« 山小屋通信(2/7) | トップページ | 俺の後ろにひっつくな! »

2010年2月 8日 (月)

トヨタ、HV4車種リコールへ プリウスなど33万台

”トヨタ自動車は8日、新型「プリウス」などハイブリッド専用車(HV)の4車種すべてでブレーキの電子制御ソフトに不具合があるとして、道路運送車両法に基づくリコール(無料の回収・修理)を実施する方針を固めた。米国など海外でもリコールする方針で、対象車は少なくとも計約33万台に上る。一連の品質問題はトヨタが誇るハイブリッド車に波及し、トヨタは商品への信頼性で重大な危機に直面した。

 トヨタはプリウスのブレーキ問題で車両欠陥を否定。電子制御ソフトの改善をサービスキャンペーン(自主改修)で実施する準備を進めていた。しかし、安全性への顧客の不安が急激に高まった上、閣僚からもトヨタの対応に批判の声が上がり、国土交通省への報告義務があるリコール実施に追い込まれた。

 国内でのリコール台数は約19万台、米国など海外が約14万台。プリウスは昨年5月に国内で発売後、約60カ国で順次販売しており、各国での対応が必要になる。トヨタは国交省や米当局に届け出て、9日にも日米で発表する。

 プリウス以外の対象車は3車種で、うち昨年7月発売の「レクサスHS250h」と12月発売の「SAI(サイ)」の2車種は8日から出荷を停止した。プリウスをベースに開発し、昨年12月に日米欧などの法人向けに600台限定でリース販売を始めたプラグイン・ハイブリッド車もリコール対象に含める。

 プリウスに対する苦情は、凹凸がある路面や凍結路でブレーキを踏んだ際に「一時的に利きにくい」との内容。ブレーキ時のタイヤロックを防ぐ「アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)」の制御ソフトが原因とみられ、トヨタはプリウスと同様のブレーキシステムを採用している他の車種もソフトの改善が必要と判断した。

(中日新聞)”

ブレーキが効かないくせに「欠陥では無い」と言い張っていたが、ようやくリコールするしかない事に気がついた様だ。自民党時代なら経団連経由で金と圧力を掛けて揉み消せたんだろうが、前原国交省大臣に先制で「顧客目線が足りない」って言われちゃったしね。
今回の欠陥、トヨタとしては、ハードウェアの不具合ではないからと「欠陥ではない」と言い張って来たのだろうが(かなり好意的に解釈してます)、ドライバーとしては自分の意思にそぐわないクルマの挙動は、非常に不安だしましてやそれがブレーキともなれば、「感覚の問題」では済まない。

もともとトヨタは2000年以後の所謂「奥田体勢」になってから、積極的に欠陥隠しを行って来た。顧客から不具合を指摘されても「点検の結果、異常なし」とし、その実不具合対策を施すというやり方だ。つまり「文句を言わないければ放置」であり、もうちょっとヤバイ案件は「車検の時に対策」で、リコールにかかるコストを削って来た訳だ。
しかし政権政党が交替し、官僚の意識も変り始めたようで、千葉県警がプリウスの追突事故を検証した結果「車両欠陥の疑い有り」として国土交通省に通報している(こんな事、滅多に無い。)し、国土交通省も異例な早さで表沙汰にしている。こうなるといくらマスゴミに対して金をばら撒いていても、表沙汰になるんだよ。


トヨタ自動車は8日、新型「プリウス」などハイブリッド専用車(HV)の4車種すべてでブレーキの電子制御ソフトに不具合があるとして、道路運送車両法に基づくリコール(無料の回収・修理)を実施する方針を固めた。米国など海外でもリコールする方針で、対象車は少なくとも計約33万台に上る。一連の品質問題はトヨタが誇るハイブリッド車に波及し、トヨタは商品への信頼性で重大な危機に直面した。

 トヨタはプリウスのブレーキ問題で車両欠陥を否定。電子制御ソフトの改善をサービスキャンペーン(自主改修)で実施する準備を進めていた。しかし、安全性への顧客の不安が急激に高まった上、閣僚からもトヨタの対応に批判の声が上がり、国土交通省への報告義務があるリコール実施に追い込まれた。

 国内でのリコール台数は約19万台、米国など海外が約14万台。プリウスは昨年5月に国内で発売後、約60カ国で順次販売しており、各国での対応が必要になる。トヨタは国交省や米当局に届け出て、9日にも日米で発表する。

 プリウス以外の対象車は3車種で、うち昨年7月発売の「レクサスHS250h」と12月発売の「SAI(サイ)」の2車種は8日から出荷を停止した。プリウスをベースに開発し、昨年12月に日米欧などの法人向けに600台限定でリース販売を始めたプラグイン・ハイブリッド車もリコール対象に含める。

 プリウスに対する苦情は、凹凸がある路面や凍結路でブレーキを踏んだ際に「一時的に利きにくい」との内容。ブレーキ時のタイヤロックを防ぐ「アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)」の制御ソフトが原因とみられ、トヨタはプリウスと同様のブレーキシステムを採用している他の車種もソフトの改善が必要と判断した。


人気ブログランキングへ


|

« 山小屋通信(2/7) | トップページ | 俺の後ろにひっつくな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47518469

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、HV4車種リコールへ プリウスなど33万台:

» 【トヨタ】 新型プリウス、ブレーキ苦情が米で102件。日本でも…「横断歩道で止まれない」【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [http://worldnavigation.biz/]
【トヨタ】 新型プリウス、ブレーキ苦情が米で102件。日本でも…「横断歩道で止まれない」【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 12時29分

« 山小屋通信(2/7) | トップページ | 俺の後ろにひっつくな! »