« 山小屋通信(12/21) | トップページ | 山小屋通信(12/23) »

2008年12月22日 (月)

山小屋通信(12/22)

今朝は小雨が篠ついていたが、気温は5度と暖かい朝だ。
レーダーを見ると、午前中は止む気配は無さそう。と言うことで、隣村まで売地物件の探訪に。WEBの記事に記載されていた情報を元に、注意して探っていくものの、その条件に合う場所にはそれらしい物は無し。ただ、往路で真新しい「売地」の看板を見つけたので、念の為に寄ってみると、「カラマツと桧の混交林」「向かいの林の中に別荘」の二点は合致する。しかし旧道跡は無いのだが・・・・
詳しくは別エントリに譲るが、ここが探していた物件だった。

山小屋へ戻る頃には雨も上がったので、予定通りに薪狩りに。林道沿いに伐採された支障木が未回収で残っている。チェンソーとスリングなどをクルマに積んで、出発。残り物になるのはそれなりの訳があって、林道まで引っ張り上げるのが大変とかね。本当は数人で、斜面に下りる人間と上で引っ張り上げる役目と、分業できれば楽なんだけど、単独作業なので上がったり下りたりと、大変。それでも二時間程の作業で、クルマ一杯分が確保できた。一旦、山小屋まで戻って丸太を降ろし、再出撃。丸太を引っ張り上げたところで、予約して置いたパン(てか、ケーキになるのかな?)を取りに行く時間になったので、一時中断。

治部坂にある「峠のパン屋 kitchen stove」へ。今日は平日で来店客も少ないので、雑談等も少々と。帰りに平谷の「まつのや」さんで、ワインを二本仕入れた。
山小屋へ戻り、「kitchen stove」さんで買ったリンゴパイを昼飯替りに齧ったら、薪狩り現場へ。一番の大物は一人では持ち上げるのが精一杯でなので、チェンソーで小切りして、林道まで引っ張り上げた。この二杯めでもって今日の薪狩りは終了。

お風呂へ行く前に、薪ストーブにしこたま薪を突っ込んでおき、熾火を大量に確保しておく。風呂から戻ってダッヂに、鶏骨付腿肉と野菜を放り込んで、薪ストーブにかける。蓋にも炭をおいて加熱する。30分程で美味しそうな匂いが小屋の中に満ちて来た。40分程で一旦、蓋を開けて水気をとばし、上火を追加して皮をパリっと仕上げようとしたが、あまりパリとはならなかった。
ま、過去の失敗から学んで、今回はかなり下火を加減したおかげで、肉も野菜も火加減はベストな状態で仕上がった。あとは皮をパリとさせられれば、言うことはなかったな。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(12/21) | トップページ | 山小屋通信(12/23) »

コメント

こっちは メッチャ寒波~~~です。
雪は 3~40cmくらい積もっているだけだから 大した事はないのですが 昼間でもマイナス 夜はー10度くらいになるという。
でも 昼間マイナス5度くらいにになると 快晴でお日様ピッカピッカ、、、家の中にいると春じゃねえ、、と言いたくなるような気分です。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2008年12月24日 (水) 09時00分

こんばんは、草妻さん

うちの山小屋も、ここへ来てようやく、冷えこんで来ました。23日の朝は氷点下6度です。日中も3度くらいまでしか上がらなかったし、昼頃からは雪が舞っていました。
お天気が良くて、風も無いと外で作業していると、汗をかきますものね。

投稿: 飛魔人 | 2008年12月25日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/43495860

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/22):

« 山小屋通信(12/21) | トップページ | 山小屋通信(12/23) »