« 富士F1グランプリまで、四日 | トップページ | F1観戦 »

2008年10月 9日 (木)

立ち読み

会社からの帰り道、足の調子が良かったので、ちょっと歩こうと思ってバスを途中下車。んで、「ちょっと」のつもりでBook offに立ち寄ったのだが・・・
ついつい「はじめ一歩」を手に取ったちゃったんだよなぁ。ここで一時間半も立ち読みしちゃった。

ただ、驚いたのが一時間半の間、なんとか腰が保ったのよね。一月ほど前なら二十分が限界だったのに。んで、その後の徒歩帰宅も三十分も、まざ、多少の痛みはあったけど、途中で休憩する事無く完歩。
まぁ、昨日・一昨日とかなり休ませてあるってのもあるけど、腰痛で痛めつけられていた筋肉が、回復してきたって事なのかな。そうだと嬉しいんだけどね。

日曜日のNHKスペシャルが腰痛特集で、山から帰って来て観ていたが、面白かったのは「何時から人類は、腰痛を患う様になったのか」の考証。それによると、人類最古の腰痛の証しと思われる人骨は、古代エジプト時代なのだそうで、腰椎がすり減って変形していた。これは穀物を粉に挽く作業で起こったものと推測されるそうで、どうやら農耕の普及に端を発していると考えられるとの事。
つまり、長時間の「前屈み姿勢」が腰痛を呼ぶものだと言える。さらに現代においては、ストレスも腰痛の大きな原因であるとの説も紹介され、非常に面白かった。また、慢性腰痛を訴える患者の、七割は医学的所見が認められない、所謂「原因不明」なのだそうで、その内のいくらかは心因性腰痛tも紹介されていた。

そして原因不明の慢性腰痛については、歩くことが症状の改善に繋がる可能性が高いそうで、これは現代でも狩猟採取生活を続ける、アフリカのとある部族を例に上げていた。その部族の男たちは、毎日約30kmを歩き・走って刈りをおこなっており、我々が抱えるような慢性的腰痛は経験が無いのだそうだ。
確かに私の腰痛も、歩く事でかなり改善されていた事も経験しているし、今現在抱えている左足の痛みも、存分に身体を動かせないストレスもあるのかなぁって、気もするしな。
そういえば山に居る時は、作業による負荷が大きい事もあるかもしれないが、夕方に感じる痛みは山の方が痛いのだが、あまり尾を引かない痛みなんだよね。ホント、夕方には立っているのもやっとってくらいの痛みも、お風呂にのんびり浸かれば、気にならないレベルまで回復するもんな。

とう事で、今夜も交感神経の緊張を解く為に、大五郎を処方するのであった。\(バキ)

人気ブログランキングへ

|

« 富士F1グランプリまで、四日 | トップページ | F1観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/42730310

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち読み:

« 富士F1グランプリまで、四日 | トップページ | F1観戦 »