« twitter | トップページ | 路上に潜む有人魚雷 »

2010年3月10日 (水)

Twitterとblog

三日ほど運用してみて気付いた点。

・発信の気楽さ
何気に思い浮かんだ事を書けば良いという点で、twitterの方が楽かな。ただ、あまり内容のある事は書いていない。此の点はある程度「文を練る」必要があるblogだが、読み手にとってが希に読み応えのある作品に出会える。「手紙と電子メール」に近い関係かもね。漢字一つとっても、手紙なら辞書を傍らに置いておく必要があるが、メールはかな漢字変換ソフトにお任せなので、誤字・脱字は電子メールの方が多い。

・双方向コミュニケーションのし易さ
twitterの方が格段に楽。「フォローする」に登録した人の記事は、自分のホーム上に自分の記事と時系列で並んで表示される。レスポンスの違いはあるが、チャット的な使い方も可能。ただパソコン漬になる危険性もあるなぁ。

現状ではこんなところかな。「個人のどうでもよい事」をWEB上に発信することの是非には、改めての考察を要すと思われるものの、「只今帰宅。疲れたべぇ」程度でも書き殴れば、そこそこのストレス解消効果はあるね。「それっくらい、口に出して言わんかい」というご意見もあろうが、リアルで「疲れた自分」というものを見せたく無いといふ、”男の見栄”っちゅうのもあるからね。(笑)文字からだと「くたびれ加減」は判らんでしょ。

で、個人的には主軸はblogだなぁ。記事のネタ探しとかそれなりの苦労はあるけれど、下手な文でも「伝えよう」という意思をもって書いているから、「文を練る」という楽しみがあった方が良い。まぁ、短文で「ウケを獲る」となれば、twitterでも「練る」「推考」といった作業は必要で有ることは間違い無いところで、そうするとblogは「和歌(上句に下句で反す)」的で、twitterは「俳句(自己完結)」的かなとも思った次第である。


人気ブログランキングへ

|

« twitter | トップページ | 路上に潜む有人魚雷 »

コメント

ツインター、、私には面倒と判った。
リアルタイム的でもあるが、、年寄りの遅いキータッチと
いつもそれにかまっているわけでもないから
パソコンの前にヘ常にいるわけでもないし
ただ、だらだらと流れている、垂れ流し的な書き込みに
どうでもいいや~と思う。

これは単なる暇つぶしの御仁たちに任せておいたほうが
無難かと、、思う。
そんなに私は暇なでもないから。。。

投稿: GYO | 2010年3月14日 (日) 16時35分

GYOさん、こんばんは

ん~、まぁ「必要か?」と問われれば、無くても困るものでないですしね。
私も「どう活用するか」については、まだ良く整理出来ていません。実際、私も四六時中、パソコンにへばりついている訳でもありませんし。この辺りはGYOさんに同意できますね。
ただ、備忘録的な使い方は出来るかなと感じています。週末の「山小屋通信」を書き起こす時に、「あれ?何してたっけ?」ってのを携帯から書込んだ、何てこと無い一行が記憶を掘り起こすキーワードとしてこれは意外に便利。
あと、しっかりとしたネタが用意出来ていない時にも、ブログの書きだしというか、呼び水的にも使えるなぁと。

で、GYOさんに提案なんですが、四六時中書込む必要は無いので、「専業主夫のお天気日記」なんてどうでしょうか?
「天気晴朗なれど、風強し。今日は乾くのが早そうだ」ってな具合なんですけど。
あ、これはblogの方が過去ログ参照できるので、やっぱ意味無いか。

投稿: 飛魔人 | 2010年3月15日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/47778972

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterとblog:

« twitter | トップページ | 路上に潜む有人魚雷 »