« 山小屋通信(2/1) | トップページ | 筋肉痛 »

2009年2月 2日 (月)

山小屋通信(2/2)

予報通りに澄み切った青空が広がった。今朝の冷えこみも、-7,5度とこの時期にしては”暖かい”と言えるほどだ。いつもの様に、道の駅へ用足しに行くと、昨年末から改装工事を行っていた道の駅のトイレが、工事を終って利用出来るようになっていた。洋式便器にはヒーター便座が取り付けられていて、寒い冬でも冷たい思いをしなくて済むのは有り難い。身障者用トイレも二基と増設された上に、シャワー便座となっていて、とっても快適仕様に。

さて、今日の作業はっていうか”今日も”なのだが、カンバの薪割り。薪割り楔で半割した玉の木口に、チェンソーで切れ目を入れる。この作業は前屈みでの作業なので、腰への負担が大きく辛い。三つほどを終える毎に休憩を入れてこなしていく。休み休みだが、なんとか半割しておいた分は全て、処理を終えた。
昼食休憩後は、薪割りだ。しかし、ここでも半端では無い手間が掛る。まず、チェンソーで付けた切れ目へ正確に斧を叩き込む。この時点で斧が食われるので、そのまま玉ごと持ち上げて薪割台へ叩き付ける。これを数回繰り返してやっと、割れる。例年通りの寒さなら身体も温まって、良い運動になるのだが、今日は雪解けの春を思わせる好天なので、たちまち大粒の汗が吹き出すのだから、堪らない。四つ程を割ると、握力が無くなって来て、玉を叩き付ける事が出来なくなったので、今日は終わり。
「四つしか割れないのか?」って思われた貴方、普通なら一撃か二撃で割れるものが、四・五回叩き付けてやっと割れるのだから、半割の玉で12~15回は玉をぶら下げた状態で斧を振っているのだから、ナラやクヌギの玉三個分に相当するのだよ。
まぁ、三時を回って日も陰って寒くなって来たので、作業は切り上げてゴミを燃やして撤収。

200902023ところで、今日の昼食は、治部坂高原にある「峠のパン屋Kitchen Stove」さんへ、日替わりスープランチを食べに行った。
今日のスープはポトフ。これにベーコンエッグサンドを合わせたってか、今日はめぼしいパンが売り切れてしまったそうで、アドリブで作ってもらったもの。そしてデザートにはお手製「リンゴの赤ワイン煮」までも。
冬場はどうしてもスキー客で混み合うので、平日じゃないとゆっくりとランチを楽しむのは難しいのが残念。でも、晩秋の紅葉の頃なら、窓際の先で紅葉を楽しみながらのランチも、のんびり出来て良いかも。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(2/1) | トップページ | 筋肉痛 »

コメント

先日はパン屋に来ていただきありがとうございました。
大変な作業の後だったんですね。
私はいつも主人が薪割りをしてる後姿を見ながら
「大変そ~」
と思うだけなのですが、かなりの重労働なんですよね。
何気なくあたっているストーブですが、労働の賜物。
ちょっと感謝しながらあたらなくては…。

投稿: k-stoveさくとも | 2009年2月 5日 (木) 21時28分

さくともさん、コメントありがとうございます。

薪割りは、端から見ると大変そうに見えますが、やってる本人には、そうでも無いんです。
一撃で割れるクリ等は、ストレス解消になりますし、難敵も「どう斧を入れたら、割れるか」って推理を愉しんだり。
そして、弛んだお肉を引き締める、シェイプアップ効果も!

投稿: 飛魔人 | 2009年2月 5日 (木) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/43949275

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(2/2):

» スープランチ♪ [ガーデニングと週末の山小屋暮らし]
今日は風も収まり快晴なので、嬉しいぞ。メコノプシス花壇では、寒冷紗越しに唯一常緑 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 00時20分

« 山小屋通信(2/1) | トップページ | 筋肉痛 »