« 山小屋通信(10/2) | トップページ | 緊急地震速報 »

2010年10月 3日 (日)

山小屋通信(10/3)

予報では下り坂なので、曇り空を覚悟していたが、朝は青空が広がっている。雲の様子もまだ高積雲が張り出してくる予兆は見当たらないので、15:00時頃までは雨の心配をしなくても済みそうか。

作業の方は相変わらず、木っ端の処分と後ろ向きな作業なので、士気が上がるべくもない。
昨日、”三枚”に下ろしたサクラに薪割り斧で挑むが、大元(根元の事)なので固くてなかなか割れない。遂に嫌気が差して、チェンソーで刻む事にする。したら、昨日と違ってスイスイと刃が食い込んでいくではないの。やっぱ、カッターが相当に鈍っていたんだなぁ。飛び散る大鋸屑も昨日とは大違いだ。

サクラの大玉が片付いた事だし、天気も保ちそうなのでチャリ乗りに行こうかと思案するが、チェンソーの切れ味が戻ったので、もうちょっと刻みたいなぁ~と秘密の薪狩り場へ出向き、コナラの丸太を五本ばかり回収してくる。
長さは1m程で直径は200mm前後かな。一人では軽トラの荷台に積み込むのも一仕事な奴らで、とてもじゃないが玉切りウマまで持ち上げる事は不可能。まぁ、サクラの大玉用に準備がしてあったのは幸いだった。
山小屋へ戻って、速攻で玉切りしてやった。ここでほぼ、チェンソーの燃料を使い切ったので、ちょっと早いけど作業終了。チェンソーのメンテをする。

サクラの大玉が片付いたので薪棚に積み込んだら、大体1/8程の量になった。1/8といっても二列の片面にすれば1/4なので、ボリュームは結構あるよ。底面から450mm位まで積み上がるのだから。
これに今日、回収してきた分も合せると、薪ストーブシーズンに入る前に、3シーズン分がほぼ集まった事になる。ここまで集まったのは、原木を購入した時以来なんじゃないかな?しかもちゃんと「薪」の状態になってるって意味では初めてだな。やはり薪集めの肝は軽トラの有無だなぁとしみじみ。


|

« 山小屋通信(10/2) | トップページ | 緊急地震速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49651632

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(10/3):

« 山小屋通信(10/2) | トップページ | 緊急地震速報 »