« 山小屋通信(9/13) | トップページ | 山小屋通信(9/15) »

2008年9月14日 (日)

山小屋通信(9/14)

Cimg1714朝、薪棚を確認すると、ご覧の通り。隣に向かって傾いている。
傾いただけで、倒壊しなかったのは幸いで、倒壊してたら隣地の塀に、被害が出ていたかもだ。

とにかく、どう対処するにも薪をどかさなくては埒があかないので、折角積み込んだ薪を二号棚へ積み戻す。
いかし、こういう手戻り仕事ってのは、士気が上がらない事。それでもなんとか、午前中で積み替えを完了。


Cimg1718基礎の状態を詳しくチェックすると、程度の差はあれ四本の基礎全てが、傾いている。それに棚の真下の土が、妙にフカフカしてるではないか。
そこで基礎を掘り起こしてみると、道具を使う事なく簡単に掘り起こせた。そしてもっとも傾きが大きかった基礎がこの状態。
おそらく、シロアリだと思うのだけど、スカスカになってました。でも、これが折れたのは、私が掘り起こそうと力をかけたからで、折れている感触はなかったんだよね。

どうやら、薪棚が倒壊したシナリオは・・・・
1)アカマツの掘っ立て基礎に、シロアリが巣食う。
2)このシロアリを狙って、ミミズさんが大宴会
3)ミミズさんの大宴会に引かれて、モグラ(又はノネズミ)が大車輪で土を耕して、フッカフカ。
4)基礎の支持力が低下して、倒壊

ってなところですかねぇ。ちなみに写真の掘っ立て基礎ですが、シロアリの固体は確認出来ませんでした。この事が「ミミズさんの大宴会」って推理の理由なんですが。
なんにせよ、今の時期に一号棚が倒壊したのは痛いです。この冬用の薪は、積み替えしないと、一番乾いた薪が下敷き状態なので。

人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(9/13) | トップページ | 山小屋通信(9/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/42474450

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(9/14):

« 山小屋通信(9/13) | トップページ | 山小屋通信(9/15) »