« メタボ面談 | トップページ | 山小屋通信(9/5) »

2010年9月 4日 (土)

山小屋通信(9/4)

もう、夜の寝心地は極楽ぅ〜である。室温20度の世界では、朝も何時まででも、寝ていられるぅ〜

いつもの様に「道の駅」から戻って来ると、隣地に見慣れない軽パネルバンが、道を塞ぐように停まっている。「宅配業者かな?」と脇をすり抜けたら、見たくもない顔を見ちまった。この時の一連のやりとりにはついては別エントリーにする。が、これで隣地から撤退する腹は決まった。地主さんには申し訳ないし、これまで7年間を費やして整備して、ササユリが復活した林が薮茫々に戻ってしまうのは忍びないが、それでも分譲されてから五年は延命できた事でよしとしよう。

で、作業は隣地からの撤退準備。最大の問題は50本余り有るシイタケのホダをどうするかだ。今月中に新しい伏場が手当て出来なければ、チェンソーで刻んで焼却処分するしかないなぁ。あと、昨年に貰った直径50cm程のサクラの元玉。薪用に貰ったは良いが、あまりに重過ぎて一人では動かしようが無いので、放置しっぱなし。
ま、当面は薪原木を片付けるべく、刻んでおいた玉丸割る事だな。これが片付かないと、薪原木も片付かないので。
刻んであった玉丸を2/3程片付けたところで、日没タイムアップ。温泉で汗を流し夕食へ。
今日の夕食は、ネバーランドで売られている「鹿の味つき肉」を試してみた。焼き方は鉄板にするか?網焼きにするかで迷ったが、ジンギスカンで試す。タレは味噌をベースにニンニクが隠し味程度に効かされ、やや甘めの味付け。肉は脂身が殆ど無く、タレのおかげか獣臭は殆ど感じられずあっさりとした味わい。夏バテの影響もあるのか豚肉でもくどく感じて食べあぐねていたのに、500g(タレ込み)をあっさりと完食。マトンのロール肉が500gで\850だから味つきの分だけ、こちらの方がお得感はありますねぇ。これで明日、お腹の調子を崩すさなければ暫く、山の夕食に採用してみよう。ちなみに一切れ試食した妻の感想は「豚のもも肉よりちょっと堅い。でもあっさりとした味で、マトンよりは食べられるかも」だそうです。

|

« メタボ面談 | トップページ | 山小屋通信(9/5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49347735

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(9/4):

« メタボ面談 | トップページ | 山小屋通信(9/5) »