« 山小屋通信(12/23) | トップページ | 山小屋通信(12/27) »

2008年12月26日 (金)

土地候補

23日のエントリーで、「探していた物件が見つかった」と書いた。全体の印象としては、概ね七割ほどを満足できる物件なのだが、迷う部分もある。満足な部分は「総額(手持ち至近で賄えそう)」「気候(夏季の日最高気温25度以下)」である。前者は予算という大きなハードルが存在する訳で、これは動かせない条件。後者は妻が育てている「ヒマラヤの青ケシ」にとっての絶対条件。南信州でも最南端の地域でこの条件をクリアするには、標高1000m以上は絶対に外せない。
また、今の山小屋からクルマで20分程度という距離も、お手ごろなのだが。

迷っているのは、まずは「敷地の広さ」。概ね600坪あり、週末山暮らしの拠点としては十分なキャパシティだと思うのだが、最低でも1000坪、できれば2000坪は欲しいと思っている。「のびのび農園」のもとさんとこ並に「5000坪」とも思うが、先に上げた「夏季の日最高気温が25度以下」という条件を満たすには、贅沢も言ってられない。
詳細を確認した訳では無いが全体の印象としては、今の山小屋付近と同程度の緩傾斜地が八割程で、南側に2m程の傾斜地がある程度で、伐採作業などをDIYするにも足場の良さは魅力的だ。
次に気になるのが「幹線国道と接地している」という事。400番台の地方国道とはいえ、観光シーズンの交通量は結構な量になる。「窓からのポイ捨て」は、心理的にマイナス要因だよな。また、国道から視線を遮断する物が無いというのもね。もっとも、この問題は植栽などを工夫すれば良い話しなのだが。
また、妻が育てている「ヒマラヤの青ケシ」は国内では、非常に栽培が難しい植物であり、花色も目立つので、盗掘等の危険性も考慮しなけりゃならない。

ま、老後の生活まで含めての、グランド・デザイン(移住の可能性を含む)を考慮して、夫婦の意見も剃り合わせにゃならんし、冬の夜長を、薪ストーブにあたりながらもう少し考えてみますか。
いくら国道沿いとはいえ、人気の無い山ん中の土地を買おうなんて物好きは、そうそうはイルものでもないしね。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(12/23) | トップページ | 山小屋通信(12/27) »

コメント

土地探し、、難しいもんですよねえ。
うちも 最初に気に入った土地が ちょっとグズグズしてたら他の人がOFFER入れて 即 決まり、、と聞かされた時は ガクッと来ました。
しかし10ヵ月後 今の秘密基地が売りの出て これだッ!!と直感した。
しかし大問題の値段、、これが超超超予算オーバーだった。
しかし 超気に入ってしまったので 寝ては夢 起きてはうつつ幻の、、、で 朝から晩まで土地の事ばかり話してた。
まあ 2人で完全合意して買ったけど 問題克服には数年、いや 今も尾を引いての対策に追われてます。
とことん話合って お2人で完全合意して憂い無く買って下され!!
新しい年が 良き年でありますよう!!

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2008年12月27日 (土) 11時17分

草妻さん、こんばんは

予算は与信さえあれば、借金で賄う方法もあるから、「借金してでも手に入れたい」と、心の琴線をに触れる場所かどうかなんだと思います。
今の土地は50坪と狭いのだけれど、この土地を手に入れた事は、二人とも後悔はしていません。今の土地で過ごした五年があるから、次のステップに行きたい。
そんな思いがあるから、審査基準が高くて。(笑)

投稿: 飛魔人 | 2008年12月28日 (日) 22時45分

 ご紹介に与りどうもです。
売り物を探すのが早いことは間違いないのですが、折角現地に橋頭堡を築いていることから、何とか地元の人のコネクションで紹介等が得られないものですかね。
 私の土地は業者任せではなく自分の足で探した結果、海軍出身の別荘屋さんが開発予定だった土地を回して貰った物。
 なかなかコンタクトが難しいですが、当たればかなり安価で広大な土地が手に入る可能性があります。
もう一つは競売物件。
 どちらも簡単ではないですが、参考には出来ると思います。

投稿: もと | 2008年12月31日 (水) 22時11分

もとさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>売り物を探すのが早いことは間違いないのですが、折角現地に橋頭堡を築いていることから、何とか地元の人のコネクションで紹介等が得られないものですかね。

地元のコネクションも動員してるんですよ、だから”飛びつかない”訳でして。
今の山小屋が無ければ、速攻で飛びついたでしょうが、焦る必要が無いので、「やりたいこと」をきちんと整理して置く必要があっての記事なんです。

もとさんが今の土地を手に入れるまでの敬意は、私の「バイブル」です。”諦めずに自ら探して出会った”事は、十分に伝わってますよ。

投稿: 飛魔人 | 2009年1月 2日 (金) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/43539466

この記事へのトラックバック一覧です: 土地候補:

« 山小屋通信(12/23) | トップページ | 山小屋通信(12/27) »