« 山小屋通信(4/18) | トップページ | 国道153号線 治部坂峠旧道(番外 前編) »

2010年4月19日 (月)

武節村道路元標

Cimg2383
豊田市武節町内。しかし生っ粋の名古屋人や、豊田市民には「稲武町」と言った方が通りがよいかも。
もっともWikiに掲載されている沿革をみると、「昭和15年 武節村・稲橋村が合併し、稲武町が発足」とあるから、平成17年の豊田市へ編入合併によって、元に戻ったとも言えるのか。


Cimg2386
武節町公民館前にひっそりと佇んでます。公民館前の道は国道153号線の旧道区間。
地図で確認すると旧稲武町役場(現豊田市役所稲武支所)は、ここから500m程東でそっちにあってもおかしく無いが、もしかするとこの公民館は武節村役場跡に建てられたものなのかもしれない。
ちなみに「稲橋村」にも道路元標が設置されたのだが、手持ちの地図で「稲橋村」の痕跡は、プロアトラスWでは大字として確認できるものの、かつての「村」を想像するのが難しい地域だ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(4/18) | トップページ | 国道153号線 治部坂峠旧道(番外 前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/48132438

この記事へのトラックバック一覧です: 武節村道路元標:

« 山小屋通信(4/18) | トップページ | 国道153号線 治部坂峠旧道(番外 前編) »