« 山小屋通信(2/19) | トップページ | アッシーの一日 »

2011年2月20日 (日)

山小屋通信(2/20)

昨日に引き続き、本日も寝坊。寝床から這い出したのは、10:30時過ぎだった。朝から燦々と日差しが降り注いでいるってのに、なにやってんだか。

Cimg31131
作業は予定通りに、落雪の後片づけ。
左の写真で赤と青で示したのが、自動車の轍だ。線が平行していないのは、カメラの画角の関係で、赤い轍の手前分がフレームアウトしているのと、青い線が雪の山で隠れてしまった為。
画面左側の解け掛けているカマクラは、ぎりぎり路肩外なのだが、赤線がカマクラを掠めているのが判るだろうか。
そして青線が「雪山で隠れている」と言うことは、林道がぎりぎり一車線分しか機能していないと言うこと。
ちなみに先週までは、スコップが立っている部分までは、私が除雪して通行出来るようにしてあった。

除雪作業はスノーダンプや除雪スコップ(ポリカ製)では歯が立たないので、金属スコップで行う訳であるが、水分を含んだ重い雪の為に、掬う量を間違えると持ち上げるのが精一杯になる為、その量を慎重に見極めなくては行けない。
気温は日差しのおかげもあってうなぎ登りで、この時期としては珍しい10度越え。ジャンパーを脱ぎ捨て、ネルのシャツを脱ぎ捨て、Tシャツ一枚でも汗が吹き出して来る。
この原因を作った奴は、冬場にはまず来ないので、当然の事ながら「なんで俺が・・・」となりますわなぁ。でもね、これを放置して置くと離合(車両のすれ違い)が出来ないのよね。
で、排除した雪は当然の事ながら、σ(^^)の鬱憤晴らしになる場所へ捨てましたとも。もっとも、雪が融けるまでは来ないだろうから、実効性は薄いんだけどね。

キッチンストーブ」さんから帰って来たら、林道の奥で「土木工事が始まった?」ろ思ったら、沢沿いのS木さんが嵌まってしまった様で、I田さんがバックホーで救助中だった。「X-TRAILって4WDじゃなかったっけ?」と思ったら、タイヤが夏タイヤだしチェンをつけているとは言え、いわゆる「お手軽チェン」ぢゃないですか。それで未除雪の吹き溜りに突っ込みゃ嵌まります罠。

帰り間際に林道へ塩カルを、25kg散布。ところが散布した端から湧水に流されて行く。う~ん、再凍結を防ぐ為にはもうちょっと気温が下がらないといけないのかな。融雪を促進してしまったみたいだ。

|

« 山小屋通信(2/19) | トップページ | アッシーの一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/50936987

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(2/20):

» banco-lifeよりのお勧め品 [新潟の産地より banco-life]
創業60年、金属製品のパイオニアです。 アウトドアー用品、バベキューコンロ、60万以上。 バベキュー串各種。 パラソルスタンド、好評販売中。ステンレス製ゴミステーション、丈夫で、綺麗。 [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 17時28分

« 山小屋通信(2/19) | トップページ | アッシーの一日 »