかは別問題だからね。その意味では「地道に真面目にやってる」ケースと「とんでもない」ケースのどっちが、多いのかを客観的に評価しなきゃいけなんだけど、マスゴミ報道は自分たちと同じ、「とんでも」組しか取材しないからね。
マスゴミが大騒ぎして取り上げる、「やらせ」も含めた「とんでも」ケースの影にある、「地道に真面目に」なケースにも目を向けないといけないと思うよ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(2/3) | トップページ | マイカーで出勤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/17949678

この記事へのトラックバック一覧です: 毒ギョーザ:

« 山小屋通信(2/3) | トップページ | マイカーで出勤 »