« 山小屋通信(3/26) | トップページ | 山小屋通信(4/2) »

2011年3月27日 (日)

山小屋通信(3/27)

冷たかった昨日の風も収まり、青空の元日差しが温もりを届けてくれる。朝のうちはキルティングのコートでないと寒かったが、日中は薄手のブルゾンでも暑いくらい。

今日は薪棚の修理を行おうと考えていたが、雪解け水の滴が屋根から雨の如く、滴っているので現場に近寄れない。午後には雪が融け切ってくれる事を期待しつつ、チェンソーで玉切りから始める。
シラカバ・クヌギ・サクラの大物を片付けて、細目の原木も集積した半分ほどを処理。玉切り用のウマが埋まってしまったところでお昼。屋根からの滴は朝とさして変らず、薪棚の修理は無理かなぁ。
実は弐号・参号薪棚へフルに薪を積み上げたのは初めてなのだが、基礎が一基大きく沈み込んでしまって傾いちゃってるのよね。その所為もあって滴で近づけない訳だ。

パン屋から帰ってきたところで確認したら、なんとか作業できそうな状態になっていたので、作戦開始。
弐号と参号に車載ジャッキを掛けて、ゆっくりと様子を見ながら持ち上げて行く。見透かしで水平になるまで持ち上げるのだが、なかなか水平にならないのでヤキモキする。

Cimg3129
掘っ立て基礎の天端から50mm程持ち上げて、やっと水平になった。
写真は天端にかいものを入れたところ。
もう少し持ち上げないといけないが、全体のバランスを取る必要もあるので、今日はここまで。
これだけでも随分とましになった。


Cimg3130
こちらもジャッキアップで補修。
まだ40mmほど持ち上げなくてはならないが、資材を準備していないので今日はここまで。ま、こちらは想定の範囲でがあったのだけどね。
こちらはは間もなく、薪の積み替えを行う(多分、GWになるかな)予定なので、その時に本格的な補修を行えば良い程度。

|

« 山小屋通信(3/26) | トップページ | 山小屋通信(4/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/51242887

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(3/27):

« 山小屋通信(3/26) | トップページ | 山小屋通信(4/2) »