« 山小屋通信(10/17) | トップページ | 今年のキノコ »

2009年10月18日 (日)

山小屋通信(10/18)

昨日とうって変わって、青空が広がる。周囲の木々も随分と色付いて来て、秋の深まりを感じさせる様になってきた。
昨日に引き続き、薪狩りに行きたいところだが、考えてみれば田畑の仕事が一段落した頃合いなので、山仕事に入る時期なんだよな。昨日も丸太を積み込んでいる時に、村人のクルマとすれ違った時に、チョットだけ不審がられた気配が漂ったが、作業着に軽トラという”田舎の標準仕様”な格好だったので、誰何される事無く切り抜けられたのだが。
なので昨日の残りの薪割りと、昨日回収した丸太の玉切りを片付ける事にする。薪割りは昨日同様に二時間程で全て片付けて、昼前に玉切り作業に。作業後にメタテモしておいたので、今日も切れ味良くサクサクと切って行く。しかし、丸太を運ぶのが大変で、Φ200位になると抱えるだけでも一苦労なんだよね。

昼食を終えていつもの様に、治部坂のパン屋さんへ。治部坂も紅葉が進んで来ていて、来週中頃が見ごろかなぁ。妻が写真を撮りにいってる間に、休憩しに外へ出て来たパン屋のご主人とばったり、紅葉談義で時間を潰す。(笑)
妻ま予約したアンパンが焼き上がるまで、暫く時間が掛るとの事で、コーヒーを注文しておしゃべり。

山小屋へ戻り、玉切りの残りを片付けたら1500時過ぎ。チェンソーの整備を行い、撤収作業に入る。薪の方はあとキューシキ一杯分くらい回収できれば、弐号棚が満杯になりそうなので、そろそろ三号棚を片付けた方が良いかもな。今作っている薪は来年分なので、三号棚にまで積み込む様になれば、ほぼ理想的な薪サイクルになってくる。
薪用の丸太に関しては最近、無理してに集めるよりも購入する事も考えている。山小屋での消費量からすると、軽トラ二杯分程もあれば一冬を過ごせる訳で、一杯で二諭吉程度なら購入する事で、山里の経済と山林の手入れに僅かながら、貢献できるのではと最近では考えている。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(10/17) | トップページ | 今年のキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/46531876

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(10/18):

« 山小屋通信(10/17) | トップページ | 今年のキノコ »