« 山小屋通信(5/25) | トップページ | 東栄二日目 »

2008年5月31日 (土)

東栄一日目

予定では九時出発だったのに、目を覚ましたら九時じゃないの。慌てて荷物を積み込んで、東栄へ向かって出発。会場まではほぼ一時間の道のり、新緑の山道をのんびりとドライブだ。今年は開会式が12:30時からと余裕のある設定なので、気が楽だ。
080531125606会場に着くと、選手は午後からの準備中、でも時間のよゆうがあるから、割とのんびりした空気が漂ってます。

軽く昼食をすませ、ビジター受け付けにてアンケートの記入。鉛筆を返却しようとすると「鉛筆も粗品ですので、どうぞお持ち下さい」と。よくよく鉛筆をみると、集成材で出来ている。「最近の鉛筆って集成材も使っているんですね」と言ったら、「いえ、メーカーに頼んで作ってもらっているんです」との事。こんな事に気が付く奴なんて滅多にいないいでしょうな。答えてくれたおねぇさん(御髪を三つ編みにしたら、もろ「萌ぇ~」系の美人)も嬉しそうでした。

さて開会式だが、まぁ取り立てて変ったところは無いが、ちょっと面白かったのは地元選出の衆院議員のご挨拶。この手合いの挨拶は、大概がつまらないと相場が決まっているのだが、このセンセイは「日本人一人が年間に使用する割り箸は、何膳だと思いますか?」から始まった。これって田中淳夫さんの「割り箸はもったいない?」からのパクリじゃないのか?しかし「国産割り箸の利用を進める事で、国内の山林整備が推進される」というのは良かったなぁ。このセンセイ、話の掴みは上手いかも、演説も短かったしね。

13:00時、司会のカウントダウンで競技開始。五十台のチェンソーが一斉に唸りをあげ、吹き上がる大鋸屑に飛び散る木っ端。二時間で掘り上げるクイックかービングが始まった。
080531131352競技開始15分が経過。
一体の大まかな掘りを終えて、二体めにかかっています。この段階で多分イヌかキツネか程度には判りますね。
クイックかービングのテーマは「日常使えるもの」なんだけど、これが何に化けるのか?

080531133845競技開始後三十分が経過
この方、ビギナークラスでのエントリーです。”ビギナー”ですら、三十分でここまで彫るか!
でも一所懸命に練習してきたんでしょうね、これと同じデザインの作品を四つか五つ展示していました。

080531143104競技開始後一時間半が経過。
三十分を残して完成した、フラミンゴ。なんか司会者も「見事な鶴です」とか言ってたけど、一本足立ちってフラミンゴしゃなかったっけか?

Cimg1632「見た目の荒らしさと作品の繊細さ」が、チェンソーかービングの魅力だとすると、この選手ほどそれを具現化してると感じてのショット。
しかし、この作品をオークションで競り落とす事になるとは、この時点では微塵も考えていなかった。
ちなみに先出のフラミンゴは、知り合いが競り落としました。

Cimg1634昨年の観戦記にも登場頂いた、流庵の塚っちさん。
犬の顔を彫っている事は判るけど、どんな作品になるのか、この時点では想像がつかなかった。
クイックかービング同率二位です。クイックかービングの成績は、オークションでの落札額で順位が決まります。当然ながら、高額で落札された順なんですよね。

Cimg1636大会作品ではありませんが、展示の仕方が絶妙で目を引いたもの。
妻もお気に入りだったようで、ここを通る度に見入ってました。この花(バラかな?)を制限時間で彫れれば、玉の刳り貫きプランターでも、いい勝負が出来るんじゃないかな。

Cimg1638Cimg1642クイックかービング作品中、σ(^^)のお気に入りはこの二点。
ベンチ部門と置物夫々での、個人的一押し作品です。このクマのベンチは、キャンプ装備でなければ、入札しましたよ。ダブルキャブのトラックだったら、絶対に競ってた。イーグルのライトは、一手間掛けた事が置物系で一番の理由。これも持って帰る算段があれば、入札してたんですけどね。クルマの積載量の関係で諦めました。
んで、この写真をみて判る様に、競技終盤から雨が降り出しまして、選手には過酷な条件になっちまいました。

競技終了後、三十分を待ってオークションがスタート。オークションの落札額が、順位になるので選手も入札出来るんだけど、降雨の影響か選手の入札は無かったような。その所為では無いと思うんだけど、落札額もかなり低調でして、「え?これがその値段?」で落札されて行く。八割がたは材の値も出ていなかったんじゃないかな。
なんせ、ベンチですら三千円スタートで、一発落札してたくらいだから。それとも今年のオークションが、盛り上がりに欠けたのかな。
我々は、「フクロウのプランター三点セット」に応札。実は妻が欲しそうだったので「五千円位まで、入札したら?」とけしかけていたんだけど、スタートがいきなり五千円。ところがなかなか応札が無いし、妻はぐっちゃらとしてるしで、σ(^^)が五千円で応札したら、すかさず二件も入札された。さってと、ここでどうやって勝負すっかなぁ。
ここまでで一万円を越える入札は、最初のフラミンゴ像くらいだったはず。て事は入札の応酬も殆ど無い訳で、確実に落札するなら、一気に大台に載せるのが得策と判断して、諭吉君を入札。「フクロウのプランター、三点セット」を落札。近所から「八千円で入札すればいいのに」って、声も聞こえたんだけど、オークションの入札は心理戦も考慮しないとね。

オークションを堪能した後は、とうえい温泉へ。この温泉、塩化物イオンが豊富なのでしょっぱいお湯なのね。降雨の所為で気温が低く、オークションの間にちょっと凍えてしまったけど、じっくりと温泉を堪能しやしたよ。
温泉から帰って来て、テントの設営開始。本当なら予め練習してから実戦投入すべきだったんだけど、時間や天気の都合で、ぶっつけ本番なうえに日没後+降雨という悪条件での設営でした。しかもここでタープを持って来るのを忘れた事が発覚!今日の晩飯、ど~すんだ?
結局j、晩飯はウェルカムパーティに紛れ込んで、清ましたんですけどね。でも、ドームの片隅でひっそりとであれば、自前の食料でOKだったかなぁ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(5/25) | トップページ | 東栄二日目 »

コメント

今年もブログにのせていただきありがとうございました。
ウェルカムパーティーに参加されてたのそういう事情だったのですね(^^
二日目の観戦記も楽しみにしてます!

投稿: 塚ちゃん | 2008年6月 4日 (水) 14時03分

塚ちゃん、コメントをありがとうございます。
タープを忘れなきゃ、パーティ会場に潜り込む事も無かったんですが、それはそれで、寂しかったかもしれません。
でも、そのおかげで感じた事もあるので、それは改めて記事にする積もりです。
ただ、大会主催者や参加選手には、辛口の記事になりそうなので、どう仕上げるか難しいです。

投稿: 飛魔人 | 2008年6月 7日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/41382793

この記事へのトラックバック一覧です: 東栄一日目:

« 山小屋通信(5/25) | トップページ | 東栄二日目 »