« 山小屋通信(8/8) | トップページ | 山小屋通信(8/13) »

2010年8月 9日 (月)

ちょっと、ドキドキ

山小屋から自宅に帰って来て、夕飯を近所の焼き鳥屋へ食べに行った。お店の暖簾を潜ると、先着の客の視線がこちらに。その中にカウンターに独りで座る、妙齢の女性客有り。んで、視線が合ったと思ったらいきなり「こんばんは。以前にもお会いしましたよね」と声を掛けられてドキッ!
いやいや、こんな美人とすれ違ってりゃ絶対に覚えている筈なんだが、少なくともこのお店ではそんな美味しいシチュエーションは無かった訳で、でも何処かで見た覚えは有るし・・・・・

串焼きを食べビールを飲みながら、妻越しに彼女をちらちらと見ながら、思い出せない事に悶々とする、尻の座りの落ち着かない時間が過ぎて行く。
偶々、彼女がトイレに立った時に至って、やっと思い出した。昨年の秋に今の職場へ異動するまで、通勤に使っていたバスに乗り合わせていた娘ぢゃないか。
今時の娘っこにしては珍しく、髪も染めておらず化粧も服装も地味だったけど、「何処かで大化けしそうだなぁ~」って、思ってたんだよな。

ただなぁ、意外だったのは向こうが私を覚えていた事。私はほぼ終点まで乗るので、乗車位置は後ろが定位置なんだけど、彼女は中間点で降りるので基本的に前部が定位置。つまり彼女に対して私がいる位置は、彼女にとってデッドシックス(死角)になる。それで顔を覚えられていたなんて、俄には受け入れ難いんですけどね。


|

« 山小屋通信(8/8) | トップページ | 山小屋通信(8/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49109698

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと、ドキドキ:

« 山小屋通信(8/8) | トップページ | 山小屋通信(8/13) »