« 草刈り大会の裏事情 | トップページ | 山小屋通信(9/4) »

2010年9月 1日 (水)

メタボ面談

先週の金曜日の事だが、メタボ面談(正式名称は忘れた)を強制受診させられた。一昨年に腰を痛めた際に増えた体重は、最近でこそ以前の水準まで減量できたが、体脂肪率は依然として肥満領域にあり、「まぁ、しゃ~ないか」と諦めの境地で臨んだ。

面談はメタボの程度によってコースが異なり、私のは「メタボ予備群向け」コース。内容は専門の栄養士による面談一回(初回)と、その後六ヶ月間の電話フォローと言う物。
面談では直近の健康診断で計測された、体重と腹囲を元に概ね食生活と運動についての指導を受けるものになっている。面談では現在の体重と腹囲の確認が行われ、約十項目の設問に答える形で進められる。

んで、実際はどうだったのか?私の前に受診したのが顔見知りだったので、ちょっろっと内容を訊いたところ、「いやぁ~、大変(な数の指導)ですよぉ~」と些か困り果てたという表情で言うので、気持ちを戦闘モードに切り替えて面談室へ。
お互いに挨拶を済ませた後に、まずは昨年末時点での体重と腹囲データの確認。ここで現在の体重を告げると、「お腹回りは如何ですか?それだけ(約4lg)減っていると、ベルト穴一個~二個違ってきてませんか?」と訊ねられたので、「(昨年末時点で)ウェスト82cmが弾けそうな感じだったが、今は79cmでちょっと窮屈くらい」と答えたところ、栄養士はちょtっと困り顔。そして設問に答えていった訳だが、調査書には殆ど書き込みがなされない。
そして事前の予想通り、「定期的な運動」「喫煙量」「飲酒量」の三点に話が絞られたが、「喫煙量」「飲酒量」共に加齢と共に絶対量は減っているし、「定期的な運動」については具体的な運動名が上げられないだけで、週末山暮らしでの作業は標高1000mという環境も相まって、「適度な運動」を満たしている(安静時の脈拍数を示して説明した)ので、指導項目はナッシング。(笑)
よって面談・指導は15分程で終ってしまい、10分程は雑談となってしまったよ。

今回、私が何故受診しなければなかったかと言うと、昨年末の時点での体重が67kg程あり、腹囲が86.5cmあった為で、腹囲が85cm未満であれば対象にはならなかったそうだ。また、面談によって自己管理出来ている事や、その効果が認められる実績を出している事からも、「受診して頂く必要は、無かったですね」と太鼓判であった。減量のペースも八ヶ月で4kg程だから、決して無理なダイエットを行った訳では無く、ほんの少しの食事制限と腰痛からの回復に合わせた運動量の増加で実現であり、こちらの面からも問題無しの判定である。BMI(肥満指数)に関しても真面目な運動部員時代ですら、夏合宿で身体を絞り込んだミニマムが63kg程度だった事を伝えると、「じゃぁ、これ以上は落とさない方が良いですね」の判定。
ま、当然の結果だわな。

受診してみての感想だけど、「自己管理する意思」を示す事ができれば、あまり煩い指導はしないという感触だった。例を上げれば「毎日、体重を計り記録する」事だけでも好印象を与える材料です。これを元に「体重が増えた・減った」原因まで把握していれば言う事なし。
しかし、面談した栄養士も気の毒だったかも。指導の取っかかりを掴む為に、飲料水にまで話しを振った(電解質飲料、所謂”スポーツドリンク”は糖分が意外に多く含まれている)のに、それすら「使い分けている」って答える面談者はそうそうはおらんだろ。


|

« 草刈り大会の裏事情 | トップページ | 山小屋通信(9/4) »

コメント

私もこの前、人間ドッグ受けてその後の医師と栄養士の面談に、、一部問題はあれど「加齢」によると言われた。面談も直ぐに終わりました。あとは談笑だけ、

ここ数年同じ病院で受けているのだが、数値が改善されてきているので概ね良好と

それと相手にくすぐりました、、ここの指導が良いからと・・あの医者の笑顔は忘れられない。

全く言うは易い行なうが難しなのです。ダイエットは「自己管理意志」ですな~

投稿: GYO | 2010年9月 3日 (金) 07時51分

GYOさん。こんばんは

>ダイエットは「自己管理意志」ですな~
そうですね、「自己管理」というとめっちゃ面倒と思われがちなんですが、入浴前に体重計に乗るだけでも良いんですよね。これに日々の測定値をカルクシートに入力して、「対前日比」なんてのが自動計算させれば、メタボ面談は簡単に乗り切れます。

これまで産業医・保健士・栄養士と面談して来ましたが、私が当った中では産業医の対応が最悪でしたね。厚生労働省のBMI指針一点張りで、こちらの意見なんざ聞く気無し。血液検査結果も改善値には目もくれず、こちらが指摘しても一顧だにしないという上から目線。
その点、保健士・栄養士はこちらの意見も汲み取ってくれます気がします。高校生の時に夏合宿で絞った最低体重63kgを維持している事や、年間の体重推移についてもちゃんと話しを聴いてくれましたから。

投稿: 飛魔人 | 2010年9月 6日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49320000

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ面談:

« 草刈り大会の裏事情 | トップページ | 山小屋通信(9/4) »