« チェンソーアート競技大会IN東栄2009 | トップページ | 山小屋通信(6/6) »

2009年6月 2日 (火)

WXG4

新しいパソコンが届いて、あと10日程でWindowsXPの認証期限を迎える。これまで、過去に使用していたアプリの動作検証等の公試運転を行ってきて、残す試験は漢字変換ソフトの検証だ。

私が愛用してきた漢字変換ソフト(以後IMEと記す)は、エー・アイ・ソフトの「WXG4」。実はこのソフトは、メーカーでもすでにサポートが打ち切られた代物で、今まで使って来たWindows2000ですらサポート外なのよね。なのでXPで使えるかどうかが不明だったので、試験は最後に残した。だって、挙動不審の原因調査で時間が取られ、他のて試験が出来なかったら嫌じゃないですか。
でまぁ、事前に集めた情報でXPでも問題なく稼働するらしいところまでは突き止めたので、帰宅して早速インストール。setup.exeが正常終了しないなんて一幕もあったが、無事にインストールできたようで、最小限の環境設定だけしてこれを書いてます。

いやぁぁ~~~~~、快適快適。”手に馴染んでいる”って事もあるけど、まともに漢字変換してくれるってのが、こんなにもストレス無く入力できるんだぁと、しみじみ・・・・・
Windows付属のMS-IMEもWin98頃までは、WXGの変換エンジンを使っていたそうで、割とまともな変換をしていたけど、その後は退化する一方で、XP付属のMS-IMEなんぞでは、ストレス溜まりまくりだったのよね。
私がパソコンに手を出した頃は、MS-DOS時代のFEPが、次々とWindowsに移植されていた事や、MS-DOS時代からの派閥なんかもあって、、ユーサーが気に入ったIMEを選べたんだけど、今はジャストシステムのATOKくらいしか残ってないもんねぇ。

さて、これで一通りの公試運転が終わるので、来週頭位にHDDのパーティション設定とそれに伴う、Windowsの再インストールを行って、XPの認証だな。


人気ブログランキングへ

|

« チェンソーアート競技大会IN東栄2009 | トップページ | 山小屋通信(6/6) »

コメント

おはようございます~

ソフトが使えることはいいですね~公的な機関もATOKの仕様が少なくなりつつあるようです。女房はATOKの時のほうが便利機能があってよかったと吠えてます~(笑)。メール添付もいまだにATOKソフトで送って来て互換性改善しても開けないし文字化け等の不都合があると、、送った人に一々確認しなければならないと。結局ファクスになると言う。ペパーレスは何処か。。

昨日、大型電気店に行きパソコンコーナーを久しぶり見てきました。意外とまだOSがXPのノート、タワー型パソコンが置いてありました。今度OSセブンが出ると言うのにそんな機運が無いように感じました。

それと小型のノートがアイポットと抱き合わせで売られており価格も意外と安かった。しかし、小型ノートゆえに画面が老人の私にとっては見にくい。
まぁ~全般的に昔と比べて安くなったのはプリンターでしたが、、、インクが非常に高いのが欠点。この点がメーカーのみそだな、、(笑)

投稿: GYO | 2009年6月 4日 (木) 07時51分

ぜんぜん関係ありませんが…
ペンタブレット来ましたよ~♪
いま、いろいろインストール中で~すhappy01

投稿: さくとも | 2009年6月 4日 (木) 10時26分

GYOさん、コメントありがとうございます。

普通は新しい製品の方が、性能や使い易さが良くなるものですが、MSの製品は必ずしもそうではありませんからね。
Xpにしても、やっと企業ユーザーに受け入れられたところですから、エンドユーザにしても「会社で使い慣れてる」Xpの需要は高いと思います。

プリンターはね、コピー機もそうなんだけど、インクやトナーといった、代替の効かない消耗品で儲けるものなんです。そのビジネスモデルを確立さたのが、私の勤務先だったりして。(笑)

投稿: 飛魔人 | 2009年6月 6日 (土) 00時28分

さくともさん、コメントありがとうございます。

寝不足にならんように、きをつけてね。
「手書き入力」は癖になる魅力を秘めていますから。

投稿: 飛魔人 | 2009年6月 6日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/45217613

この記事へのトラックバック一覧です: WXG4:

« チェンソーアート競技大会IN東栄2009 | トップページ | 山小屋通信(6/6) »