« 筋肉痛 | トップページ | 日本を破壊する、売国奴企業 »

2009年2月 4日 (水)

面談

当初の予定では月曜日だったのだが、振替休日だったので今朝一番で。
この不j景気の世の中、弊社も御多分に漏れず、リストラが粛々と進められている訳だが、人事部長との面談の手応えとしては、四月には異動の可能性が70%程度って感じだ。と言うか、昨年の九月から預かりだった人間が、今月から正式配属になったのと、会社が進めているリストラ策の趣旨、そして職場の人員構成からみて、異動h予想の範囲だ。
ただなぁ、可能性は低いんだけど、再度の移籍を示唆する様な事を匂わされた。おひおひ、社長の説明演説ではんな事は言って無かったぞ?後出しジャンケンみたいな真似、するなよな。

ま、今の職場での仕事は、人事部長自らが「こんな仕事」とお吐かしあそばれた仕事なので、その事に触れて「完全にアウトソーシングすべき。性根のすわっていない定年雇用延長者を入れたら、フィールドの迷惑」と、具申して置いた。どんな仕事でもそうだと思うけど、その仕事に従事したり待遇の不満と、日々の業務を遂行する事は別けるべきなんだけど、ロジスティックの重要性を理解していないバカはいらないんだよ。

うちの会社で進められてるリストラで、一番気に入らなのが「余っている人員を営業の前線へ」で、凝り固まっている事だ。これは召集令状で集めた素人を、禄に訓練もせずに前線に送り込んだ、太平洋戦争の愚行と同じ事だと思う。企業における営業(セールス)てのは、軍隊で言えば空挺や海兵の様に、橋頭堡(足がかり)を築くものあと思う。橋頭堡が築かれたらその後は歩兵が進出して、”点”を”面”に変えて行くべきだろう。
弊社の人員構成をみると空挺や海兵ばっかで、歩兵の役目を負った部門が無いんだよね。サービス部門が本来なら歩兵部隊って位置づけなんだだけど(会社の役割期待からしても)、人員規模で営業の1/3規模なんだから、歩兵の役目を果たすのは無理ってもんだ。

うちの会社ってか、グループなんだけど、はっきり言ってHG制(持ち株会社制)に移行してから、どんどんと業績が落ち込んでいるのが笑い事ではないんだけど、笑うしかないのよね。


人気ブログランキングへ

|

« 筋肉痛 | トップページ | 日本を破壊する、売国奴企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/43959016

この記事へのトラックバック一覧です: 面談:

« 筋肉痛 | トップページ | 日本を破壊する、売国奴企業 »