« 山小屋通信(12/5) | トップページ | 記憶の中の道 »

2009年12月 7日 (月)

山小屋通信(12/6)

快晴とはいかないものの、雨の心配は無い。しかし北風が冷たいなぁ。

今日の作業は、ガーデンシェッドのトイレドアの付け直し。照明のスィッチの配置から決定したドアの開き方向だが、雨の日の使い勝手が悪いんだよね。
まずはドアを外してドアノブ等を外し、鏡板代りの合板を外す。合板と框を入れ換えてビス止め。この時、先日届いた新品バッテリーで作業したが、回転力は全く衰えない。ストレスを感じる事無く作業が進む。
ドアノブを取り付ける段になって、ノブのシャフトとラッチが噛み合わない。合板の位置を入れ換えた事で、ラッチ位置がズレた為だ。う~ん、どうやってリカバリしようか。とりあえず木工ドリルをストレートビット代りに見立てて、ラッチ穴を削ってみたがこれは効果無し。暫く悩んだ末にジグソーで切り込みを入れて、鑿でこ削ぎ落としてみたら、これが巧くいった。ドアを組み立てて吊り込みしたら、下側がドア枠と擦れてスムーズに開閉出来ない。と、些細ではあるがトラブル(っちゅうよりトラップだな、こりゃ)が続く。

ここでお昼時でもあるし、妻の命令でパンを買いに行かなきゃならんしで、昼食休憩。昨夜の鍋に生ラーメンをいれて「キムチ味キノコラーメン」にしたのだが、これが大失敗。買って来たラーメンが不味いのなんの。速攻で麺を鍋から駆逐し、冷凍ご飯を解凍しておじやに仕立て直しましたがな。

パンの買い出しから戻り、ドアの手直し開始。框枠には余裕があるので、下端を切り落とせば良いのだが、鋸刃が届かん。いろいろと斟酌するが「え~い、やっちまえ」と切ってみると、「切る」ちうより「削る」だね。これなら電動カンナの方が早い。下端を合板に合わせて削ったところ、スムーズに開閉できるようになった。
残り時間が中途半端だが、先週も中途仕事があったので、丸太を玉切り。キューシキの荷台に積みっぱなしだった四本を玉切りして、チェンソーのメンテナンス。最近、老眼が進んで目立てがし辛い。ヤスリ掛け自体は問題無いのだが、その結果を確認する時に見え辛いのよね。虫眼鏡が必要かなぁ・・・・


人気ブログランキングへ


|

« 山小屋通信(12/5) | トップページ | 記憶の中の道 »

コメント

いつも いつも お世話になりま~~す。
奥方から タダ働きさせられてるんじゃないの~~っと苦情が出るのを心配してます、、、

明日から 基地へ行ってきます。
かなり冷え込んでるので どうせ 大した仕事は出来ないと思いますが 少しは頑張って一部屋でも快適にして友人が来ても大丈夫なようにしたいです。
いつか 飛魔人御夫妻来て下されや~~!!
寒い時は アサリの味噌汁などいかがでござろう?

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2009年12月 7日 (月) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/46955660

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/6):

« 山小屋通信(12/5) | トップページ | 記憶の中の道 »