« 山小屋通信(12/19) | トップページ | 国道153号線 根羽村高橋(序) »

2009年12月20日 (日)

山小屋通信(12/20)

この秋に今の職場に異動になってから、一週間の疲れが抜けていないせいか、山小屋での目覚めが悪い。今日は特に遅くて寝床を這い出したのは10:00時寸前。身仕度を整えて道の駅に行くが、雪の所為か温泉が休業の所為か、駐車場はガラ~ンとして寂しい限り。

山小屋へ戻り、除雪作業を開始する。庭のライフラインは妻に任せて、私は林道の除雪。これは何もボランティアではなく、除雪車対策なのだ。今朝の積雪程度であれば、まっとうな冬支度させしていれば、2WDでもスタックする事無く上がってこれるのだが、現在の倍の積雪になると盗用多のなんちゃって4WDなぞは上がれなくなりスタック続出となり、除雪車が出動してくる事になる。そうすると路肩に氷りの壁が築かれてしまって金属スコップで切り崩す羽目に陥るのだ。そこでこの”氷の壁”を少しでも小さくする方法はというと、「向こう三軒両隣」の除雪をやっておくと言うことになる。更に除雪車のオペレーターに「雪捨て場」を示唆する事も重要になってくる。午前中は除雪作業で終了。

午後は「kitchen stove」へパンを買いに行ったあと、薪狩りの偵察に出かける。先週に見つけた風倒木まで行けるかどうかだが、吹き溜りになり易い場所も難なく通過できたので一安心。次に国道沿いの伐採現場も偵察してみると、積雪はさほどでも無い事が判明、こちらもいけそうだ。

山小屋へ戻りゴミ燃しを始めると、それまではチラチラだった雪が、はっきりと降り出したので本日の撤収をコール。「天皇誕生日」が水曜でなければ、有給を絡めて三泊出来るんだけどな。いや”りぞぉともぉど”なら二泊でするだけでも十分な余裕だよ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(12/19) | トップページ | 国道153号線 根羽村高橋(序) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47083064

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/20):

« 山小屋通信(12/19) | トップページ | 国道153号線 根羽村高橋(序) »