« 山小屋通信(4/10) | トップページ | 橋の屍 »

2010年4月11日 (日)

山小屋通信(4/11)

”春眠、暁を覚えず”で起床は10:00時。いくらなんでも寝過ぎでないかい?ただ、昨日マッサージをして貰った時に、「ちゃんと眠れてますか」と言われたのが気にかかる。まぁ、睡眠は「量より質」な面もあるが。

伐採木の回収に行こうかと思ったが、田起こし等の農作業が始まったので、ちょっとペンディング。先週までに玉切りした丸太を割る事にする。
朝方には雨が降っていたようだが、冬季野戦服だとちと暑い陽気だ。気温も20度を越えているから、暑く感じるはずだわ。
薪割りを終えたタイミングで、「キッチンストーブ」へパンを買いに行く時間なので、キューシキ(軽トラ)の荷台にチャリを積み込む。妻とキューシキを駐車スペースに置いて、σ(^^)はチャリで旧道探訪へ。これはまた別記事にするけど、走った感想からすると、「なんとか保存できねぇかな?」と思わせるものだった。単純に「廃道」とするには勿体ない道。

パンの買い出しから帰って来て、薪の玉切りをしようかと準備し始めたら、お隣のN口さんからお声が掛る。ご夫婦揃ってトレッキングが趣味なのだが、今日は奥さんだけで畑仕事なのだが、話し相手に不足したのかえらい饒舌で。気付けば時計の針は(って、デジタルだから針は無いけど)16:00時を過ぎている。夕暮れも随分と遅くなっているから慌てる必要は無いが、冬の名残を色濃く残す山ではお天道さんが山の端に隠れれば、気温も急降下する。大急ぎでゴミを燃やし帰り支度をして撤収。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(4/10) | トップページ | 橋の屍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/48062221

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(4/11):

« 山小屋通信(4/10) | トップページ | 橋の屍 »