« 山小屋通信(1/1) | トップページ | 山小屋通信(1/2) »

2010年1月 2日 (土)

ジルバとワルツ

と言ってもダンスの話じゃない。
いつ頃だったか覚えは無いが、80年代だったかとあるタイヤメーカーのコピーに、「クルマでジルバが踊れるかい」ってのがあった。テレビやラジオではこの台詞を若山源蔵氏が当てていた。

ジルバはステップが激しく、更に女性がクルクルとターンすることから、そんなダンスにも似たワインディングロードを駆け抜ける足元を支えるタイヤと、メーカーとしては表現したかったのであろう。
対してワルツはゆっくりとしたリズムで、大河が流れるようなダンスだ。このワルツを使ったCMはいすゞのジェミニがある。二台のジェミニが付かず離れず、最後に二台揃ってスピンターンで決める。

なんでこんな事を書きだしたかと言うと、雪道の運転でね、「クルマの挙動は激しくても、ドライバーの意思の通り」な時はジルバで、「為す術もなく」滑ってくのがワルツに近いかなぁっと、昼間にスピンした時に脳裏をよぎったから。

ま、スピンしたのは駐車場だったし、私以外のクルマも人居なかったから、どって事なかったんだけど、自分の意思から外れた動きにワルツを感じたんだなぁ。


人気ブログランキング

|

« 山小屋通信(1/1) | トップページ | 山小屋通信(1/2) »

コメント

あけましておめでとうございます!

新年早々ドッキリでしたね。
私も踊ったことありますよ。

お互い気をつけましょうね・・って十分気をつけているんですけどね!

今年もよろしくお願いしま~す。

投稿: まつのやあきこ | 2010年1月 2日 (土) 12時22分

あっこさん、こんばんは
コメント、遅くなってごめんなさい。

ワルツを踊れる位に、腕を上げたいんですけどね。ただ、そこに至るまでの投資(クルマ修理代)を考えると、ジルバ止まりです。(苦笑)
ま、「踊っちゃった」にならん様には気をつけています。

投稿: 飛魔人 | 2010年1月 6日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47180965

この記事へのトラックバック一覧です: ジルバとワルツ:

« 山小屋通信(1/1) | トップページ | 山小屋通信(1/2) »