« 山小屋通信(7/6) | トップページ | 山小屋通信(7/13) »

2008年7月12日 (土)

山小屋通信(7/12)

ほぼ1ヶ月振りの、晴天日だ。しょぼ降りの雨なら、程度に応じて作業もできるが、半端無い降りばかりだったので、草刈りすら出来ていない。
しかし二日連続で晴天とあれば、まずは物置の屋根を仕上げなくては。

まずはシングルを貼って行く目安となる、基準墨をうつ。水平に12cm毎に打っておくと張りつけ作業は楽だが、下準備だけで日が暮れてしまう。なので私は36cm毎で打った。これは三段目で水平線の狂いを修正する訳だ。
下準備が出来たら、シングル張りの開始。シングルのカットとシングルセメントの塗りつけを行い、屋根の上に運び上げる。ところがここで大きな誤算が。それは私の体力である。年初以来の腰痛で、運動量が減ってしまっているので、暑さもあって息が続かないのだ。まぁ、屋根の上で足が縺れでもしようものなら、大怪我間違い無しなので、休み休みでの作業とするしかないが、今日明日中に仕上がるんか?
なんとか南麺だけを張り終えたのが、16:30時頃。休み休みにしちゃぁ、上出来なペースかな。

しかし、作業中の暑さ・熱さにはまいった。ルーフィングシートに手を付けば、火傷しそうな熱さだし、背中は太陽に焼かれ、屋根からの照り返しで蒸されと、サウナでの我慢比べよりもきつかぁ~!
シングルも、熱でアスファルト分が緩んでいて、不用意に踏みつけると表面の砂が偏ってしまい、黒々と足跡が残ってしまう。山小屋の屋根を張った時も夏だったけど、幸いな事に薄曇りだったのと、棟の向きが南北だったこともあって、こんな現象は起きなかったんだよね。

人気blogランキングへ

|

« 山小屋通信(7/6) | トップページ | 山小屋通信(7/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/41813349

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/12):

« 山小屋通信(7/6) | トップページ | 山小屋通信(7/13) »