« 山小屋通信(8/29) | トップページ | 山小屋通信(8/30) »

2009年8月29日 (土)

作戦発動フタヒトマルマル

買出しから戻って、まったりとしていたら、お隣のN口さんからお声がかかった。
なんでも、玄関側の妻壁にスズメバチが、営巣を開始したらしい。

Cimg1992_2
棟木の左側に、小さな巣があるのが判るでしょうか。
屋根垂木の太さから、直径は10cm程度かな。働きバチの数から見ても、営巣開始から一ヶ月程度ってところか。
この程度なら、素人でも駆除はさほど難しくない。玄関デッキに余裕があるので、梯子から飛び降りても、怪我する可能性も低いしね。
ジェットタイプの殺虫剤が手元になかったんだけど、クライアントが準備してくれたので、スズメバチの活性が落ちるタイミングを検討する。気温が20度を割り込めば良いのだけれど、今日はそのタイミングが夜半を回りそうな予感。ただ、スズメバチは夜間視力が悪いのか、気温が高くても活性が落ちるのよね。夕方の観察結果から、作戦実行は21:00時に決定する。

夕飯を食べ終わったところで、約束の時間。まずはN口さんに屋内の電気を消して貰う。梯子をかけて暫くは敵の様子を観察。特に興奮して飛び回る様な事もなく、巣のまわりは静かなものだ。
ここで妻に「探照灯、照射始め!」の合図を送る。夜間殲滅戦を行う場合、もっとも気をつけなくてはいけないのは、フォワード担当を可能な限り身軽な状態にする事と、足場の周辺を片付けておく事だ。その為、フォワードをバックアップする照射係は必須。
巣が探照灯に照らされたら、もう一度敵の様子を観察し、活性が十分に落ちているかを確認。今回は探照灯(ただのフラッシュライト)照射を行っても、寝静まっているかの如きだ。作戦実行を躊躇うと要素は、何処にも無い!

ジェット型殺虫剤を片手に梯子を駆け上がり、巣まで肉薄(およそ1m)した後「波動砲、発射!」
通常の殺虫剤よりも噴霧範囲が絞られたエアロゾルが、巣を濃密に包み込む。二三匹が巣からの脱出に成功いたみたいだが、薬剤は十分な量を被っているから撃墜は確実だが、苦し紛れに飛び回っている奴と、出会い頭の衝突も有る訳で、これは要注意。更にだめ押しで第二撃を見舞ったところで撤収。
暫く観察して、飛び回っている奴がいない事を確認して、作戦終了。

Cimg2000翌朝に戦果確認をしたところ、八匹は確実に撃破。
これはその中の一匹。後ピンなので判りづらいが、単眼周辺の色が黒いのと、胸部の小楯板(しょうじゅんばん)の色が黄色い事から、キイロスズメバチですな。

ところで最近になって、今回使用したジェットタイプの殺虫剤が売られていて、これはこれで便利なんだけど、使い方を間違えると逆襲されるので注意が必要だ。
と言うのも、射程距離が数mを謡っているんだけど、これは「無風の室内」での性能で、屋外で使用する場合には、どんなに無風と感じられても実際には風が吹いている。これがエアロゾルタイプには非常に影響を与える訳で、頬に微風を感じる場合では、目標から2m離れると弾着修正を強いられる事になる。
この事は、ハチの活性が高い日中では、討ち漏らしが出る事を意味し、ハチの反撃を受けるリスクが高くなると言うことだ。
ジェットタイプの射程距離表示を嘘とまでは言わない(注意事項として小さく表示あるし)が、夢々カタログデータを信じ込まない様に。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(8/29) | トップページ | 山小屋通信(8/30) »

コメント

 我が家も今夏は2グループ殲滅しました。
パイプガレージの中なんだけど昼は駄目ですね。
出掛けてるのが居るし、タップリと掛けたつもりでも落ちるのは2匹くらい。後は元気に跳び回りますから近付けない。
 その点、夜は団子になって寝ているから一吹きでほぼ全滅です。しかし、結果的に撃ち漏らしたのか、隣のパイプガレージにも営巣を始めたから、そこにも夜襲を掛けてついには全滅させました。
でも巣が玉になるとこの手も使えないですね。

投稿: もと | 2009年9月 2日 (水) 06時56分

もとさん、コメントありがとうございます。

殲滅したハチグループ、もしかしたら同じ集団かもしれないですよ。
キイロスズメバチは、最初に営巣した空間が手狭になると、引っ越しをする習性があるそうです。
引っ越し中は新しい巣には働きバチのみで、女王は旧い巣に居るので、何度でもやってくるそうです。

巣が大きくなると、専用の薬剤噴射機が無いと、殲滅させるのは難しいですね。

投稿: 飛魔人 | 2009年9月 4日 (金) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/46061962

この記事へのトラックバック一覧です: 作戦発動フタヒトマルマル:

« 山小屋通信(8/29) | トップページ | 山小屋通信(8/30) »