« 山小屋通信(12/12) | トップページ | 健康診断 »

2010年12月13日 (月)

稲武アメダス

気象に興味がある方なら今さら説明の要も無いと思うが、ご存知無い方は気象庁の「アメダスについて」をご一読されたい。
アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」というのだが、ぶちゃけた言い方をすれば「自動気象観測機」と、そのネットワークと考えればよい。日本全国1300ヶ所に設置され、日夜気温や雨量・風向風速等を観測している装置である。


Cimg30781_4
稲武アメダスの全景。中央の黄色い円で囲んだのが、アメダス本体。気温・風向・風速・雨量・日照時間の五要素を観測できる。


Cimg3070
アメダスの制御部。銘板には「有線ロボット気象計」と刻まれている。
まぁ、ぱっと見は単なる「配電盤函」にしか見えないが、観測機器のデータを気象庁に送信したりする、アメダスの”頭脳”とも言える部分。

Cimg3072
雨量計。
地面には雑草(クズ等の蔓性植物)防止なのか、シートが敷き詰められている。
実はここ、某農業試験場の畑の隅なんで、雑草対策が必要なのか?とも思えるんだけど。

Cimg3074

気温計を収納している、通風筒。
ファンで強制通気して、気温を計っている。
近くに寄ると、ブ~ンとファンの回転音が、微かに聞こえて来る。
今年の夏、全国での日最高気温を記録した京田辺のアメダスでは、この通風筒が蔓性植物に埋もれていたとして、話題になった。

Cimg3076


風向・風速計と、日照計(たぶん)
日照計は自信無いけど、多分間違い無いと思う。

素人判断なんだけど、この稲武アメダスの露場は良い条件にあると思う。
唯一、ケチを付けるなら風向・風速かなぁ。名倉川が穿った渓谷の中段に位置するので、周辺の地形の影響を受け易いと思う。また、東西に尾根が迫る地形から、冬場の日照時間は短めになるんじゃないかな。
ただ、農業試験場の敷地内なので、蔓草に被われるなんて事はまず無いだろう。この辺りは夏場に再訪して確認すべきだな。

|

« 山小屋通信(12/12) | トップページ | 健康診断 »

コメント

先ほどから ユキだす~~!!
みぞれっぽいのが降って屋根が白くなって来た。
日本から帰って もう2週間過ぎてしまった、、
時差ぼけは殆ど無く本職肉体労働も順調に進み先週には仕事納め、、ここまでは順調でした、、、
ところが今頃になって時差ぼけ状態。
なかなか大工仕事を始めるファイトが沸かない、、
やっぱり年だあ~~!!
明日から気合を入れよう、、と合意したとたんに
ユキっぽくなって来た。
明朝、ファイト、、、は掛け声だけになりそう、、
しまらん、、一日、既に夕暮れです。
今が一番 日が短い時ですよねえ。
カナダ流で冬眠状態です。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2010年12月15日 (水) 08時13分

草妻さん、こんばんは

こちらも寒かったですよ。名古屋ではまだ雪は降っていませんが、もうちょっと気温が低ければ、ちらついたかな?って状態です。
力仕事は体がちゃんと暖まってからしましょうね。かじかんだ状態だと、怪我につながりますので。

投稿: 飛魔人 | 2010年12月16日 (木) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/50296036

この記事へのトラックバック一覧です: 稲武アメダス:

« 山小屋通信(12/12) | トップページ | 健康診断 »