« 山小屋通信(9/12) | トップページ | パソコンの復旧進度 »

2009年9月13日 (日)

山小屋通信(9/13)

昨夜は灯油ストーブを付けたまま寝たのだが、朝になってもまだついていた。灯油残量が”赤”表示だったので、使い切ろうと思ったのだが、あてが外れたじゃないか。
今朝は予想通りというか予報通りというか奇麗に晴れ渡ったが、北風が強くて冷たい。Tシャツ一枚では肌寒さを感じるほど。

いつもの様に、「道の駅」でトイレを済まして戻り、作業準備をしていたら、お隣のN口さんからお声が掛った。なんでも先々週に夜襲を掛けたキイロスズメバチの巣が復活しているとの事。N口さんところへ行ってみると、棟木を挟んだ反対側に新たな巣が出来ており、しkも球状にまで育っている。サイズ的にはソフトボールを一回り大きくした程度なんだけど、こりゃぁ「引っ越し」だったかぁ。こうなると旧い巣を見つけてそちらを叩かないと、何度でも巣を作るのでいたちごっこに成りかねんので、ハチトラップを仕掛けて、働きバチを地道に削って行く事にした。
Cimg2013こちらが仕掛けた、ハチトラップ。
2Lのペットボトルに、カッターナイフでハチの入り口を開け、中に誘因液を入れるだけ。
誘因液の作り方はいろいろとレシピがあるけど、柑橘系の香りがすればそれなりに効果を発揮するようで、今回は手元にあった、芋焼酎+レモンウォーター+みりんをブレンド。こんな有り合わせもんでも、夕方までに二匹がかかってました。

ハチ騒動に手間を食われたが、気を取り直してガーデンシェッド2の工事にかかる。まず左右の柱をつなぐ梁を取り付けるのだが、これは大した手間じゃないので「サクッ」と終らせて、前面の屋根を支える壁にとりかかる。
今回は屋根を勾配三寸の片流れとするので、奥行き750mmだから壁の高さは250mm。スタッドは端材から切り出し上枠は垂木を流用と、かなりの手抜き。まぁ、仮組してみたら強度は足りているようなので。
壁枠を乗っけて固定したところで、キッチンストーブへ行く時間になったので、作業中断。まぁ、休憩ですな。
戻ってからは屋根垂木を取り付ける。薪棚と大差無い大きさなので、これもあっさりと終了。時間が中途半端なのと、材料の拾い出しの為に、棚位置の確認と構造を検討してみた。今回は薪棚よりはシビアに雨仕舞を考えなくてはいけないので、三方を壁で囲う必要があるのと、予算節約で構造材を少々ケチっているので、棚を支える柱が少ないという制限があるから、壁を張る前に最低でも棚を受けを施工しておかないといけない。あ~でも無いこ~でも無いと頭を捻り、思いついたアイデアを簡単なスケッチにして検討して方針を決定したが、資材が足らないので今日はこれ以上の作業は出来ない事が判明。ま、これは予定の範疇なんだけどね。
Cimg2006骨組みを終った、ガーデンシェッド2。
壁は杉板の鎧張りで、屋根は検討の結果ポリカの波板です。当初の案から高さを変更(材が勿体ないので、高くした)事で、屋根形状は片流れに決定。その為、「屋根の仕上げが見えるでなし」と、シングル張り案が消えたのでした。高さが1200mmくらいなら、妻屋根にしてシングル仕上げも考えたんですけどねぇ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(9/12) | トップページ | パソコンの復旧進度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/46214963

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(9/13):

« 山小屋通信(9/12) | トップページ | パソコンの復旧進度 »