« 検索フレーズランキング | トップページ | 山小屋通信(2/21) »

2009年2月20日 (金)

寒さが身に凍みるぅ~

暖冬気味に推移しているとはいえ、今週頭からの寒気は、平年並の寒さをつれてきた。先週が暖か過ぎただけに、その寒暖差で、腰痛の後遺症が顔を出し、起床時には左足が痛くて歩けないというか、立つのがやっと。
無理やり出勤しようかとも思ったが、調子が良かった事もあって、整体にいってなかったので会社を休んで、整体に行くことに。
実は寒気の底だった水曜日に、帰りのバスで寝過ごしてしまって、寒風吹きすさぶ中を3km程歩いて帰宅する羽目になったのよね。左足の痛みはそれも原因の一つってな訳で。
一時間の施術で随分と楽になりました。しかし、この痛みはなんとかならんものか。ちょっと筋トレメニューを考えないといけないかな。

昨夜夜半から降り出した雨は、朝方には上がっていたんだけど、昼過ぎに雲が切れて晴れ間が覗きだしたら、北風が強くなって気温も急降下。ライブカムで山小屋直近の国道を確認したら、見事に白くなってますな。まぁ、大した積雪では無いので、直に溶けると思うけど。


人気ブログランキングへ

|

« 検索フレーズランキング | トップページ | 山小屋通信(2/21) »

コメント

ルーリン彗星。
20日から肉眼で見える…とあったので昨日外に出てみたら、雪でした…^^;
3月上旬まででしたよね。
今晩あたりお天気いいかしら?

また、お天気のいい日にチャレンジしてみます!

投稿: さくとも | 2009年2月21日 (土) 08時50分

さくともさん、こんばんは

今日、お店でちょっと説明させて頂きましたが、20日だとルーリン彗星が地平線より姿を現すのが、20:30時頃になります。浪合の集落は谷間に集中しているので、山の稜線の存在を考慮すると、水平線から60度以上の位置(ほぼ、真南の位置)でないと、地形に遮られてしまうんですね。
南東方向に視界が開ける、平谷峠だと20日の23:00時頃に見えたはずです。

お子さんと一緒に観測することを考慮して、「南東に開けている」という条件を仮定すると、24日の22:00時頃が、南東の水平線より仰角45度に達するので、ここから三月一日までが観測し易いと思います。
シミュレーションをしてみると、24日~28日までが20:00時~22:00時(夜更かししない程度)で観測に適した時期になります。
ただ、お天気の方が、週明けから太平洋岸に前線が停滞し、雨勝ちになるのと黄砂の影響で、透明度が落ちるのが辛い所なんですよね。
でもね、「見えるはずの時間に見えなかった」って報告も大切なんです。
天候が回復する3/1は23:00時頃が狙い目でしょう。この頃は「三日月」なので、月が地平に沈んだ頃がチャンスです。

報告例をチェックしてみると、「肉眼でも見えた」って報告が上がってますので、チャレンジしてみて下さい。

投稿: 飛魔人 | 2009年2月23日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/44125328

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さが身に凍みるぅ~:

« 検索フレーズランキング | トップページ | 山小屋通信(2/21) »