« おあずけ | トップページ | 買い物孝 »

2010年3月31日 (水)

散髪、そしてシェイクダウン

いいかげんに伸びた髪が鬱陶しくなってきたので、四ヶ月振りに散髪に行く。私の目安は「風呂上がりに髪が乾き難くなったら」、そろそろ散髪の時期となる。以前は三ヶ月程のサイクルであったが、代謝が落ち込んでいるのであろう、一月ほどの猶予ができ4回/年→3回/年と、年間の必要経費も少しだけだが軽減されたのだが、喜んで良いものかには疑問が残るが。

さて、その散髪へ行くのに、先日買った例のマウンテンバイクに乗って出かけた。まぁ、軽ぅ~くシェイクダウンである。行きはシートとハンドル位置の確認のため、お店へ真っ直ぐと向かったが、帰りは少しばかり遠まわりして来た。
全体の印象としては、重量14.5kgとスポーツバイクとしては重量が有るものの、意外に乗り味は軽く感じられる。軽い段差越え等も試してみたが、実感としては12kg台の慣性質量といったところか。ディスク・ブレーキ装備で500g増であるが、それを感じさせない。やはり質量の中心であるフレームにアルミを採用しているのが効いているのであろう。
タイヤの転がり抵抗も、ブロックパターンの割には良く押さえられており、ロードノイズ(振動)も気になるほどのゴツゴツ感は無い。レーサー等の高圧タイヤに比べれば、重たさはあるものの、ポタリング中心の使い方なら問題はないな。
シフトチェンジも、セルフポジショニングシステムのおかげで、ハンドルから手を離さずに指先一本で、スムースにチェンジ出来るのには驚いた。私が現役を離れる頃に、このセルフポジションが登場したのであるが、信頼性に乏しく、旧来のフリクション・レバーの方が慣れも手伝って、信頼性が高かったのだが。それに複雑な機構になるが故の重量増加も嫌われたのだ。しかしこれほどストレス無く変速できるのであれば、こちらの方が圧倒的に操作しやすいのは言うまでもない。(笑)

ほんの20分程のテスト走行だったので、フロントサスペンションとディスクブレーキについては、評価できるほどの走行は行う事は出来なかった。
しかし、このパフォーマンスで実売価格で四諭吉未満で手に入るのは、絶対に安いと思う。もちろん実用車的(例えばママチャリ)な使いかっては良く無いのであるが、それはお門違いってものな訳で。
久し振りに味わうスポーツバイクの走り心地は、「家乗り用にもう一台買おうかな」と思わせる爽快感をもたらしてくれた。通勤もチャリに切り替えるか?(笑)


人気ブログランキングへ


|

« おあずけ | トップページ | 買い物孝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47963016

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪、そしてシェイクダウン:

« おあずけ | トップページ | 買い物孝 »