« 山小屋通信(5/23) | トップページ | 左足のその後 »

2009年5月24日 (日)

山小屋通信(5/24)

05:00時頃からポツポツと降り出し、目を覚ました時には、割としっかりした雨模様になっていた。合羽を着れば作業できる程度なので、まずは草刈から始める事にする。ちょっと時期的に早い気もするが、N江さんのところで草の成長が著しいからね。混合ガソリンの在庫が昨日で切れたので、混合ガソリンをいつも通りに1リッターつくる。
ナイロンコードの選択で迷ったが、今の草なら丸コードでよかろうと判断し、必要量を準備する角ツイストと合わせての在庫から後一回分ちょいくらいかなぁ。コードの在庫を使い切ったら、リールタイプのアタッチメントに交換する予定。今使っているタイプは簡易型なので、コードの長さを一本ごとにカットしなけりゃならず、コストパフォーマンスが余りよろしくない。それにコードがちびて来たら、いちいちエンジンを止めてコードを交換しなけりゃならないのも手間だ。

準備が出来たので、まずは山小屋の敷地から。と言っても敷地の中は殆ど、草が生えていないので30分ほどで終了し、N江さんの敷地に取り掛かる。こちらは西洋タンポポがかなり侵入してきており、本当ならタンポポが実をつける前に刈りたかったんだよな。ここは以前、イタドリが多かった場所なんだけど、五年をかけてかなり駆逐できたと思ったら、今度は西洋タンポポが蔓延りだしてきたのだ。在来種としてはオダマキ・ホタルブクロが可憐な花を咲かせるので、これらを刈り飛ばさない様に注意。あと、アカマツの実生株が育ってきている事と、あまり腐葉が無いのでマツタケ林にしてやろうと目論んでいる。(笑)
N江さんのところが終わったら、今度は隣のK藤さん。こちらは資材置き場として使わせて頂く替わりに、手入れをする約束をしてる。ここは小さな子供が自由に遊べる林をイメージして手入れしている場所。うちの山小屋からの借景でもあるので、手入れするにも気合の入りが違う。(笑)
基本的に西側の「タラの木畑」エリアと、中央から東(林道沿い)を「ドングリとクリと落ち葉の林」をイメージしている。で、こちらを草刈していて、嬉しい発見が一つ。このエリアでササユリが三株、見つかっていたのだが更に一株を発見した。この新顔は隣のN口さんの敷地に生えていたのだ。去年までは委細構わず刈り飛ばしていたんだけどなぁ、よくも生き延びてたもんだよ。
午前中で草刈を終えて、午後は昨日に続いて玉切作業。薪割りサイズの玉がだいぶ確保できたのが嬉しいね。これから梅雨に向かうので、機械を使わない薪割りは小雨時の仕事なのよ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(5/23) | トップページ | 左足のその後 »

コメント

草刈すると刈りたての頭のようにすっきりshine
昔、近所のおじいちゃんは「3分刈り」と言われるほどきわぞりの名人がいました!!
そんなに難しいの~?
と意気込んでみましたが、けっこう均一に刈り上げるのは難しいですねぇ~wobbly
刈ったあとの青臭い匂いは、すっきりした景色を眺めているせいか、とてもいい匂いとして鼻の奥に記憶しています。

投稿: さくとも | 2009年5月25日 (月) 22時47分

さくともさん、コメントありがとうございます。

綺麗に刈り上げられた光景は、初夏に良く似合いますね。
今日は手首の辺りが筋肉痛で、鉛筆すら持つのに苦労するわ、腰と背中はパンパンに張って痛いわと、「どこの爺だ」な状態でした。

投稿: 飛魔人 | 2009年5月26日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/45120468

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(5/24):

« 山小屋通信(5/23) | トップページ | 左足のその後 »