« 山小屋通信(9/5) | トップページ | 山小屋通信(9/11) »

2010年9月 6日 (月)

不動産屋の悪巧み

草刈り大会の裏事情」で取り上げた不動産屋。何が気に入らないのか知らないが、何かにつけていちゃもんをつけて喧嘩を売って来る、ヤクザの中でもチンピラクラスなのだが、またまた土曜日の朝一にやってくれました。

「道の駅:」から戻って来ると、隣地に怪しげな人影が二体。「何物(←あえてこの字)だ?」と目を凝らすと、不動産屋の女ヤクザと職人風の男。素知らぬフリして山小屋へと思ったら、向こうから(いつもの喧嘩腰口調)声を掛けて来た。
曰く、「アカマツを伐採するので、境界から50cm以上控えろ」と言う。んなアホな話しが有るか。(笑)
大体、”カネを取って仕事をする”のであれば、与えられた条件で任務を完遂するのが当り前で、周辺に迷惑を掛けなきゃ仕事が出来ないのなら、それはアマチュアの仕事である。で、まぁここからは水掛け論に移行した訳であるが、そしたら「ところ構わず立ちションしている癖に!」と何の脈絡もなく来たもんだ。
で、こちらは「人目・場所も憚らず立ちションしてるのは、お前の旦那ぢゃなえぇか」と笑いながら言ったら、ありゃりゃりゃ?チェーンガンの如く罵詈雑言が飛んでくるかと思ったら、フリーズしてやがんの。なんとか再起動したみたいだったが、もともとのオツムの中身が空っぽな女ヤクザは、捨て台詞を残して帰っていた訳だ。

実はこの女ヤクザがあちこちで、私が所構わず立ちションしていると言いふらしている事は、耳に入っていたのだが、さして気にして居なかった。別にそれが事実だと肯定していた訳では無く、そういう風評が立った場合、周囲の目は厳しくなるが、こちらがそのような行為を行わなければ何れは立ち消えるだろうと考えていたからだ。事実、「女ヤクザが言いふらしていた」と忠告してくれる人は居たけど、「立ちションはやめれ」と言って来る人は居なかったしね。(いや、事実としてやってませんよ、念のため)
むしろ意外だったのは、こちらの反撃で女ヤクザがフリーズしちまった事だ。よっぽどのクリチカルヒットになったって事だが、その理由は?

女ヤクザを追い返し、隣地からの撤収作戦を練りながら作業している時に、閃いたものがあった。女ヤクザは余りにも顧客とのトラブルを起すので、社長自ら出入り禁止を申し渡されていたのだが、それが何時の間にやら解禁になっていたのだが、その時期と女ヤクザの旦那が姿を見せなくなったのがほぼ、入れ替わりなのだ。そして旦那が姿を消す前には、マジで所構わず人目憚らずに放尿に勤しんでいた姿を、何度も目撃している(見たくねぇけどな!)。他にも、私が立ち入る可能性が全く無いところでも、立ちションしていたと言う話しも耳にしている。妙な話しだとは思っていたが、女ヤクザの法螺がでっかく育っただけだと気にもしていなかったが、裏事情が読めた!

事の発端は女ヤクザの旦那の放尿行為が、苦情として社長に届いたのであろう。で、社長は当然の事ながら、旦那を出入り禁止とし(ここまではまっとうな対応だ)た。そして悪評が広がる前にスケープゴートに私を選び、悪評を広める為に、女ヤクザの出入り禁止を解いた。恐らく、女ヤクザは事の経緯を知らされないまま、嬉々として風評を垂れ流していたのだろう。自分の旦那と同様に所構わず人目憚らずだと思い込んで。
社長の対応も「奇禍をもって幸いとす」を狙ったんであろうが、手持ちの駒が悪過ぎたなぁ。結果として「所用に満たぬ戦力の逐次投入」という、兵法において最も愚策とされる過ちを犯している。

向こうの手の内が読めれば、対応も易い。隣地に展開していたシイタケのホダは、希望者に無償配布する。妻も最初は難色を示した(せっかく収穫が安定してきたのに、が理由)が、対不動産屋戦上の戦略意義を説明したところ大いに納得。シイタケホダの復活も、新しい伏場が確保できれば最短で二年あれば復活できるしな。
かくして、五十本近い完熟ホダは、「不動産屋に対する不信感の醸成」という、大任を帯びて物言わずに旅立ったのでありました。
ガランとしたこれまでの伏場も、改めて見れば格好の宣伝材料に使えるな。


|

« 山小屋通信(9/5) | トップページ | 山小屋通信(9/11) »

コメント

まったくもって酷い不動産屋だよね!自分の旦那のは何度も目撃しているはずなのに、それを他人にすりかえるとは何事!!(--#)
普段来ている人達はこんな話はデマだと分かってもらえるけど、滅多に来ない人はそれを信じてしまうから困ったものだ。信じる方も信じる方だけど。

あきれてものが言えませんね~。
悪さをすれば、それが倍倍返しで自分の所に跳ね返ってくるのも近い事でしょう!

>格好の宣伝材料に使えるな。
うん。聞かれた人に事実を話せば、その話が広がっていく事間違いないですね!

投稿: よしこ | 2010年9月 7日 (火) 13時27分

異常な暑さの中、うっとうしい件で熱く憤慨して夏バテにならんで下されや~~。
、、という私めも ちょっと調子に乗ってある掲示板に書き込み「何故本名を名乗らん、不愉快じゃ!!」と言われて ちと気分がブルーなのでございます、、、。
まあ、しばらく自ら座敷牢に入ると宣言しました。
ここからも不愉快じゃ~~と言われたらどうしよう、
悩み多きババにござりまする、、

話は変りますが11月中旬から娘家族と総勢5人 日本へ行きます。
私めは おじさんが経営していた「すし屋」という和菓子店の跡に行ってみたいなあと思ってます。
鳳来寺山の裏側にあった大野というところでした。
その時は飛魔人さ~~んと大声で叫んだら聞こえますかねえ?
近くとちゃいますか?

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2010年9月10日 (金) 08時50分

草妻さん、こんばんは

いやぁ~、今年の夏は殊のほか堪えましたよ。この二ヶ月程で体重が2kg減りましたから。
ま、ここには「名を名乗れい!」なんて無粋な事を言う事はありませんので、ご心配なく。
よければ、思いっきり愚痴を書込んで頂いても構いません。

鳳来寺山の裏なら、うちよりもmy-donさんの山が近いです。鳳来寺山から宇連山に向かって叫べば、聞こえるんじゃないかな?
茶臼山からなら、うちの山小屋に聞こえるんじゃないかな。茶臼山北麓側ですよぉ~

投稿: 飛魔人 | 2010年9月10日 (金) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49375400

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産屋の悪巧み:

« 山小屋通信(9/5) | トップページ | 山小屋通信(9/11) »