« 国道153号線 谷間に消えた"中馬"の道(後編) | トップページ | 山小屋通信(5/28) »

2010年5月27日 (木)

高速道路

通勤に高速道路を使っている。通常は東名阪を使っているのだが、今週からリフレッシュ工事が始まり、朝から大渋滞なので、工事が終るまで名神高速道路で代用している訳だ。
名神高速も昔は良く使っていたのだが、諸々の事情から十数年ぶりなのだが、走って見ると快適だねぇ。東名阪も先行開通していた名古屋西以西はともかく、名古屋~名古屋西は高架道路なので、幅員が狭く遮音壁に囲まれているので、視界が得られず窮屈な事に気がついた。
対して名神は濃尾平野の北部を貫いており、周辺もまだまだ未開発の田園地域なので、視界も広く道幅も広い。東名阪並に車線の幅員を抑えれば、三車線+路側帯にできるだけのポテンシャルはあるんぢゃね?
そしてこれが一番大きいのだが、濃尾平野を東西に抜ける自動車道が先に挙げた東名阪に加え、伊勢湾岸道も開通したおかげで分散し、朝の通勤時間帯での走行速度が回復している事だ。以前は小牧~一宮間は随分と我慢の運転を強いられたもんなぁ。
ただ、良い事ばかりでも無くて、自宅から直近のインターまで少し時間がかかるのと、東名阪と比べて10km程の遠まわりになる。あと本線上で事故でもおきれば、逃げ場(回避ルートの選択肢)が無いのもネック。
でも良く晴れた日には、名神の方が景色が楽しめるから、気分で使い分けてみようかな。


人気ブログランキングへ

|

« 国道153号線 谷間に消えた"中馬"の道(後編) | トップページ | 山小屋通信(5/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/48474974

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路:

« 国道153号線 谷間に消えた"中馬"の道(後編) | トップページ | 山小屋通信(5/28) »