« 山小屋通信(10/25) | トップページ | 発熱 »

2009年10月26日 (月)

ナメコ

Cimg2059三連休にちょこっとだけ収穫できただけで、その後は降雨が無くて顔を出さなかったナメコが、漸く出て来た。
しかし仮伏せで放置してあるホダの方が、発生が良いってそういう事やねん。この写真は土曜日の昼過ぎに撮影したもので、この裏にも当然の事ながら押し合いへし合いで出ています。この時点で本伏せした方はちょろちょろとしか、発生してないんでやんの。ま、保湿用にと掛けておいた落ち葉もカラカラに乾いていたから、無理もないかなぁ。
もっとも、雨が少ないおかげで、ナメコの成長がゆっくりな為、傘が開く寸前で収穫てきたのはラッキーかもね。ナメコは傘が開いても風味が落ちないけれど、コリコリとした食感を愉しむには傘が開く前の方が良い。

本伏せした方はというと、土曜日の夜に降った雨のおかげで、日曜日の夕方までになんとか、収穫可能なサイズまで成長してました。収穫は迷ったんだけど、月曜には雨の予報だし、その後はまたカラカラ天気っぽいので、思い切って収穫。
シイタケは芽切って来たのが五つ程。二つばかりが今日の雨で傘が開いたんじゃないかなぁ。シイタケはナメコみたいに簡単には行かないです、ここの気候では。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(10/25) | トップページ | 発熱 »

コメント

飛魔人大明神 いつも御加護ありがとう!!
すごいナメコですねえ。
基地の沢に置いたOAKの木のナメコ、一回収穫出来ただけです、、、(泣)
もう10年にもなるから 期待はしてませんが 前回も一応ご挨拶に行っては来ましたが、、、
、、、で 何の木に植菌されてるんですか?
それと木の周りのテープは何?何のため?

島の原生林にはシャントレル(、、、多分アンズ茸)が生えています。
イタリアだかでは人気の茸だそうです。
干した方が香りが良いです。
もどして 海老や貝と細めのパスタ、、、けっこう行けます。
、、次回は壁張りが待ってるので ゆっくり酒宴が出来るかどうか、、、、です。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2009年10月27日 (火) 23時41分

草妻さん、こんばんは

写真のホダは、仮伏せで放置状態なんですよ。このホダは「短木断面接種」と言って、丸太の木口に埴菌する遣り方で、菌を植えています。
木口に塗っただけでは、菌床が干からびたりして具合が悪いので、丸太二個を一組にして木口に埴菌し、丸太が離れない様に、ガムテープで固定してあるんです。
つまり、管理不行き届きの見本って事です。(苦笑)
ナメコの原木ですが、写真のものはヤマハンノキを使っています。が、ナメコは原木を選ばない(杉・桧でも栽培できる)ので、樹種には余り気を遣ってませんよ。

投稿: 飛魔人 | 2009年10月27日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/46592855

この記事へのトラックバック一覧です: ナメコ:

« 山小屋通信(10/25) | トップページ | 発熱 »