« 山小屋通信(6/12) | トップページ | 山小屋通信(6/13) »

2010年6月13日 (日)

「はやぶさ」帰還

深宇宙探査機「はやぶさ」が、23:00頃、地球への帰還を果たした。幸いな事に、和歌山大学のライブ配信を見る事ができ、間接的ではあるけれど「その瞬間」を目にする事ができた。
しかし、今夜は「はやぶさ」関連のサイトは、どこもかしこも激重だなぁ。改めて「はやぶさ」の七年に及ぶ航海の記録を読み返そうとしたんだけど、読めやしない。(苦笑)
まぁ、それだけ「はやぶさ」の地球帰還に対して、多くの人が関心を持ったという事の裏返しであり、「一番になる必要があるんですか?二番じゃだめなんですか?」と大馬鹿振りを晒した、民主党某議員(全然、伏せ字になってねぇなw)には、是非ともこの意味を考えて頂きたいものである。

本来なら地味な探査機である「はやぶさ」が、ここまでの注目を集める事は無かったと思う。しかしながら「一番」「世界初」を狙いったが故に、イオンエンジンを始め新技術を投入する必要が有り、そしてその事が奇しくも「はやぶさ」の航海に劇的なストーリーを付与したのだ。特に小惑星「イトカワ」到達後の通信途絶や、帰還ミッション開始直後のイオンエンジン全機の故障、そしてそこからの復活と物語に満ちており夢を抱かせてくれる。これにWEB上での相互コミュニケーションというメディアが加わった事で、「興味」が個人レベルに留まらず「共感」をキーワードに広まっていった結果であろう。つまり「世界で一番」「世界で初」という言葉には、人を惹き付けて止まない魅力があり、それを成し遂げる為の努力は例え失敗に終ったとしても、無駄に成る事は無い。いや、本気の努力の積み重ねこそが、物事を成し遂げるための近道であり王道である事を、知らしめてくれるのである。

「はやぶさ」の最後は大気圏に突入し、燃え尽きてしまうのだが、その最後の姿は本当に美しかった。オーストラリアでこれを生で観られたら、絶対に「うるうる」しちゃっただろうなと言うほどに。いや、まじモニターを見ていて目頭が熱くなったもんね。
という訳で、「私も”うるうる”したい」とう方は、こちらの録画(和歌山大学の有志が撮影したビデオ配信)をどうぞ。


人気ブログランキングへ

|

« 山小屋通信(6/12) | トップページ | 山小屋通信(6/13) »

コメント

無事回収したと言う探査機の一部、、と言っていいのだろうか
小惑星イトカワからの持ち帰りの岩石、、無事なんだろうか。。

日本の技術と忍耐と知恵に感動しました~
おでとう~~~!!

投稿: GYO | 2010年6月14日 (月) 18時09分

はやぶさ帰還、おめでとう~!!!
このビデオを改めて見ても、また涙が溢れてきましたよ~。
カプセルも破損がなかったようで、本当に良かった!
報道によると、責任者の川口教授が「応援されたすべての方に、ミッションを完遂できたと報告したい。最後は、はやぶさ自身に助けられた」と話されたようです。
「はやぶさ自身に助けられた」の言葉にまたうるうるしてしまった。。
日本の航空宇宙科学技術は世界に誇れますね!

投稿: よしこ | 2010年6月14日 (月) 20時03分

GYOさん、こんばんは

日本の宇宙開発技術ですが、あまり知られてはいませんが、”コストパフォーマンス”では他国の追随を許していないんです。そのコストパフォーマンスを支えているのは、ミッションに関わったスタッフの「知恵と情熱」。
そう、日本の宇宙機は「知恵と情熱」を推進剤にして飛んでいるんです。

投稿: 飛魔人 | 2010年6月14日 (月) 23時11分

>「はやぶさ自身に助けられた」の言葉にまたうるうるしてしまった。

工学系のエンジニアや学者は、こういった表現をあまりしないけど、今回はグログやツィッターといった双方向メディアを活用した広報展開もあって、多くの人の関心を惹き付けていた事を、スタッフも肌で感じたと言うことでしょう。
帰還直前の「関係者からのメッセージ」も”うるうる”狙いっぽい表現が・・・・(笑)

投稿: 飛魔人 | 2010年6月14日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/48623704

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」帰還:

« 山小屋通信(6/12) | トップページ | 山小屋通信(6/13) »