« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

局地荒天による事故

日曜日には福井で、突風による死亡事故が、そして昨日は神戸で鉄砲水に巻き込まれて、四名の方が亡くなった。ここ数年において、突風や竜巻、局地的な大雨での事故が多く感じるのは、私だけの感想であろうか。個人的には事故を回避する手段はあったんじゃないかと、思わずにいられないので、私個人の独断で検証してみた。

福井・神戸の事故には、共通するキーワードがあり、それは「発達した積乱雲」だ。福井では積乱雲からの下降流が突風となり、神戸では川の源流に雨を降らせ、それが鉄砲水をなって下流に押し寄せた。では積乱雲の接近・発達は予測不可能なのか?この答えは「可能でもあるし、不可能でもある」だ。

まず不可能な方から説明すると、気象予報で「何時、何処で発生・発達するか」の予想は、現在の観測網では無理。現在の気象観測網はおおよそ21km間隔で設置されているのだが、福井の様な現象を起こすのは積乱雲影響範囲のほんの数100m~数kmの範囲でしかない。つまり網の目から漏れてしまう訳だ。ただ、この網目で捉えられた観測データから、「これこれの範囲で、積乱雲が発達する可能性がある」といった、予想はできるので、その場合には各種の注意報や警報が気象庁より発表される。
次に予測可能な方はというと、現地での目視観測だ。観測器材一式を1kmメッシュで配備できれば言うことは無いが、それは現実的ではないよね。それにそこあmでしなくても、五感を働かせれば十分に察知可能なの。
例えば「急に雲に覆われて、暗くなった」なんてのは、積乱雲接近の典型的な気象現象だし、風向・風速の変化や、気温の急激な変化も予兆として捉える事ができる。そして現代では、携帯電話から貴重な気象情報にアクセスできるから、少なくとも現場にいて「危険」を察知するのは、さほど難しくない。

では割と事故発生時の、資料が多い神戸の事故から分析してみる。まず事故が起きたのは「28日午後2時40分ごろ」で、これは河川監視カメラの映像と、水位計のデータから間違いない。次に当時の神戸市灘区近辺の降水状況はというと、28日16:00のレーダー画像から推測すると、発達した雨雲に覆われていたいた事が判る。
更に監視カメラ映像から、鉄砲水が押し寄せる20分前位から、非常に強い雨が降っていた事も判っている。カメラは10分で更新なので、映像で降雨が確認できる数分前から大粒の雨粒が落ちていたんじゃないかと推測出来る。
また、今日のニュースで亡くなった学童保育に参加していた小学生達は、「端の下で雨宿りしていた」との証言もあった(まぁ、これがマスゴミの”やらせ”でなければだが)。更に現場となった都賀(とが)川は、昔から暴れ川として有名でもあったそうだ。
以上の事から、現場での気象は次の様だったのではないか。つまり「13:30時頃までは雲が多いながらも、真夏の日差しが照りつけおり、水遊びには絶好のコンディションだった、しかし13:30時~14:00時にかけて、黒雲が北方(長峰山方面)から押し寄せ、14:00時頃には全天が雨雲に覆われ14:20~14:30時には土砂降りの雨となった」もし、この推測が当たっているとするなら、事故を回避するチャンスは三つほどある。
第一に「黒雲(積乱雲に伴う雨雲)が北方から押し寄せた」時で、長峰山を観察していれば、上流の降雨を予測出来たのではないか。第二に「全天が黒雲に覆われた時」で、降雨を予想して撤収すべきタイミングである。そして第三が「大粒の雨が降り出した」時で、ここで撤収では無く、端の下での雨宿りを選んだ事が、運命を分けたのでだと思う。
私は現地を知らないのは確かであるが、地図で確認する限りでは、現場から長峰山まで視界を遮る地形要因は見当たらない。川の両側に高層ビルが立ち並び、視界を遮られていたとしても、長峰山は都賀川の上流正面に位置するので、完全に見えないという事は考え難い(この辺り、現地に詳しい方からのコメントに期待)。
つまり学童保育指導員が、全天の雲量が増えて来た事に気付いていれば、そして長峰山方面の雨雲に気付いていれば、鉄砲水の発生は予測出来なくても、落雷や土砂降りを避ける措置で、十分に防ぐ事が出来たと思われる。

福井の事故は「27日12:50分頃」で、この頃に敦賀湾から岐阜県西濃や尾張地方へ雪崩れ込む、大量の雨雲が気象レーダーに捉えられていたのを、私は携帯で確認している。そして事故は「突然の土砂降りに、テント下で雨宿りしていた」その時に起きている。これも発達した積乱雲の通過によるものだが、「突然の土砂降り」の雨に、沖合いから押し寄せる雨雲が確認できたはずで、遠雷も確認できていたのではないかと推測される。
手持ちの地図では確認出来ていないが、イベント会場は「金ヶ崎緑地」という地名から、金ヶ崎城址の付近だと思われるので、雨雲が押し寄せて来る海上方向には十分に視界は開けているはずだ。突風の発生はともかく、落雷の危険性を考慮して、プログラムの一時中断と近隣施設への観客避難を行っていれば、人的被害は防げたのではないか。

以上、二件の事故を独断で分析したが、どちらのケースも主催者なり、指導員なりがほんのちょっと、気象や災害に対しての興味があれば、人的被害を押さえる事が可能だったはず。もちろん「そんな気象予報士まがいのことが、素人に出来る訳ねぇ~だろ!」という意見もあるだろう。でもね、本当に気象予報士でもない私が、28日の夕立の降り始め時刻と、降り終わり時刻を予想してるのね。それは携帯を駆使して気象レーダーを確認し、自分の五感を働かせての予測であり、専門野教育をうけた予報士では無いわけです。特に局地気象の予測に関しては、現地での観天望気に適うものはありません。
夏休みもまだ一ヶ月を残しており、行楽などの予定もこれから本格化する訳で、屋外活動の指導・指揮をされる方は、気象・防災情報を活用し、事故の無い活動をして欲しいと思います。
最後に、国土交通省のサイトを紹介します。携帯サイトも無料で利用出来ますので、お気に入りに登録して起きましょう。
国土交通省防災情報センター http://www.bosaijoho.go.jp/
携帯用防災情報センター http://www.bosaijoho.go.jp/i-index.html


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

携帯機種変更

昨日、山からの帰りにショップへ立ち寄り、機種変更費用の見積もりを訊いて来たのだが、在庫を問うと「次回入荷分まで予約で一杯なので、その次ぎの予約になります」と、つれないお返事。う~ん、このお店の売り上げが低いのか、それとも相当な人気機種なのか、はたまた供給量が少ないのか?

で、仕事帰りに都心のショップに立ち寄ってみると、「在庫有りますよ」との事なので、機種変更してきた。チョイスした機種はCASIOのW62CA「G'zOne」。通称「Gショック携帯」って奴。初代がデビューした時から注目していたんだけど、当時は基本使用料も通話料金も高くて手を出す気にならなかったし、あの頃はPHSの方が技術的に面白かったんだよね。んで、二代目がリリースされたのは、一台めの携帯を水没させて機種変更した直後。12ヶ月の縛りがあったのと、機種変更での端末負担金が足かせだったんだよなぁ。
今まで使っていたW41CAも機能的には何の不満も無いのだけれど(一部のEzアプリが使えないとかあるが)、σ(^^)の使い方としては必要十分な機能を備えているし、テンキーの操作感はこれまで使って来た携帯やPHSの中でも、ぴか一だと思う。ただ「防水」というこの機能だけは、「G'zOne」でしか手に入らないんだよねぇ。
「防水」機能は、妻が昨年末に機種変更したW52CAでも実現されているけど、こちらは「水没」レベルまでは保証していないウォータープルーフ(これを実現しているのも、大したものなんだけど)だからね。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

山小屋通信(7/27)

目を覚ますと、べったりと雲が空を覆っていた。安心して二度寝を決め込む(最近、寝苦しくて寝不足気味)。
九時頃になってやっと起き出すと、雲量は積雲が70%ってところか。こりゃ条件次第で、夕立がくるな。場合によっては午後の早い段階かも。雲のおかげで日差しが遮られるので、昨日ほどではないけど、青天助での作業はきついので、今日も木陰で薪割り。

楔(金矢)を使った薪割りも、玉を二個・三個と割っていくうちに、コツが判ってきたぞ、樹種によっても異なるのだろうが、ウダイカンバの様な繊維が絡み合っているような樹では、楔を打ち込む間隔は狭めにしなきゃいけないのね。コツを掴んでからは、作業時間が20分/玉と、昨日の半分にまで縮めることができ、大幅にペースアップ。
背割りを入れて置いた玉は、全て半割にできた。
この頃から雲行きが怪しくなってきて、気象レーダーを確認すると、上矢作方面で発達した雨雲が角mmできるし、愛知県西部にもやはり、発達した雨雲が団体様で押し寄せている模様。
とりあえず、必要最小限の道具以外は片づけて、小割を始めるがやっぱ、歯が立たないものばっかじゃ。すると冷たい風が吹きぬけていったので、妻に「雨が来るぞ」と声をかけて、全ての道具を片づける。準備万端が整ったところで、大粒の雨が降って来た。「ま、三十分程で小止みなるでしょ」と、小屋の入り口から外を眺めていると、雷も近づいて来た。一発だけ近いのがあったけど、それでも小屋から半径700m前後ってところかな。雷雲の中心からは外れたようだ。
雨も予想通り、三十分程で止み、文字どおりの「夕立」だったなぁ。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

山小屋通信(7/26)

山小屋へ着いて荷物を搬入し、なんとなく庭を眺めていたら、ブルーベリーの様子がおかしい。よくよく見ると、葉っぱが殆ど無くなっている!株を見ると青虫が、葉っぱを悠々と食べているではないか。大慌てで妻と二人で、青虫を排除する。グルー下リーは丸坊主にされた株以外に、二株あるので、そちらもチェック。
すると妻が「ナスタチィウムも変」と言うのでみると、こちらも別の青虫に襲われているではないか。
う~ん、今まででも尺取虫の食害はあったものの、丸坊主にされるほどでは無かったのだが。

青虫騒動が一段落したところで、日差しを避けつつ薪割りをする。斧では割る事の出来なかった、ウダイカンバも薪割り楔で半割すれば、なんとか薪に出来る目処もたったので。
チェンソーで背割りを入れて置いた玉を割るのだが、一個を割るのに40分位かかるので、効率が悪いなぁ。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

タイムスリップ

080725105324仕事中に出会った、一軒のお店。
都心のビルの谷間、そこだけ時間が止まったかの様なたたずまい。
しかし、店頭には手書きで「デジカメプリント出来ます」
まだまだ、現役です。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

山小屋通信(7/21)

目覚めると、曇りがちなお天気。携帯で気象情報をチェックすると、どうやら台風七号崩れの低気圧が、朝鮮半島にいる模様。そのためこの低気圧に向かって、太平洋から湿った暖気が流れ込んでるみたいやね。まぁ、日差しが押さえられるので、屋外での肉体労働は楽になるか。
お腹の調子も大分、戻って来たので今日は、薪の整理だな。いや、梅雨入り前に割った薪が、”天(あま)晒し”のまんまだは、冬の間に割ってあるはずの玉が手つかずだはと、この半年間の停滞振りは半端ではないのだ。

まずは、”天(あま)晒し”の薪を、棚に積み込んで行く。実は咋冬の薪の消費量に誤算が生じて、棚への積み込みが厄介な課題なのである。けど、迷ってる間に時間は過ぎて行くしぃ、薪割り出来ないしぃ、なので二号(来冬用の薪棚)へ、積み込むことにする。一輪車に積み込んで、棚の近くまで運んで積み込み。単純作業の繰り返しではあるが、バランス良く棚へ積み込まないと、乾燥によって収縮した薪が、バランスを崩して棚が崩壊する事もあるしね。意外と”頭脳労働”でもあるのですよ。
この作業中に閃いたんだけど、咋冬の残り薪を三号棚へ移動して、二号棚の薪を一号棚へ積み替えすれば、薪の収納に関しては問題解決じゃん。という事は、当面の間は割った薪は二号棚に積み込んで、二号棚が一杯になった段階で、積み替え作業を行えば良いって事だな。午前中は薪の積み込みを黙々とこなして終了。

午後からは薪割り。コナラやクヌギ・クリ等の玉は、早々に片づけて、厄介なウダイカンバに挑む。六月頭に玉切りと下処理をして置いたものを、薪割り楔(金矢)と斧で、ひ~こら割っていくも、効率悪いわ。ただ、ウダイカンバの様に、繊維が捩じくれている樹種は、乾燥がある程度進んだ方が割り易いようで、薪割りの定石には当てはまらないみたい。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

山小屋通信(7/20)

今日も良く晴れて暑い。
作業の手順を考えるが、お腹の調子が悪く、気力も湧いてこない。実は三日前から予兆はあったのよね。ただ、今がピークみたいな予感もあるので、無理しない方が良さそうな感じ。

そうは言っても”これだけは済ませないと”って作業もあって、その一つがゴミ燃しペール缶の新調。一年間使って来たペール缶が先週、遂に崩壊しちゃったのだ。ま、作業はディスクグラインダーで、空気穴を空けて蓋を外すだけという単純作業なんだけどね。問題は旧いペール缶の始末で、中の灰を始末して、缶は潰して不燃ゴミ袋に入る様に始末しなけりゃならない。「一年間、ご苦労さん」と心の中で、労いながら缶を潰す。
その後、今春に種菌を接種したホダ木の天地反し等して、午前は終了。完全に”リゾート・モード”です。

昼食の後、用足しにネバーランドへ向かい、夏季恒例の2ソフトクリーム”を食しながら、
私:「売木のブルーベリー園さぁ、行くなら今日かな?」
妻:「ん~、何時でも良いけど」
私:「明日だとさぁ、行って帰って帰り支度で、面倒じゃん」
私:「この足で行けるなら、今から行かない?
妻:「ん~、丁度一区切り着いてるから、行こうか」

って事で、売木村の「花の谷」さんへ出かける。こちらはオーナーが殆ど一人で整備されている果樹園で、さして広くはないけどその分、木陰までの距離も近く、日差しに火照った身体を、木陰で休めながら摘み取りできるのは良いかな。
一時間半ほど、摘み取りをしたり受け付け兼休憩所で、オーナーからお話しを伺ったりと、のんびりとした時間を楽しむ事ができました。。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

山小屋通信(7/19)

今日から三連休、本当は昨夜のうちに移動したかったのだが、妻の勘違いで日中の移動となった。
山小屋へ着いたのは、16:00時頃。日も傾きかけだが、延び延びになっていた草刈りを敢行する。
本当は二週前に刈りたかったのだが、雨ではどうにもならないもんなぁ。先週は物置の屋根を仕上げていたし。ただ、この二週間の間に草は生長し、ナイロンコードではかなり厳しい戦闘を強いられる事を予想し、通常弾(丸型)ではなく、撤甲弾(捻り角型)を用いた。
草刈り第一ラウンドは、山小屋敷地内とその周辺であるが、こちらは妻の草取りもあるので、掃討戦みたいなものだが、資材置き場として使わせて頂いているお隣は、日当たりの良い西側は、要塞の如き難敵に成長しており、ここを突破するのに2ソーティを要したが、林の中まで進めばさほどの難敵はいない。ここで時計は18:00時を指していたが、補給を終えて3ソーティ目をこなす。夕方にしてシャツは汗でぐっしょりなんだから、とてもじゃないけど日中なんかにはやりたくない!
戦い終えて、時計をみれば19:00時寸前。慌てて温泉へ向かうのであった。


人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

山小屋通信(7/13)

今日も朝から青空が広がる。でも上空が靄っている感じなので、昼頃には雲が張って来るかな?

今日も物置の屋根仕上げ。北側と棟包の施工だ。単純な形状だった南側と比べ、北側は庇があるぶんだけ、割りつけが面倒なんだよな。基準墨を打ちながら、どうやって納めるかを考えるが、あんまし良い知恵は浮んでこないので、出たとこ勝負ということにする。
準備をして、シングルを張り始めるが、予想以上に葉を茂らせたカエデが邪魔ぁ~~~!
とは言え、邪魔なカエデが日陰を作ってくるので、屋根の上では昨日よりは楽でもあるから、痛し痒しか。

棟まで張り上げて、棟包を最後の体力を振り絞って施工して、物置の屋根が仕上がりました。まだ破風に笠木を付けなきゃならないんだけど、材の準備もしていないのでね。塗装してからじゃないと工事出来ないし、塗装が乾くのに最低でも一日は必要だし。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

山小屋通信(7/12)

ほぼ1ヶ月振りの、晴天日だ。しょぼ降りの雨なら、程度に応じて作業もできるが、半端無い降りばかりだったので、草刈りすら出来ていない。
しかし二日連続で晴天とあれば、まずは物置の屋根を仕上げなくては。

まずはシングルを貼って行く目安となる、基準墨をうつ。水平に12cm毎に打っておくと張りつけ作業は楽だが、下準備だけで日が暮れてしまう。なので私は36cm毎で打った。これは三段目で水平線の狂いを修正する訳だ。
下準備が出来たら、シングル張りの開始。シングルのカットとシングルセメントの塗りつけを行い、屋根の上に運び上げる。ところがここで大きな誤算が。それは私の体力である。年初以来の腰痛で、運動量が減ってしまっているので、暑さもあって息が続かないのだ。まぁ、屋根の上で足が縺れでもしようものなら、大怪我間違い無しなので、休み休みでの作業とするしかないが、今日明日中に仕上がるんか?
なんとか南麺だけを張り終えたのが、16:30時頃。休み休みにしちゃぁ、上出来なペースかな。

しかし、作業中の暑さ・熱さにはまいった。ルーフィングシートに手を付けば、火傷しそうな熱さだし、背中は太陽に焼かれ、屋根からの照り返しで蒸されと、サウナでの我慢比べよりもきつかぁ~!
シングルも、熱でアスファルト分が緩んでいて、不用意に踏みつけると表面の砂が偏ってしまい、黒々と足跡が残ってしまう。山小屋の屋根を張った時も夏だったけど、幸いな事に薄曇りだったのと、棟の向きが南北だったこともあって、こんな現象は起きなかったんだよね。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

山小屋通信(7/6)

Cimg1699ササユリが咲きました。
でも、今日は転義が悪いせいか、項垂れちゃってます。
この株は、昨年から花を咲かせる様になった、自生種です。
昨年は種をつけさせたけど、今年は種の熟成はさせないでおこうかな。

Cimg1706こちrは、開花途中。
昨年は花芽をつけたけど、雨が花芽を折ってしまったので、開花出来なかった。
今日が晴天だったら、開き切っただろうね。
花の匂いを嗅いでみたら、ユリの香りがしましたが、あまり強い匂いではないのね。

Cimg1707シイタケのホダ木。
木口まで菌糸が伸びて来てました。
成型駒菌は、蔓延が早いなぁ。これなら、来春の収穫も夢ではないかも。
ナメコの方も、木口に白い菌糸が見えているけど、それがナメコのものなのか、いまいち自信なし。(笑)

夕方16:00時頃より、それまでじっとりと蒸してたのが、急に風むきが変り湿気が抜けた。
妻に「そろそろ、(降って)来るぞ」と声をかけ片づけを急がせると、20分程で大粒の雨が落ちて来た。
クルマに乗り込んだ途端に、バケツをひっくり返した勢いの雨。

今週は、ササユリの写真を撮るのと、青ケシ花壇の日除け設置で終わっちゃった。まぁ、平年並ならあと二週間程で梅雨明けだから、この雨も”梅雨の末期”を示しているのかな。
でも、来週は振休での三連休だから、晴れて、せめて雨は降らないで欲しいぞ、でないと屋根の仕上げが進まないから。


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

夏空

昨日とは打って変わって、厚空が広がった。日差しもきつくて、暑さに慣れていない身体は、オーバーヒート気味。
しかも業務が忙しくて、脳味噌フル稼働状態なので、夕方にはマジで知恵熱が篭って、惚けかけてたぞ。

今日の気温は今期一番の、30度越えを記録。週明けの予報を見ると、晴れマークがズラッと並んでますな。梅雨明け間近って事ですかねぇ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨空

今日は朝から小雨が降ったり止んだりと、しとしとじめじめ、梅雨らしい不快な天気。

080703141629そんな雨の止み間に見つけた、スズメの親子。
親鳥の周囲にまつわりついてます。雛はまだ、自分で餌の区別がついてない模様。

他にも巣立ち雛に餌を運ぶ、親ツバメなんかも、都心とは言えどちょっとの注意で、見る事が出来るのよね。
こういう身近な生き物に気付かずして、希有壮大な物事は語れないと思う。
(しかし、携帯で写真を撮るのって、結構難しいな)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »