« 体調、悪いぃ~~ | トップページ | 山小屋通信(7/10) »

2009年7月 9日 (木)

ハスク333の、カービング仕様化

チェンソーカービングをする訳では無いけれど、丸太を加工して工作物を作るには、あるとなにかと便利なのが「カービングバー」と呼ばれる、バーの先端が細く絞られた形状のガイドバー。ただし、このバーを使うには、ソーチェンのピッチを1/4インチ・ピッチのものにする必要があり、そのためソーチェンのドライブスプロケットも合わせて交換する必要がある。
ところがこの1/4ピッチ用のドライブスプロケットの入手が、なかなか思うに任せないのだ。と言うのも、1/4ピッチソーチェンは、小排気量チェンソー向けだった様なのだが、最近では新しいカッターが開発された事や、キックバック対策を施し易い事から、小排気量チェンソーは3/8ピッチに移行してしまっているし、「パーツとして供給されていても、カタログ上では判別がつかない」状態でもある。

今回、たまたまであるが、ハスクの各機種パーツリストをWEB上で公開して下さっているサイトを見つけ、パールリスト上では、ハスク333・336・339Xpのドライブスプロケットが共通で有る事が確認できたので、「北九チェンソー」さんに確認したところ、「スパースプロケットだけでなく、リムスプロケットも333に取り付け可能」と回答いただく事が出来た。
さて、こうなると欲が出て来るもので、「リムスプロケットを選択すれば、339Xpと使いまわし出来るんぢゃね?」という考えが頭をもたげてくるんだな。
実際には「リムの交換だけで、3種類のチェンピッチに対応できる」と言っても、実際にはクラッチを外さないとリムの交換は出来ない訳で、実際にはさほど運用の柔軟性が確保できる訳では無い。それでも「いざとなれば」という安心感(パーツの融通が利く)はメリットだよなぁ。

今回、ドライブスプロケットの情報を求めて、ネットの海を彷徨って感じたのが、チェンソーカービングも黎明期を過ぎて普及期に入った所為か、ハードウェアであるチェンソー及び関連パーツに関する情報を公開するところが減ったなぁっと。あっても既に陳腐化してしまっていたりするしね。
もちろん、私自身がカービングをやりたいというのであれば、手近なコミュニティに所属すればこの程度の情報は、た易く入手できただろうけど、カービングがしたいのでは無く「道具」としてカービングバーが使いたいだけなので、コミュニティに近づくのは心理的な抵抗が強いのよね。

話しは変るけど、上で紹介した「北九チェンソー」さん、チェンソーや刈り払機等、農林産業機械の修理を通しての”使用上のノウハウ”を公開してくれてます。質問に対する対応の”濃さ”では「東京パイオニア」さんも素晴らしいんだけど、北九チェンソーさんはブログで公開されているので、アーカイブとて活用できるので便利。でも読み解くと結局は、”「良い燃料」を使い「掃除と目立て」を欠かすな”に尽きるって事。私もチェンソーを購入した専門店の親父から「燃料タンクが空になったら、掃除と目立てをしろ」を守って来ている(最近はもうちょっと頻度は高い)んだけど、トラブルは無いもんね。


人気ブログランキングへ


|

« 体調、悪いぃ~~ | トップページ | 山小屋通信(7/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/45587058

この記事へのトラックバック一覧です: ハスク333の、カービング仕様化:

« 体調、悪いぃ~~ | トップページ | 山小屋通信(7/10) »