« 山小屋通信(9/7) | トップページ | 秋の気配 »

2008年9月 8日 (月)

傍迷惑

という言葉は、盗用多(トヨタ自動車)には存在しないようだ。

昨日・今日の二日間、山小屋の近所にあるドライブインにて、盗用多の連中が貸し切りで、蕎麦打ち体験をしていた。その事に対しては別に文句は無いのであるが、この施設の使い方に大いに文句を言いたい。
それは駐車場でのクルマの停め方。この施設の駐車場は、二列の駐車帯が二本あり、合計四列の駐車帯があるのだけど、この連中が通路に駐車した為に、三列しか駐車出来なくってしまい、収容台数の25%が失われてしまったのである。

売店のお姉さんに、この連中の素性を尋ねた際の会話で、お姉さんは「駐車市の表示が、判り難いからねぇ」と言っていたけど、普段はちゃんと四列の駐車帯が出来ているのであるから、駐車表示を無視して停めたのは、盗用多の連中(この施設の、営業時間前から、占拠していた)に間違いなく、ただの一人も駐車場での誘導も行っていなかったのだ。

普通、一般客も利用する施設(例え、一部の施設を貸し切りにするにしても、駐車場は共用スペースだ)でのイベントであれば、一般客に迷惑を描けないように、入り制限をしたり施設側と協議して占有スペースを確保しつつ、誘導員を配置したりするものだろう。また、この施設の駐車スペースは、国道の対岸にも予備があって、乗用車であればこちらの方が、収容台数は多い(家畜市場の駐車場なので、大型車を収容する為)のである。

私が主催するのであれば、一般の利用客を優先し、自分たちの駐車は予備スペースを使う様にするし、メインを使うにしても駐車スペースの確認をしたうえで、誘導員を配置するよ。そりゃ、施設全体を貸し切りにするなら、好きにして貰って構わないけど、あくまで一部のみの貸し切りなんだからね。

おそらく社風なんだと思うんだけど、本当に「空気が読めない」組織だよなぁって、思うよ。この延長線に昨年の日本GPの惨劇が有る訳で、しかも組織として「嫌われまくっている」事に気付いていないから、今回のような傍若無人な振る舞いも平気で行えるんだろうね。
山小屋のご近所さんに、盗用多OBがいるんだけど、盗用多が富士重工に出資した時に、σ(^^)に「富士重工から学ぶものなんて有るか」って吐かしたから、「一杯あるでしょ。例えばラリー(WRC)でインチキしないで勝てる車両を開発する方法とか、セミトレやトレーリング・アームで、ダブル・ウィッシュボーン以上の路面追従性のサスペンション開発(スープラで採用されたD・ウィッシュボーン・サスは、当時の富士重工で採用されていた、セミ・トレーリング・サス以下の性能しか無かった)とかね」と言ってやったら、むっつりと黙り込んだわな。
この事からも、盗用多の社員は世間知らずって事が別る訳


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(9/7) | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/42412712

この記事へのトラックバック一覧です: 傍迷惑:

« 山小屋通信(9/7) | トップページ | 秋の気配 »