« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

「割り箸はなぜ、減っている?」

日曜の夕方、アッシーから帰ってきて、テレビ東京「トコトンハテナ」という番組を見た。本ブログ左サイドバーでもリンクしているが、森林ジャーナリスト 田中淳夫さんが、出演されると聞いたからだ。
もっとも番組前半は、帰宅途中であったので携帯のワンセグで、殆どが音声のみ(運転中だったからね)であったので、大雑把な話しの流れしか判らなかったが。

全体の流れとしては、導入で「割り箸の生産・輸入量が激減している」といったところから始まり、前半で飲食店における割り箸使用の実態や、プラ箸への転換事例等を紹介するも、最大の原因は「不況で外食が減った」という、当たり前の結論を紹介。
次に割り箸とプラ箸でご飯と麺(うどん)を試食し、それぞれの感触について出演者が感想を述べる。これも「プラ箸では麺は食べ難い」と、ほぼ意見が一致。ここでちょっとした仕掛けがあって、割り箸が二種類用意されており、一つは中国製の丁六箸で、もう一つは国内産の杉利休箸(だよな?)。田中氏以外の出演者は異口同音に「軽くて使い易い」「割れ方が全然違う、力を入れなくても抵抗無く割れる」と驚いていた。
杉割り箸は私も使った事があるが、出演者の感想と全く同じことを感じたし、「そうそう、子供のころの割り箸って、奇麗に割れたよな」と思ったものである。この手の情報バラエティでは「やらせ」は当たり前だと思っているのだが、ここは田中氏が仕込んだんではないかなぁ。(笑)
ちなみに我が家では、鍋物では杉割り箸で食べます。で、使用済み割り箸は洗ってとっておき、麺類(主にカップ麺)を食べる時に使ってます。

後半では国産割り箸の製造についてで、割り箸の輸入量は減っているが、国内生産に関してはその量は多く無いものの、着実に生産量を伸ばしている事をリポートしている。
従来は建材としては価値が無いとされてきた、間伐材を使った割り箸生産が小数ながらも立ち上がっており、順調に生産・出荷量を伸ばしていると紹介されていた。この辺りは、ちょっと私自身は実感が伴わない部分で、割り箸の原料である樹木の産地が確認できるのは、ホームセンターやコンビニで販売されている割り箸くらいなもの。それらを見る限りでは、原材料は国産材(杉および、カラマツが多い)であっても、加工は東南アジア(ベトナム産が多い)である。まぁ、飲食店で「割り箸の産地は何処ですか?」と訊ねたところで、「変な奴」と思われるのがせいぜいでなのは、目に見えているしな。

そして最後の〆が、「ランチタイム、貴方が使うのは割り箸?それともプラ箸?」な実験。結果はほぼ半々となったそうで、「何故、その箸を選んだのか?」についてコメントを求めたところ、過半数が「手が届き易かったから」だったそうな。(大笑)

番組全体として「エコ、エコ」と唱えているあたり、「おまいらは、魔法使いか!」と突っ込みたくなるが、お笑い芸人のうざったい所作以外は過剰な演出も無く、「再利用出来るプラ箸にも、こんな問題が存在する」と、洗浄水や乾燥機に必要なエネルギーに触れたりと、「一歩引いた位置からの視点」で編集されていて、好感が持てる内容だった。欲を言えば田中さんに割り箸の歴史を語らせる時間を割り振って貰いたかったかな。
私が知り得る限り、「割り箸問題」というのは常に「環境破壊の尖兵」として取り上げられて来た感が強い。1970年代の割り箸論争も、「熱帯地方の森林を破壊しているのは、使い捨ての割り箸」という論調であった。ところが実態は、割り箸の原材料である木材は70年代当時は、殆どが国内産材だったんだよね。私が中学ん時の教科書には、北海道の開発に伴い伐採されるカラマツを用いて、北海道が国内割り箸生産高でトップになった、なんて記述があったもんな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

アッシーの一日

今日は妻の命令で、豊橋市にある「Studio うもーりー」まで、ぷちドライブ。当初予定では09:00時出発だったのに、目覚めてみれば10:30時って、ダメダメぢゃんかぁ。
当初に予定していたルートを全てキャンセルして、東名高速を音羽蒲郡までかっとび、予定外の小坂井バイパスまで動員(つか、これはルートミス。有料道路だかんね)して、13:30時頃に目的地着。

現地着して店内を一通り巡回するも、園芸店としてはかなり嗜好を絞った品揃えらしく、私にはよ~判らん。しかしながら妻には「ネコに木天蓼」らしく、店内の花苗に夢中で一切がアウト オブ 眼中。

幸い、薄曇りなれどお天気は良好で、風も穏やかな上に気温も上々。これでチャリがあればなぁ~。まぁ、無い物ねだりしても仕方が無いので、徒歩で周辺巡りに出かける。昼食がまだだったのでラーメン屋でもあればなぁと、県道まで出てみるも、風俗店舗が多いんですけど。周辺は住宅街っぽいけど、新旧の建築様式がてんでんばらばらに立ち並び、統一感に欠ける。
そうこうするうちに、ホームセンターを見付けたので威力偵察。ここでOREGON社の「パワーシャープシステム」というものを見付けた。
チェンソーを使った経験が無い方には判り難いと思うが、ソーチェンの目立ては面倒な上に「ちゃんと砥げているか?」という不安がつきまとう。それを専用のソーチェン・ガイドバー・砥石で、簡単にしちゃおうな製品。
スターター・キット@14インチで、\10000程だけどソーチェンがノーマルの倍近い値段なので、稼働率が低いアマチュア向けといった位置づけかな。

頃合いをみて「そろそろかなぁ」と、ホームセンターを後にして戻り始める。堤防上の道路に出てぽてぽて歩いていたら、妻から携帯に「買い物終り」と着信。概ね五分程で合流できる位置まで戻って来ていたのは、我ながら見切りの正しさを誉めてやりたい。
帰路はちょっと蒲郡周りと計画していた通りなのだが、ラジオでは東名下り線豊田JC付近で4km、岡崎IC付近で2kmの渋滞を告げている。もともと高速を使うつもりは無かったから問題無しなんだけど、25年前に毎週通った道へ出るのに手間取った。いやね、最新地図から得た情報+過去の記憶の乖離が大き過ぎてさぁ。(笑)
帰路もかつて通い慣れた道が、大きく付け替えられた現状をみつつ、更に付け替えられる予感と共に帰着。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

山小屋通信(2/20)

昨日に引き続き、本日も寝坊。寝床から這い出したのは、10:30時過ぎだった。朝から燦々と日差しが降り注いでいるってのに、なにやってんだか。

Cimg31131
作業は予定通りに、落雪の後片づけ。
左の写真で赤と青で示したのが、自動車の轍だ。線が平行していないのは、カメラの画角の関係で、赤い轍の手前分がフレームアウトしているのと、青い線が雪の山で隠れてしまった為。
画面左側の解け掛けているカマクラは、ぎりぎり路肩外なのだが、赤線がカマクラを掠めているのが判るだろうか。
そして青線が「雪山で隠れている」と言うことは、林道がぎりぎり一車線分しか機能していないと言うこと。
ちなみに先週までは、スコップが立っている部分までは、私が除雪して通行出来るようにしてあった。

除雪作業はスノーダンプや除雪スコップ(ポリカ製)では歯が立たないので、金属スコップで行う訳であるが、水分を含んだ重い雪の為に、掬う量を間違えると持ち上げるのが精一杯になる為、その量を慎重に見極めなくては行けない。
気温は日差しのおかげもあってうなぎ登りで、この時期としては珍しい10度越え。ジャンパーを脱ぎ捨て、ネルのシャツを脱ぎ捨て、Tシャツ一枚でも汗が吹き出して来る。
この原因を作った奴は、冬場にはまず来ないので、当然の事ながら「なんで俺が・・・」となりますわなぁ。でもね、これを放置して置くと離合(車両のすれ違い)が出来ないのよね。
で、排除した雪は当然の事ながら、σ(^^)の鬱憤晴らしになる場所へ捨てましたとも。もっとも、雪が融けるまでは来ないだろうから、実効性は薄いんだけどね。

キッチンストーブ」さんから帰って来たら、林道の奥で「土木工事が始まった?」ろ思ったら、沢沿いのS木さんが嵌まってしまった様で、I田さんがバックホーで救助中だった。「X-TRAILって4WDじゃなかったっけ?」と思ったら、タイヤが夏タイヤだしチェンをつけているとは言え、いわゆる「お手軽チェン」ぢゃないですか。それで未除雪の吹き溜りに突っ込みゃ嵌まります罠。

帰り間際に林道へ塩カルを、25kg散布。ところが散布した端から湧水に流されて行く。う~ん、再凍結を防ぐ為にはもうちょっと気温が下がらないといけないのかな。融雪を促進してしまったみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月19日 (土)

山小屋通信(2/19)

今月に入ってからの残業続きの所為か、昼過ぎまで爆睡してしまった。這う這うの体でベッドから這いずり出たものの、全く気合いが入っていない。

んな情けない出だしだったので、山小屋着は16:30時頃。先日(木曜日の夜)、かなりの雨が降ったとの情報もあり、林道の様子が心配だったが、案の定な状態で踏み固められたところは解け残り、デッコボコ。轍をトレースしようにも、先行車が轍を踏み外して雪面を大きく抉っているので、ステアリングを保持するのに忙しい。
それでも気温が高い+日差しのおかげで、テカテカ氷な部分が無いのは助かる。

山小屋へ着いてみると、こちらのエントリーで紹介した屋根の雪が崩落し、林道幅半分を埋め尽くしている。うぁ~、明日はこれを片付けにゃならんのかよぉ~~~orz

荷物を運び込み、夕飯の鍋をストーブにかけて温泉へ。「てもみ処 あすなろ」さんで、疲労が溜まった体を入念にマッサージしてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

兆し

Cimg3110

屋根に積もった雪。あちこちに亀裂が入っているのが、見て取れる。
こうなると、いつ崩れ落ちてもおかしくない状態で、特に棟(屋根の上部)が滑り出すと、全体が一気に崩れ落ち、その衝撃は100m程離れていても気付く程。
この建物は特に危険で、屋根からの落雪が敷地を飛び出して林道にまで、文字どおりに”雪崩落ちて来る”のだ。

まぁ、冬の間はあまり人が入って来る事も少ないのだが、それでも連休や天気の良い時には、子連れで別荘に遊びに来て、子供を林道で遊ばせている。
遊ばせるのは良いのだが、落雪の恐さを全く判っていないので、落雪で出来た雪山で子供を遊ばせている大田分が、ご~ろご~ろ。
まぁ注意されても実感が無ぇんだろうけどねぇ。

ちなみに、春先に起き易い「全層雪崩れ」でも、その前兆としてこのような亀裂を見る事が多い。降雪で一時的に亀裂が隠れてしまうことはあるが、気温が上がれば亀裂部分が浮かび上がってくるので、このような場所には近寄る事は避けるべき。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

山小屋通信(2/13)

今朝の明け方は寒かった。一足先に起きだした妻が、薪ストーブの火を熾していたが、なかなか暖まらなかったくらい。昨夜の期待から外へ出てみたが、上空は以外に風が強い様で、残念ながらダイヤモンドダストは観る事が出来なかった。

午前中は昨日の続きで、除雪作業。林道奥へ向かって50m程を除雪する。こちら側は捨て易い雪捨て場が無いので、その分だけ手間が掛る。
天候はときおり雪雲が掛り、小雪が舞うものの日差しのおかげで、作業していると上着無しでも汗ばんで来る。手袋も防水のものでは蒸れてしまうので、チャリ用に買った通気性の良いものを着用。

林道の除雪が終ったので、薪棚の屋根の雪下ろしも行う。こちらは昨年末から下ろしていないので、屋根の梁が撓んでしまっている。204材を横使いしたのが間違いだったな。縦使いなら104材でも耐えられるんだが。

昼食後はI田さんの作業場で、コーヒーを戴きながら雑談。まぁ、ちょっとやんちゃ小僧がそのまんま、おぢさんになった様な野郎が四人での雑談なので、有効なクチコミ情報からその昔の危ない遊びなどなど、ちょっと公にできない内容も盛り沢山で、あっという間に時間が経ってしまった。

ゴミを燃やしたりして、山小屋を後にしたのは17:00時頃。随分と日没が遅くなった事が実感する。地蔵峠の下りで夕日が眩しい事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

山小屋通信(2/12)

昨日は朝から雪、昼過ぎには止んだが今日はどうだ?と山小屋への往路では、伊勢神隧道辺りから雪が舞う。
林道の積雪量は、20cm程度か。I田さんが掻いたのだろう、一車線幅だけは、雪が掻いてある。途中の三ヶ所ほどに誰かがもがいた痕跡も残っていた。

荷物を下ろして早速、雪かき開始。I田さんが掻いて置いてくれた両脇の雪山を、スノーダンプで切り崩しては、雪捨て場へと運ぶ。これをやっておかないと、次第に路肩へ寄せられた雪で、除雪が出来なくなってしまうんだよね。
日没までに道の両側、150m程の除雪が完了。妻も庭のライフラインの確保は終った様で、山小屋の中でストーブで温々している様だ。

夕飯を食べ終わった頃には、奇麗な星空が広がった。風も無いようなので、明朝はダイヤモンドダストが見られるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

「光」の勧誘電話

弟宅が光回線に変更するらしく、今日が工事日だったらしいのだが、業者がやって来て「出直してきます」と帰っていったらしい。
で、妻から「うちも”光”に替えようよ」と。理由を訊くと「だってさぁ、日中にしょっちゅう勧誘電話が掛かって来るんだよ。”光”に替えれば掛かってこないでしょ」との事。

いや、それって”光”に替えても掛かって来るから。光回線(FTTH)サービスを提供している業者は、複数有るので「弊社のサービスに乗り換えていただければ・・・・」って、掛かって来るから。
まぁ、他にも色々とコスト(月額の利用料金ね)や、電話番号変更に伴う告知の手間(NTT固定回線を解約した場合)など、デメリットの方が多い事を一つ一つ検証しつつ説明する。

勧誘電話の常套句は「月額の利用料がお安くなります」というものだが、これが本当に安いのか?
妻にちょっとしたケース・スタディをしつつ検証したのだが、現状でxDSLで安定した通信が出来ていれば、”光”に切り替えるとコストアップになる訳です。
更に「光電話(IP電話)」に切り替えてNTTの固定回線番号を維持するとなると、それに費用が掛かってこれが\4200必要。単に工事費としての一時費用ならともかく、月額であるとするなら(WEBサイトの表記では、判断出来ない表現になっている)全然、安くない。

我が家の場合、NTTの固定回線番号は親父から引き継いでおり、親戚関係の連絡網で使われているので、簡単意は廃棄できないという理由も大きい。親父が亡くなって二十年近くが経っており、親戚には私の携帯電話番号も教えてあるのだが、訃報連絡に代表される緊急連絡は固定電話に掛かってくるのよね。
これらのレガシィ・ジェネレーションへの対応が不要になればとも思う半面、マニュアル頼りで勧誘電話を掛ける無駄な努力は止めえくれんかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

今さら遅い!

名古屋市議報酬半減案、民主・前市議ら容認へ トリプル投票結果で一転

 名古屋市議会の解散の是非を問う住民投票で失職した民主党の前市議らは8日午前、市内で会合を開き、河村たかし市長が提案する議員報酬半減への賛成を掲げて出直し市議選に臨むことで一致した。

 河村市長は、自ら率いる地域政党「減税日本」から報酬半減に同調する候補者を40人近く擁立する方針。すでに賛成を表明した公明に加え、解散前の市議会で最大会派だった民主勢が賛成に転じることで、改選後の市議会で、議員報酬が年800万円に改定される可能性が高まった。

 名古屋市議の報酬は条例で年1600万円と規定。市議会は昨年11月から、特例で月20万円を削減してきた。河村市長は昨年2月以降、5度にわたり、年800万円に半減する条例改正案を市議会に提出していた。

 議会はいずれも否決した一方で、有識者や無作為抽出の市民で構成する検討会議で報酬額を定める条例を11月議会で可決した。

 6日に行われた市長選や住民投票でも議員報酬は焦点となり、河村市長側の地滑り的勝利の原動力になった。

 民主市議団前団長の諸隈修身氏は会合後に会見し「投票で示された民意を最大限尊重しようという判断。慎重な意見もあったが、『半減じゃないと勝ち抜けない』との見解で一致した」と述べた。

 恒久的な市民税10%減税には「市民サービスを低下させないことと、借金を増やさないことが条件。財政状況を見ながら判断していく」と反対を表明した。

 これに対し、河村市長は「民意を大事にするというなら、市長選で対立候補まで立てて反対した過去を総括してから決めるべきで、目先の選挙対策だ」と批判。報酬半減は議員のボランティア化を進めるためであり「そういう理念があるのか。市議選が終わればまた元に戻すと疑わざるを得ない」と切り捨てた。

(中日新聞)

河村氏の主張を全面的に支持するほどお人好しでは無いけれど、投票で「おめぇ~ら、いらねぇよ」の意思を突き付けられるまで、既得権益にしがみ付いてたのが悪い。
まぁ、年収800万円が名古屋市議会議員の報酬として高いか安いかの判断は別ではあるが、市職員の給料をポンポンと切っておきながら、議員報酬は据え置きでは筋が通る訳無いという、当たり前の判断ができねぇ大たわけなんぞいらねぇよと、有権者が判断するのは当然の事だろうが。この程度の空気すら読めない馬鹿に、給料を払うほど財政に余裕は無いという、まっとうな判断を有権者がしただけの事。
本来なら、市議会解散要求の署名活動結果が出るまでがタイムリミットだった訳で、その程度の戦略・戦術眼も持てないあたりが、民主党の田分けさを象徴しているんだが、半分は旧社会党の馬鹿で占められているからなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

大雪・厳冬と言うけれど

年末から続いていた冬型気圧配置故の寒気の居座りも、予報通りに緩み今日の日中は、暖かかった。

連日、ニュースを賑わす大雪も、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
ただね、「記録的大雪」と連呼されているんだけどさぁ、「本当にそうなの?」ってぇ疑問も有る訳で。
例えば、私の記憶に有る限りの「大雪」だったのは、1984年1月の大雪。年末・年始帰省で名古屋に帰り、3日に当時の仲間と新年会だったんだけど、11:00時頃から雪が降り始め夕方には愛知県足助町で積雪20cm。
当時の勤務地、長野県松本市に向かって移動を開始、国道153号線で飯田に向けて走り始めたは良いけれど、稲武町稲橋を越えたら、前走車の轍が見る間に雪に埋め尽くされていく。当時の153号線は改良前状態で道幅は狭く、積雪の所為でトリプル・トラック(三本轍)な上に、場所に寄っては厚く吹き溜りが出来ていて、マジに「遭難」の二文字が頭をよぎった。
這う這うの体で飯田に辿りついて、高速に乗ろうとしたものの、I.Cは大渋滞。記憶を頼りに松川I.Cまで移動して、中央道で伊北I.Cへ。以後は順調に走り松本のアパートに辿りついたのが、23:30時頃だったか。そんときゃ「高速使って五時間かよ。R19号でも余裕ぢゃんか」と思ったのだが、翌日に出勤して驚いた。中央道は夕方の時点で早々に通行止。溢れた車両でR19も中津川までが大渋滞な上に、中津川~塩尻間が通行止。中央道飯田~伊北間も私が最後のチャンスだったらしい。
んで、国道19号線なんだけど、この時に積もった雪が根雪となり、四月半ばまでアスファルトが顔を出す事は無かった。
まぁ、38豪雪程では無かったとはいえ、この程度を経験いているから、直近の大雪である2005年12月の大雪も、「まぁ、普通だよね」だったんだけど、周りがそうじゃないので渋滞に巻き込まれたりはした訳なんだが。

で、「記録的」と言われる今年の大雪なんだけど、気象庁の観測データをほじくり返してみると、1984年以来と言うことで、確かに20年来の災害とは言えるが、「記録的」というのは観測値から見ると「大袈裟」に過ぎるというのが、私の実感。
つ~か、暖冬・小雪に馴れ切ったところへ、「普通に寒い冬」であたふたしてるんでねぇの?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »