« 三回忌 | トップページ | 家電製品 »

2009年1月27日 (火)

FSX

夕食土器に妻から、「今日、スバルの営業が来たよ。担当者が代ったんだって。」と聞かされた。んで、その時に新型インプレッサのカタログと、スバルの広報誌を置いていったそうで、夕食後にカタログをパラパラと。

ん~、2LノンターボはDOHCを止めちゃったんか。其のせいかは判らんけど、出力もちょっと下がっているなぁ。コクピット廻りもなんだか、ごちゃごちゃ煩い感じだし。何よりもシルエットがなぁ、レオーネ以来の伝統もいえるウェッジシェイプを感じさせない、もっさりした外観。私がスバル車に求めるイメージはズバリ、「航空機」なのよ。その象徴が”ウェッジシェイプ”なのであって、「レガシィに続いてメタボってどーする!」と思っちゃうわけ。

んで、今度は広報誌の方を捲ってみると、「レガシィ20年の歩み」みたいな特集が載っている。で、歴代のレガシィがイラストで載ってんだけど、みていて悲しくなってきたなぁ。外観で赦せるのは二台目までなんよね。んで、カー・オブ・ザイヤーを獲った四台めは、確かに質感は良かったんだけど、初代レガシィの開発理念である「本質」なんざ、どっかに捨ててきちまった気がしてさ。でもその時にはインプレッサがリリースされていたんで、「まぁ、レガシィもふぁみりぃ向けに、落ち着いてもしゃぁないか」と、無理やり納得させた。
開発者のコメントに、「初代は粗削りな部分もあったけど・・・」って一文があるんだけど、俺の評価は真逆で、「初代こそがレガシィ」なんだよね。人間に例えるなら初代はバリバリのアスリートで、二代目で円熟期に入り、三代目以後はマイホームパパでメタボ一直線。(笑)
ところが、インプレッサはレガシィ以上の速さで、メタボちゃってるじゃぁないの。うちのインプレッサは初代の最終型なんだけど、ウェッジシェイプが小気味良く纏まってるんだよね。今、こういう”スッキリしたデザイン”のクルマって見かけないもんな。どいつもこいつも「ブクブク、モコモコ」しやがってさ。

ここでちょっと話を戻して、夕食の席で妻からの方向では、「調子はどうですか?って訊かれたから、”10万km越えたのに、燃費が伸びちゃって絶好調です”って答えといた」そうで、この事は嘘でもない事実なんだけど、我が家の担当になる新人クンを引率して来た営業氏は、「そうなんですよねぇ、うちのは長持ちするので、なかなか買い替えていただけないんです」みたいな事を言ったそうな。(笑)
まぁ、レオーネもレガシィも、DENSO製のエアコンが壊れなければ手放す理由は無かった訳で、修理しようと整備工場の親父に相談したら、「もう、部品の供給が無い」ってね。さすが盗用多系列のメーカーだけあって、まだ使えるクルマを廃棄せざるを得ない様に誘導するとは、恐れ入りやの鬼子母神だわさ。DENSOタイマーはSONYタイマー以上に、正確に爆発するよ。

人気ブログランキングへ

|

« 三回忌 | トップページ | 家電製品 »

コメント

 フォレスタもそうですね。初代は簡単で質実剛健な感じだった。
私のはモデルチェンジの2代目だけど、今の3代目は全く駄目そう。サッシレスも廃止されたし。
微かにMTだけが残ったけど今のを買い換えるのは微妙です。
それよりも他を当たりそう。

 どのメーカー、どの車種も初代が一番すっきりしていて好きですね。マイナ重ねる毎にボンネットに皺が寄ってきて車がどんどん膨らんでいく、人と同じ進化を遂げているようです。

投稿: もと | 2009年1月29日 (木) 07時09分

こんばんは

オーナーに向かって失礼だとは思うけど、フォレスターはなえぇ、開発思想が盗用多のRAV4と同じですから。RAV4と異なるのはベースが”まとも”だったって事で、「名ばかりの四駆」の汚名を被らずに済んだと。

「初代が一番」てのは、微妙ながらも的を射てるかもですね。レガシィでは進化の袋小路に陥っていたレオーネの呪縛を振りほどいて開発されたのに、その後は進化せずに堕落していった。(笑)「カー・オブ・ザ・イヤー」なんか狙うから堕落するんだ!

投稿: 飛魔人 | 2009年1月30日 (金) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/43878425

この記事へのトラックバック一覧です: FSX:

« 三回忌 | トップページ | 家電製品 »