« 山小屋通信(10/05) | トップページ | 立ち読み »

2008年10月 6日 (月)

富士F1グランプリまで、四日

昨年、運営の不手際からとんでもない大惨事を起こした、富士F1GPの開催が今週末に迫って来た。先週末には常滑空港に各チームのコンテナが到着したとの報道もあり、鈴鹿での開催時にはサーキットに行かない(いけない)者でも、なんとなく浮き立つ気分に浸れたものだが、昨年と同様にまぁったく盛り上がらないというか、下手したら開催されていた事にすら、気付かないところだった。去年もまったく気付いて無くて、弟から「糞尿祭りだったらしいぞ」ってきいて、WEBで検索して開催を知ったくらいだった。

後存じない方のために概要を説明すると、昨年の9月29・30日に富士スピードウェイにて開催された、2007富士テレビジョン日本GPにおいて、破綻したシャトルバス輸送計画によって、予選(29日)・決勝(30日)の両日において、観客がサーキット敷地内に最大で6時間も軟禁される事態となったが、主催者は一切の有効な対応策をうたずに放置したという事件だ。
で、今年も昨年に破綻している事が証明された、シャトルバスでの観客輸送計画で、開催を強行するそうで、天候も含めて如何様な阿鼻叫喚図が繰り広げられるかを、生暖かく見守っているのである。

さて、富士スピードウェイでの開催がニ回めとなる今年のGPなんだけど、どれくらいの人気なのかはヤフオクをチェックすれば判るが、開催直前のこの時期で、オークション出品件数が262件。出品されている指定席もグランドスタンドのS・A指定席から、自由席までお財布の都合さえつけば、よりどりみどりな状態だ。鈴鹿で開催されてた頃には考えられない状態だなぁ。σ(^^)も何度かチケット確保に奔走した事があるけど、悉く失敗してたもんな。
なのに富士だと、昨年よりも二万枚も入場チケットを減らして、売れ残っているのだから、仕入れたチケット屋さんも可哀想だよね。
昨年はチェックしていなかったんだけど、2ちゃん等の過去ログを分析してみると、一般観戦券に関しては鈴鹿と同様の売れ行きだったらしいが、その後JTB等の大手旅行代理店にから、大量の観戦ツアーが次々と販売されたらしい。どうやら予想を越える売れ行きに、盗用多が関連会社を動員づる為に押さえていたチケットが、市場に回されたようだ。
で、今年はどかっていうと、モータースポーツファンは昨年の惨状を知っているし、来年には鈴鹿で開催されるからと観戦買いひかえで、昨年比2万枚減にも関わらず、大量の売れ残りが発生し、盗用多関連会社に大量動員が掛けられているものと思われ、私が勤める会社にもチケット(盗用多応援グッズ付き)の斡旋が来ていました。

ところで盗用多がF1に参戦する意味って、何なんでしょうね?「ヨーロッパ市場での企業イメージアップ」とかって、参戦利用に挙げてた気がするけど、湯水の如く予算を使って未勝利記録更新驀進中だし、スキャンダルは絶えないし、ホームでのGPでは運営が破綻してるしで、莫大な予算を使って企業イメージを貶めているとしか思えないんですけど。(笑)

富士スピードウェイというサーキットも、その歴史は鈴鹿と並ぶ日本を代表するサーキットの一つなんだけど、今ひとつ請うんに恵まれないサーキットなんだよね。確か開設されたのは鈴鹿より数年早かったはずで、モーターリゼーション勃興期に、土地のオーナーの熱意で誕生し、国内モータースポーツを牽引していった、サーキットで「東の富士、西の鈴鹿」と称されていたが、オーナーが亡くなった為に三菱地所に売却。関東圏からは距離は近いのに、インフラ整備の遅れと、地元小山町との軋轢もあって経営不振が続き、これを盗用多が買いとって改修してF1開催に漕ぎ着けたものの、盗用多お得意のカンバン方式だか知らないけれど、観客をモノ扱いして評判を落とすはめに。なんか書いてて、「素封家の娘に生まれたけど、親の死と共に財産を失い、金持ちと身売り同然の結婚した幸薄い女性」みたいなサーキットだなぁ。しかも再婚相手が傲岸不遜・成り上がりの盗用多ってのが、不幸に追い打ちを掛けてるんぢゃね?
施設というハードウェアが、このような敬意を辿ってるから、必然としてサーキットの運営ノウハウも育たず・定着せずで、どんどんと鈴鹿に水を開けられてしまってんだよね。

や、昔語りはこの辺りにして今年のF1GPだけど、観客の輸送計画は昨年と変らずなので、初っぱなから破綻してます。ただ、チケットの売れ行きから見るに、入場者数の大半は盗用多の動員って可能性が大きいので、一般観戦客(非ツアー客)は昨年よりもかなり少なそう。となるとシャトルバスの最大待ち時間(帰宅時)は4時間程度
ではないかなと予想。しかし四時間待ちをバカにしてはいけない。週間予報では週末に気圧の谷による秋雨前線の活発化が予想されていて、土曜日は関東以西の太平洋岸で雨模様になる見込みが高い。大陸からの高気圧の張出が弱ければ、日曜日にも影響が残る可能性大となるので、昨年同様の光景が再現される事でしょう。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(10/05) | トップページ | 立ち読み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/42710378

この記事へのトラックバック一覧です: 富士F1グランプリまで、四日:

« 山小屋通信(10/05) | トップページ | 立ち読み »