« 山小屋通信(10/30) | トップページ | 寄り道 »

2010年10月31日 (日)

山小屋通信(10/31)

目を覚ますと、どんより曇り空どころではなく、シトシトと霧雨が降っている。どうやら風向きが、北西流とはならず南西流になってしまった為に、海から湿った空気が流れ込んだようだ。みたところ、雲底高度は1100mくらいかな、山小屋から100m程上は、完全に雲の中。

道具を広げる事は無理だが、雨具が必要という程でも無いので、例によってペール缶で木っ端の片付けを始める。
ついでに、火鋏で落ち葉を拾い集めては、これもペール缶へ投入。しかし、昨日・今日の雨で濡れた木っ端は、なかなか燃えてくれんな。
昼過ぎ、キッチンストーブへパンを買いに行く頃になって、霧雨が雨に変った。おいおい、雨は夕方からじゃなかったのかよ。
治部坂峠への登り道、柳川橋辺りからは完全に雲の中。雲底高度1100mの見立ては間違ってなかったって、あんまし嬉しくないよな。治部坂の紅葉は見頃であったが、雲の中とあってはねぇ・・・・

幸いな事に、山小屋へ戻ると雨も止み、ときおり弱いながらも日差しが顔を覗かせる。ガーデンテーブルの天板が一枚、コースレッドが折れて外れかけていたので修理。新たに購入した日立工機製インパクトドライバー「WH14DBL」の試運転。
今まで使っていたRYOBI製と比べて、重量バランスが良くマスモーメントが小さく設計されているので、持ち重しないのが良い。まぁ、今まで使っていたのは12v仕様って事もあるのでしょう。RYOBIも14.4v仕様は、マスモーメントが小さくなってるもんね。


Cimg3027

なんだかんだで、15:30頃から再び雨が降りだし、雨雲レーダーを確認すると愛知県西部まで、本格的な雨雲が掛り出したので撤収をコール。結果は「行かなきゃよかった」になっちまったなぁ。

写真は山小屋のシンボルツリー、カエデの紅葉。
奇麗なグラデーションを描いているのに、曇り空では奇麗さが出なくて残念。

|

« 山小屋通信(10/30) | トップページ | 寄り道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/49909907

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(10/31):

« 山小屋通信(10/30) | トップページ | 寄り道 »