« ジルバとワルツ | トップページ | 山小屋通信(1/3) »

2010年1月 2日 (土)

山小屋通信(1/2)

晴れ予報に対して曇り空なうえ、雪降ってるし。ただ、雲間から青空が見えるし、日差しもある。
まずはクルマの除雪から。ざっと雪を落としウィンドウの雪&氷を掻き落とす。
Cimg2109
第三工区から第一・第二工区を見下ろすの図。
軽トラ(キューシキ)までが第三工区で、キューシキから零式(インプレッサ)までが第一工区、零式から先が第二工区。
この区間を人力除雪するには訳が有る。それは機械での除雪を拒否したいから
正直、この区間を人力で除雪するのは、骨が折れる作業なんだけど、除雪車が入ると圧雪&氷りの壁が出来ちゃうんだよね。これははっきりいうけど我々にとっては歓迎しからざる事態で、除雪なんか入らない方がよいんだけど。
ただ、周辺が別荘地化してしまい、除雪を希望する声が増えているのも事実で、でもね、「一切の除雪装備を保たず」で、道路の除雪をせいって、個人的に潔く無い感じがするわけよ。他にも「除雪なんていらない」という主張が、口先だけのものでは無い事を、周囲に見せつけておかないと、単に除雪費を払うのが惜しいだけのケチと言わせない為にもなんだけどね。
林道を終えたら次は庭の除雪。妻が使ってる道具ほど小回りが効かないので、苦闘を強いられて午前一杯掛かってしまった。

午後になって「福寿の泉」まで水の調達に行き、その足で薪狩りの下見。平谷湖奥まで行ってみるが、まぁどこもかしこも雪に埋もれていて、成果無しの空振りに終る。
小屋に戻り、やる事が無いので玉切り。春にシイタケの菌を打つホダ用原木も、合わせて寸法を詰めておく。大晦日に回収できたヤマハンノキはキューシキの荷台から降ろすだけ。だって雪塗れってか氷りついてんだもん。氷が溶けるまでは放置だな。(笑)


人気ブログランキング

|

« ジルバとワルツ | トップページ | 山小屋通信(1/3) »

コメント

お庭の除雪、お疲れさま&どうもありがとう~。
んじゃ、明日パンの引き取りお願いしますね。

投稿: よしこ | 2010年1月 2日 (土) 22時29分

明けまして おめでとうございます。
今年も どうぞ よろしく!!
いつも困った時の飛魔人大明神、、
今年も こりずに ご加護の程を!!

こちらは雨、まあ、山の上は雪でしょうから オリンピックに向けての貯雪~~!!

年末からウオシュレット前のドアに挑戦、、、
自然光を取り入れたい=Lamiガラスなるものをはめ込みたい、、と。
既製のドアの真ん中をくり抜きガラスを、、、と考えたけど あまりのチャチな材料に戸惑ってます。
バスルーム用だけに ベニヤ板ならともかく紙みたいな材料のドアで耐えうるかどうか?
ベニア板使用の古いのがあるのだが サイズが特別なのでドアの端&下を切らなければダメ。
切っても 端の材料を使うのに糊付けされたベニヤがきれいに剥せるかどうか?
悩んですでに数日、、
今日辺りから実働に入ってもらいたい~~!!

よしこさ~~ん、
今年も お互いに 頑張って 連れ合いのお尻叩きましょうね!!

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2010年1月 3日 (日) 02時31分

草妻さん、こんばんは

おそらくフラッシュ構造(木枠に化粧板を圧着した構造)のドアだと思います。
このタイプのドアは、ドア自体の重量を減らせるのと、量産し易いので内装ドアとして良く用いられます。
ただ、完成品の状態で強度や剛性を担保しているので、改造する(明り取りを設ける)のは得策とは言えません。明り取りを組み込むにしても、ガラスを嵌め込む枠の追加が必要ですし、中空部分を開口してそこへ枠を組み込むことになりますから、手間がかりすぎます。
私なら当面の用が足せるなら、そのまま(開口に合わせてのカットは必要にしても)流用して、自作したドアと交換します。

あと「紙みたいなべニア」って、MDFの事だと思いますが、これは湿気に弱いので皮膜をつくる塗装をする必要があります。

投稿: 飛魔人 | 2010年1月 6日 (水) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47187624

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/2):

« ジルバとワルツ | トップページ | 山小屋通信(1/3) »