« 山小屋通信(4/16) | トップページ | 届けたかったのは「ARIGATO」 »

2011年4月17日 (日)

山小屋通信(4/17)

奇麗に晴れ渡った空、今日は暑くなりそうな予感。日差しがポカポカと温かく、日向ぼっこでもして過ごしたくなる陽気だが、貧乏性なので「何かしなければ」と落ち着かない。(笑)

こういう時は、「薪狩り」に行くのが手っ取り早い。心当たりも有る事だし。
Cimg3134
「心当たり」に向かう途中で見付けた、キツツキによる穿孔跡。
直径は50mmほどかな。ちょっと位置が高くて、対比物を入れることが出来なかった。
深さは直径との比較で、100mm弱といったところか。キツツキについては、コゲラとアオゲラを確認しているので、アオゲラの仕業だと思う。ただ、アカゲラは直接、確認していないってだけなので、可能性が無い訳じゃない。

肝心の薪だが、シラカバとクヌギの直径50mmクラスが10本ほどと、クヌギの200mmクラスをゲット。クヌギ200mmクラスは重くて運べないので、斜面で玉切りして一つずつ運び上げる。時計を確認するとパン屋タイムが迫っていたのでここで打ち切り。


Cimg3137
今年もギョウジャニンニクが元気に目覚めて来た。
手前のプランターが、はるばる岩手から運んで来た親株。
この親株は「岩手・宮城内陸地震」の最中に運んで来たんだんだよな。
二つめと三つめのプランターは、その年に採取した種から発芽したもの。三年めだけど、親株に近い新芽を展開している。
その奥、茶色のは翌年に採取した種からの株。こっちはまだまだ小さくって、プランターの影になって写っていないが、元気に新芽を展開中。

帰り際、フキノトウを採取。天麩羅を食べたかったので、あまりトウ立ちしていないのを探すも、山小屋周辺では終り掛けで、ちょいと苦労するが何とか確保。
夕飯を食べに行った居酒屋で「お土産ぇ~」と渡して、天麩羅にしてもらった。

|

« 山小屋通信(4/16) | トップページ | 届けたかったのは「ARIGATO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/51431440

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(4/17):

« 山小屋通信(4/16) | トップページ | 届けたかったのは「ARIGATO」 »