« 山小屋通信(1/23) | トップページ | マイナートラブル »

2011年1月24日 (月)

「アイスキャンドル in 平谷 2011」

Cimg3101今年も開催された「アイスキャンドル in 平谷」
今年で三回めとまだまだ若い企画だけど、実行委員会の皆さんが試行錯誤を続けて、飛躍的にバージョンアップしているイベント。
一昨年の第一回は平日開催だった。「折角のアイスキャンドル、村内だけで楽しむのはずるい」といちゃもんを付け(笑)、昨年の第二回は週末開催に。
だけど、告知不足の感は否めず、村外からの参加者は殆ど見当たらなかった。場所も国道から引っ込んでいた上に、強風でキャンドルの火が消えてしまい、全く目立っていなかった。
「ライブカムにうつる場所にすれば、宣伝費は掛からん」と葉っぱを掛けたら、今年は道の駅入り口付近が会場に。
国道を行き交う車からも、ばっちりと視界に入る今年の様子。
昨年に比べても、村外からと思しき来客が増えている。中には旅館の浴衣姿で参加する人も。
キャンドルのほんのり暖かい灯が、厳しい平谷の冬を温めてくれている気がする。


Cimg3106今年はコンテストも開かれ、これもエントリー作品の一つ。
雪玉を積み上げただけという、単純な作りながらキャンドルの暖かさを感じさせる作品。
個人的に一押しです。

コンテスト出品作の魅力を最大に引き出していたのは、実行委員会の「防風対策」。強風に翻弄された昨年の経験から、プラコップを風防に採用してキャンドルが消えない様に工夫したからこそ。


Cimg3104
寒さが厳しいからこそ、何気ない灯が温もりを感じさせる。
イベント当日だけではなく、春を迎えるまで灯火が繋がるといいなぁ。

|

« 山小屋通信(1/23) | トップページ | マイナートラブル »

コメント

shine 影の実行委員飛魔人さん

【アイスキャンドルin平谷】に来て頂きましてありがとうございました。
テレビ取材は残念ながら映っておられませんでした。

毎年少しずつでも進化しているのは、外からの目を持った皆さんの意見を聞けるから。
来年はもう1歩成長した姿をお見せしたいです。

投稿: 平谷村まつのやあきこ | 2011年1月27日 (木) 13時51分

あっこさん、こんばんは

やっぱりカットでしたか。被写体としてはもっと良いものが有ったって事ですな。
怪しげな格好でうろつく夫婦なんて放映したら、来年からの客入りに深刻な打撃となったやも。

投稿: 飛魔人 | 2011年1月27日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/50680829

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイスキャンドル in 平谷 2011」:

« 山小屋通信(1/23) | トップページ | マイナートラブル »