« 山小屋通信(7/26) | トップページ | 携帯機種変更 »

2008年7月27日 (日)

山小屋通信(7/27)

目を覚ますと、べったりと雲が空を覆っていた。安心して二度寝を決め込む(最近、寝苦しくて寝不足気味)。
九時頃になってやっと起き出すと、雲量は積雲が70%ってところか。こりゃ条件次第で、夕立がくるな。場合によっては午後の早い段階かも。雲のおかげで日差しが遮られるので、昨日ほどではないけど、青天助での作業はきついので、今日も木陰で薪割り。

楔(金矢)を使った薪割りも、玉を二個・三個と割っていくうちに、コツが判ってきたぞ、樹種によっても異なるのだろうが、ウダイカンバの様な繊維が絡み合っているような樹では、楔を打ち込む間隔は狭めにしなきゃいけないのね。コツを掴んでからは、作業時間が20分/玉と、昨日の半分にまで縮めることができ、大幅にペースアップ。
背割りを入れて置いた玉は、全て半割にできた。
この頃から雲行きが怪しくなってきて、気象レーダーを確認すると、上矢作方面で発達した雨雲が角mmできるし、愛知県西部にもやはり、発達した雨雲が団体様で押し寄せている模様。
とりあえず、必要最小限の道具以外は片づけて、小割を始めるがやっぱ、歯が立たないものばっかじゃ。すると冷たい風が吹きぬけていったので、妻に「雨が来るぞ」と声をかけて、全ての道具を片づける。準備万端が整ったところで、大粒の雨が降って来た。「ま、三十分程で小止みなるでしょ」と、小屋の入り口から外を眺めていると、雷も近づいて来た。一発だけ近いのがあったけど、それでも小屋から半径700m前後ってところかな。雷雲の中心からは外れたようだ。
雨も予想通り、三十分程で止み、文字どおりの「夕立」だったなぁ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(7/26) | トップページ | 携帯機種変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/42000066

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/27):

« 山小屋通信(7/26) | トップページ | 携帯機種変更 »