« 山小屋通信(7/20) | トップページ | ターンベルト »

2009年7月22日 (水)

雲に泣く・・・・

日本国内で観測できる皆既日食としては、46年振りと言う事でそこそこ盛り上がったものの、肝心の当日に梅雨空が戻った所為で、悔し涙を飲んだ人も多かったのかもしれない。
かくいう私も、仕事をしながら気も漫ろって奴で、外の様子が気になって仕方がなかった。でまぁ、トイレに行く振りをして窓から見上げて、偶々の雲の切れ間から、欠けた太陽をなんとか一瞬だけ見る事が出来た。
しかし、当地名古屋でも食分が0.9近くあっただけに、食の最大を迎える11:00頃からは相当に外が暗くなっていたから、皆既帯にいれば「月夜のような」様子になったであろう事は容易に想像がつく。

しかしながら、会社では誰も話題にしないので、「世間の認知はその程度」と思っていたが、喫煙室の窓から通の歩道を見渡すと、偶に空を見上げる人が居たりして、そうすると道行く人も「何事?」って感じで見上げて、日食が始まっている事に気付くようで、あちこちに数人ずつの塊で空を見上げていたね。
ちなみに妻は、今日になって泥縄で「ピンホール投影機」を作って、日食に臨んだらしいのだが、曇り空であった為に早々に諦めて、ソファに寝転がってテレビ中継を観ていたらしい。根性無しめ。(笑)


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(7/20) | トップページ | ターンベルト »

コメント

いやいや、諦めずにTV中継とベランダを行ったり来たりしてましたよ!
ピンホール投影機ではかすかに太陽が欠けてきたのが見えたしね。

投稿: よしこ | 2009年7月23日 (木) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/45713268

この記事へのトラックバック一覧です: 雲に泣く・・・・:

« 山小屋通信(7/20) | トップページ | ターンベルト »