« 屋根仕上げ | トップページ | 山小屋通信(5/24) »

2008年5月22日 (木)

GPS今昔

Cimg1627アドエス用に購入したGPSレシーバー、GlobalSat BU-353の性能を云々を書く前に、10年程前に「高性能・リーズナブル」と称えられた、日本電素GPSR-5200と記念撮影。レシーバー部のサイズだけで、こんなに小さくなったんですねぇ。技術の進歩は早い!(笑)

購入当時はGPSR-5200は、コールドスタートでの測位終了迄の時間が短時間で済むと、人気があった機種です。これとNavin YouやProATRAS等と組み合わせて、パソコン・カーナビしてました。最近では遠出をする事があまり無いので、使ってないしんだよね。ケーブルも断線しちゃってるみたいだし。

さて、新たに購入したGlobalSat BU-353はどうかというと、コールド・スタートはGPSR-5200と比較するのがバカバカしくなるほど、早いです。一~二分で測位開始できるので、待ちが殆どない。
また写真を見て頂けば一目瞭然ですが、筐体のサイズが小さいですね。そのせいかダッシュボードに置いて使ってみると、屋根の影響を受け難い様で、GPSR-5200の倍の衛星を捕捉してくれます。GPSR-5200をダッシュボードで運用した時は、屋根による”食”で計測不能に成る事も多かったのですが、BU-353は全く心配なし。
デバイスとの接続も、USBなので手軽に扱えるのも良いですね。ただ、GPSR-5000と異なり、生活防水仕様なので、クルマの屋根に付けっぱなしとはいかないのが、欠点と言えば欠点なんだけど、ダッシュボード上の運用で事足りるから、欠点という程でもないな。

アドエスとの相性ですが、評価は微妙かなぁ。というか、GPSレシーバーの性能がここまで上がっているのであれば、もう少し考えても良かったかなぁ。アドエス+BU-353の組み合わせだと、クルマで運用するには良いけど、それ以外でのシチュエーションでの利用にケーブルが邪魔になる可能性もあるんだよね。もっとも、ハンディGPSの価格もこなれてきているから、目的に応じて複数のGPSを使い分けても良いかな。


人気ブログランキングへ


|

« 屋根仕上げ | トップページ | 山小屋通信(5/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/41290938

この記事へのトラックバック一覧です: GPS今昔:

« 屋根仕上げ | トップページ | 山小屋通信(5/24) »