« 「モノ作り」の原点 | トップページ | 久し振りの残業 »

2010年2月16日 (火)

”着崩してますけど、なにか?”

バンクーバー五輪も競技が始まって、その結果に一喜一憂しちゃってる今日この頃。
スノーボードの国母選手の出国時の格好の話題も、どっかに飛んじゃってるっぽいねぇ。でまぁ、コレッくらいにネタを熟成させてから頂くとしますか。

まぁ、彼の出港時の姿を観ての私の感想は、「おみゃぁは、こーこーせーきゃ?」だった。いや、スラックスずり下げ履きなんて、生理的に受け付けんからね、私ゃ。
が、それよりも驚いたのは彼への批判の嵐の如き、マスゴミ報道だね。彼の「品」を問うなら、そういう人物を代表に選んだ、JOC(日本オリンピック連盟)やSAJ(日本スキー連盟)のジジイ共を批判すべきでしょうが。なんでマスゴミはこういう「利益団体」を叩かないのかなぁとも、思った。

正直なところ、国母選手のだらしない格好観ていて不愉快ではあるが、ドレッド・ヘアと合わせてみれば、オムツをしたチンパンジー的滑稽さ(本人の意図からは大きく外れるだろうが)を感じさせ、私自身の経験(似た様な事、やったのよ)から「大人になる寸前の、ガキの悪あがき」だろうなと思っちゃう訳だ。
その後の記者会見では虚勢を張っている辺りが、思惑を外れて世間が大騒ぎしている事に戸惑ってる感がありありと見えて、プレッシャーを初めて意識してんだろうなって姿が可笑しい。

競技選手にとっては「プレッシャー」は切っても切れない関係なんだけど、私の経験からすると「地元の期待」ってのが最大のプレッシャーだなって思う。私がまともなリザルトを残せたのはパラグライダーの草大会なんだけど、「開催以来、初めて地元選手が優賞か」って状態になって、いつも通りに飛べば優賞出来るって状況になった時に、「いつも通り」が出来なかったんだよなぁ。ほんのヒトコマの写真撮影をミスっただけで、賞典外へ転落でね。ホームエリアでの開催だから、仲間たちがサポートに回ってくれた訳で、打ち上げの席では「針のむしろ」だったさ。
基本的に「競技に参加するプレッシャー」は感じないって言うか、モチベーションに転化できるタイプなんだけど、「勝ちに行く」プレッシャーってのが、得体の知れないものだって知ったのは、この時かな。
まぁ翌々年の大会でやっとトロフィーを取り返したんだけどね。翌年は天候不良で不成立。

基本的ウィンタースポーツってマイナーなんで、国母選手もたかが「着こなし」でこれほどの問題になるとは思ってなかったんだろうね。でも、今回の件で「期待を背負う」重さを経験できたんじゃないかな。後は本人がそのプレッシャーをエネルギーに転化できるかだねぇ。結果として「身だしなみ」で世間に喧嘩を売った格好になったんだから、世間を黙らせるには結果を出さないとね。
ただ、橋本聖子団長の説教を食らったあとの記者会見で、随分とおとなしくなってたからなぁ。(笑)


人気ブログランキングへ

|

« 「モノ作り」の原点 | トップページ | 久し振りの残業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47588053

この記事へのトラックバック一覧です: ”着崩してますけど、なにか?”:

« 「モノ作り」の原点 | トップページ | 久し振りの残業 »